ITコンサルタント転職・IT転職 >  ITコンサルタントについて >  「未経験からITコンサルタントへの転職」その対策方法とは?

【SE・IT従事者必見】「未経験からITコンサルタントへの転職」その対策方法とは?

未経験からコンサルティングファームへの転職を目指している方、転職活動をしている方へ、どのような対策をすればいいのか、ご自身がコンサルタントとしての適性があるのかなど、「ITコンサルタント転職」への不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

今回は、弊社サイトのITコンサルタント転職に関するコンテンツもご紹介しながら、その転職方法や積極採用&未経験歓迎のコンサルティングファーム求人情報をご紹介致します。

コンサルティングファームは未経験の募集を行っているのか?

答えはYESです!!
ほとんどのファームではITコンサル未経験の方を積極採用しています。
もちろんITに関連する知識や経験は必須となってきますが、実際、未経験者の採用における割合は大手コンサルティングファームで約8割が未経験者(SIer・事業会社出身者)となっていました。(弊社支援実績より)

ここ数年でコンサルティング市場も飛躍的に拡大し、コンサルプロジェクトが増えたことによりどのファームでも人手不足が続いています。一時の不況時と比較しても比べ物にならないほど採用が活発化しており、通常であれば自分自身のライバルとなる候補者も多く、内定確率も低くなりますが、採用枠が多いためその確率も上がってきます。
まだまだこの採用熱は続くと見られ、未経験者の方々にとっては今が「コンサルタントになる絶好の機会」となっています。

未経験者の場合、面接・採用においてどこを見られるのか?

多くのコンサルティングファームではITコンサルタント候補として、IT関連のスキルやこれまでの職務経験との親和性を見ていますが、結局は「ポテンシャル採用」を行っています。
未経験者にコンサルスキルがあるのか、やってもいないポジションですからそれを判断することは難しいでしょう。ですのでポテンシャルが重要視される傾向にあります。

では、その「ポテンシャルとは何なのか」、
ということですが、企業の経営課題を解決するための論理的思考能力(ロジカルシンキング)や、コンサルティングプロジェクトを成功に導くために、クライアント企業を巻き込んでいくコミュニケーション能力が重要視されています。これら能力については面接の際に徹底的に見られ、コンサルタント適性があるのかないのかが合否の差となってきます。

特に、論理的思考能力では、
「なんでコンサルタントになりたいのか?」
「コンサルタントになって何をしたいのか?」
「そのしたいことは今の会社では出来ないのか?」
など深堀りされて聞かれます。
多数の対策本やコンサルに関する書籍がありますが、ひとつ注意する点として、面接では「あなたの考え方」が見られています。面接官とディスカッションしながらどういう風に考えているのか深堀され、あなたのロジカル力を見られていますので、しっかりと訓練・対策する必要があります。
また面接官も現役のコンサルタントがほとんどで、これら論理的思考能力、コミュニケーション能力のポテンシャルがあると示しながら、彼らにあなたと一緒に働きたいと思ってもらうことが面接において一番重要なことです。

コンサルティングファームの武器は「人材」です。商品やソリューションがあるわけではなく、そこにいる「コンサルタント」こそがファームのブランドを高め、最大の武器となっています。
売り手市場と言われている昨今、採用人数は各社増えているものの、採用基準のハードルが下がるということはありませんので、しっかりと面接で答えられるよう準備、対策をしていかなければなりません。

プライベートキャリア相談会も実施中!

キャリア相談会 ご転職をお考えの方、今後のキャリアをお考えの方を対象に、 ご志向に応じて各業界についての最新ニーズ、企業情報などの個別説明会を随時実施しています。完全プライベート・無料の相談会ですのでお気軽にご相談ください。

どんな人たちが未経験者でITコンサルタント転職しているのか

多くはSierなどでのプログラマやSE経験者ですが、システム開発、インフラ、セキュリティ、データ分析、Webサービス開発、ソフトウェア・パッケージ、金融関連、などなど様々な方がおり、Sierだけでなく自社開発としてのエンジニアや社内SEとしてキャリアをスタートした方もITコンサルタント転職に成功しています。 以下弊社で直近ご支援させて頂いた方々のご経歴になります。

