ITコンサルタントとは

ITコンサルタントとは? ITコンサルタントへの転職

ITコンサルタントの仕事は、経営戦略に基づくIT戦略の策定、IT戦略に基づく各業務領域(CRM、SCM、HCM/HRM、FM等)ごとのIT企画の立案、IT企画の推進・実行と、広範かつ上流から下流に渡る一気通貫な支援を行う仕事となります。一言で言えば、「クライアント企業の課題解決を、ITを通じて支援する」のがミッションとなります。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容 ITコンサルタントの仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたります。

求められるスキル

求められるスキルとは? IT知識だけではなく、コンサルタントとしての基礎能力も必要となってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 仕事内容や、求められる役割、企業の3つの視点からSEとITコンサルタントの違いを見ていきます。

SEからコンサルになる方法

SEからコンサルになる方法 アプリ、インフラエンジニアからコンサルタントへのキャリアアップ方法をご紹介いたします。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

採用動向

採用動向 最新のコンサルタント(経営・IT)、IT関連企業の採用動向です。詳細は弊社までご相談ください!

ITコンサル求人情報

ITコンサルタントに必要な能力、知識と経験

求められるスキル

ITコンサルタントになるには、まず資格は必要ありません(持っていると優位に働く資格もありますがそれは後述します)。

重要なのは「ITの知識・経験」「コンサルタントとしての適性」の2点です。

IT知識・経験

まず、「IT知識・経験」については、IT戦略~IT企画~システム要件定義~システム設計~システム開発・導入~システム運用・保守に至る一連のフェーズやプロセスを理解していること、が大切です。特に、いずれか/または複数を経験していれば特に優位に働きますが、これはSEとしてでなくても問題なく、事業会社(IT部門のみならず利用ユーザー部門で)システム企画プロジェクトやシステム導入プロジェクトに関与されたご経験は重宝されます。また、プログラミング知識やITツール・ソリューション(ERP等)の知識はプラスに働くことがあり、仕事の合間に、独学で勉強したり、スクールで学習する等されるのも自己研鑽意欲が高いと判断されることがあります。

コンサルタントとしての適性

「コンサルタントとしての適性」は、経営的視点や、論理的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力、プロジェクトマネジメント力、フットワークの軽さ、資料作成能力 等といったベーススキルが一番必要になってきます。クライアント企業の各層(経営者、CIO等の役員クラス、システム部長等の管理職クラス、メンバークラス)と、それぞれに応じたコミュニケーションを取りながら、彼らの想いを汲み取り、あるいはこちらの意図をしっかり伝え動いてもらうのが、ITコンサルタントの仕事の根幹ですから、それぞれのベーススキルを高度なレベルにまで高めていく必要があります。

ITコンサルタントを募集している企業は、大手コンサルティングファーム以外にも、スピンアウトや、ファーム出身者が独立して作ったファーム、あるいはIT系企業、事業会社のIT部門等、幅広くありますが、それぞれで求められる基準が異なることが多く、第二新卒レベルも歓迎というところもあれば、業界知識や深いIT専門性を求めてくるところもありますので、まずは一度ご相談いただければ、と思います。

コンサルタントになるために

ITコンサルタントの仕事と業務領域

ITコンサルタントの仕事と業務領域

ITコンサルタントの仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたります。
ITコンサルタントは、戦略策定をはじめ、システムの設計・企画から開発までかかわることもありますが、IT戦略立案やアウトソーシングの導入支援、システム構築プロジェクトなどのマネジメント(PMO支援)など、その一部だけでのプロジェクトを請け負うこともあります。
その中で、彼らは、クライアントの問題を把握し、IT戦略の立案やシステム化の企画運用評価などを支援し、課題解決へと導くことや、さまざまなクライアントの利害関係を調整し、課題を浮き彫りにしクライアント自身での解決策実行を後押しすること、特定の業務やITについて高い専門性をもち、それを軸にクライアントの事業戦略や業務プロセスの改革、プロジェクトの実行を支援する、という役割を担っています。

ITコンサルタントとして優れた仕事をするために必要なポイントは3点です。

・システムやインフラ上の問題や課題が何なのかを把握できる知識と能力
・それらを解決するための高い技術力
・経営上どのような効果をもたらすべきかという経営視点


上記のように、ITコンサルタントと言っても、その仕事内容はスキルや求められる問題解決シーンによって多岐にわたっています。それらを領域別にご紹介していきます。

ITコンサルタントに人気の資格

上述の通り、ITコンサルタントになるのに必須の資格はありません。ただ、IT知識/専門性を有していることの証左として、以下のような資格をお持ちの方は転職で優位に働くことがあります。

-情報処理技術者試験(ITコーディネータ、ITストラテジスト、プロジェクトマネージャー等)
-PMP (プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)
-中小企業診断士
-公認会計士
-IT企業認定資格(SAP、Oracle、Microsoft、salesforce等)

ITコンサルタントの年収、給料、給与

ITコンサルタントの平均年収や年齢ごとの年収ですが、企業・階級によって大きく異なります。
それまでのご経験や面接での評価にもよる部分が大きいですが、例えば、大手外資総合ファームの場合ですと以下のような年収となることもございます。

(モデルケース例)
20代前半(社会人3年程度):コンサルタントクラス、約500万円~700万円
20代後半(社会人5~7年程度):シニアコンサルタントクラス、約700万~900万円
30代前半(社会人10年程度):マネージャークラス、1,000万円~
パートナークラス、ファームによりますが数千万から報酬が億を超えるという方もいらっしゃいます。

ITコンサルタントの労働環境

「ITコンサルタントはブラックでは?」と思われているフシがありますが、そんなことはありません。

ITコンサルタントの労働時間や休み日数というところは、参画するプロジェクトやフェーズ(例えば、システムカットオーバー間際で大きなトラブルが発覚した等)によって異なり、瞬間最大風速的に忙しく、労働時間でパフォーマンスをカバーせざるを得ない時があるのは事実ですが、あくまでも、「その企業で決まった就業規則・時間の中」の話であり、労働基準法等を無視して就業するようなことはありません特に最近は、監督官庁の規制も厳しいこともあり、極めて厳密に運用しているところが多いですし、働き方改革等の取り組みから、ワークライフバランスをしっかりと意識し、「ジュニアメンバーは週●時間以下しか残業させない」、「残業が多かった月の翌月の残業はゼロにしてバランスする」等、独自の制度を持っている企業もあります。

そもそも、そういった壊滅的なハードワークな状況にならないように常日頃、リスクやスケジュール、コミュニケーション等を管理し、プロジェクトマネジメントを行っていくのがITコンサルタントの役割の一つですから、ITコンサルタントとしてトラブルシュートしていくことは逆に腕の見せ所、となります。

また、「一定の時間内でより高いパフォーマンスを発揮する」のがプロのコンサルタントとしての資質の1つですから、無駄に残業を強いるようなことはありません。

ITコンサルタントのキャリア、将来性

優秀なITコンサルタントは引く手あまたで、「どこに行ってもやれる」プロフェッショナルですので、キャリアは自由に設計できることが多いです。
そのキャリアパスの代表としては、まず、その企業内でマネージャー・シニアマネージャー・ディレクター・パートナーといった出世を目指すことが考えられます。特に、プロジェクトマネージャーとしてクライアントに対する現場責任者としてプロジェクト推進し、クライアントの課題解決を支援する。そしてその結果クライアントからBy Nameで指名される、ひいてはその企業の成長の根幹に常に自分がいる。のはやはりこの職種の醍醐味の1つでしょう。
また、他ファームへの転籍によるキャリアップ、起業による独立も考えられます。スポーツ選手のようにその時々乞われた企業で活躍するも良し、自分でやりたい領域・テーマ・クライアントに特化して、気心知れたメンバーと会社を立ち上げる方も多くみられます。
事業会社への転職も十分に可能で、IT部門はもちろんのこと、経営企画部や各事業部の企画・推進メンバーとしてITコンサルタント出身者を募集している企業もあります。さらには、豊富な経験を積んだ方はCIO等の役職者・幹部ポジションでの採用の可能性もあります。

AI、RPA、Cloud、IoT、BigData等のNewITの発展により、今後ますますITコンサルタントが取り扱うテーマは広範にかつ深く、膨大になる中で、経営者目線で視座高くコミュニケーションが図れ、またそれを実現することのできる実行力のある人物は、どの企業・どのポジションにおいても重宝され、活躍の場面は広がっています。

ITコンサルタントの会社例

ITコンサルティングを提供する企業は、Big4をはじめとする総合系コンサルティングファーム、シンクタンク、中堅中小のコンサルティングファーム、製品ベンダーの直販コンサルティング部門、その他SIer等といったところがあります。代表的なものを以下に列挙いたしますが、最新の求人情報は弊社キャリアコンサルタントまでご相談ください。

<総合系コンサルティングファーム>
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
KPMGコンサルタティング
PwCコンサルティング
アクセンチュア
アビームコンサルティング
デロイト トーマツ コンサルティング
クニエ
日立コンサルティング
シグマクシス

<シンクタンク>
NTTデータ経営研究所
日本総合研究所
野村総合研究所
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
みずほ総研

<ソリューションベンダー系> SAP Japan
Oracle
Microsoft

<SIer系>
フューチャーアーキテクト 電通国際情報システム

ムービンの転職サービスについて



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録