前職 ご年齢 転職先
ソフトウェア開発会社 32歳 ITコンサルティングファーム
BI関連のシステム開発会社 25歳 大手総合系コンサルティングファーム
大手IT企業 33歳 外資総合系ファーム
日系大手企業グループのSIer 29歳 大手総合系コンサルティングファーム
スマホアプリ開発会社 26歳 ITコンサルティングファーム
クラウドサービス企業 26歳 日系コンサルティングファーム
日系大手企業グループのSIer 31歳 外資系コンサルティングファーム
Webシステム開発会社 31歳 大手総合系コンサルティングファーム
パッケージソフトウェアメーカー 29歳 大手総合系コンサルティングファーム
組込み系システム開発会社 41歳 エンジニア人材サービス企業
大手システムインテグレーター 26歳 大手総合系コンサルティングファーム
一部上場Sier 29歳 少数精鋭ITコンサルティングファーム
ソリューション開発会社 29歳 有名大手コンサルティングファーム
有名パソコンメーカー 29歳 国内最大級コンサルティングファーム
ARシステム開発企業 24歳 国内有力コンサルティングファーム
大手有名グループ会社のSier 26歳 日系有名コンサルティングファーム
メガベンチャー 28歳 戦略コンサルティングファーム IT戦略ポジション

どんな対策をすればいいのか

ITコンサルタント=ITに詳しければいい、とは行きません。
やはり「コンサルタント」としての適性はどのファームでも選考基準として見られます。

まず、上記で挙げた「コンサルタント適性」についてですが、論理的思考能力、コミュニケーション能力については訓練することで伸ばすことができます。参考書籍等も多数出ていますのでこれらを参考に勉強するのも良いかと思います。

もう一つは情報収集です。
コンサルティング業界といっても、外資系、日系、シンクタンク系などコンサルティングファームも様々あります。ご自身がご興味のあるコンサルティングは何なのか、それを掘り下げるためにも、まずは業界のプレイヤーを知ることが大切です。

そして、次にするべきことは応募する企業の面接や選考対策の情報収集です。
実際に選考が始まってから準備をしている時間は、働きながらだと時間が取りづらいと思います。どんな対策が必要なのか前もって準備をし、履歴書・職務経歴書も用意しておくことも重要です。

未経験の場合、スキルや資格が必要なのか

特別なスキルや資格は必要ありません。
ITコンサルタントですと、IT関連の資格がなければいけないなど他Webサイトで掲載しているのをしばしば見られますが、実際には資格より経験が重要視されます。SI企業や大手グループ企業の場合には資格が昇格に影響したり、資格手当をもらえたりと、優位になる場合もありますが、コンサルティングファームでは関係ありません。

英語についても、絶対になければいけないという訳ではありません。ただしグローバルプロジェクトが多いファームでは当然必要になりますし、実際に求めるファームと求めないファームがあります。(ITコンサルの場合には採用用件での英語必須はかなり少ないです)
ただし、今後のキャリア形成の上でも英語は身に付けておいた方が良いかと思います。

入社してからの仕事や研修・トレーニング

入社後はまずはコンサルティングの基本スキル、論理的思考能力、仮説思考などを身に付けるため研修・トレーニングが続きます。その後実際のプロジェクトにアサインされ、OJTとして現場でのコンサルタント業務をしながら育成研修をしていきます。
最近の各ファームでは「育成」「定着率」に力を入れており、着実にキャリアステップを踏むために、ネクストステージに必要な育成システムが用意・設計されています。言わば、コンサルタントとして1人前に成長できる環境が整っているということでしょう。

だからこそエージェントを利用してください

コンサルティングファームは非常に人気企業となっていますが、その門戸は狭いものとなっています。上記でご紹介した通り、どんなコンサルティングファームがあり、どんな特徴・強みを持っているのか、そして選考対策から面接日程の調整まで、働きながら個人でやるには限界があります。だからこそ転職エージェントを利用してください
ムービンではコンサル業界出身者のキャリアコンサルタントが、業界情報のご提供から、履歴書・職務経歴書の添削、ケース面接・選考対策(各社ごと)から面接日程調整など、転職に必要なすべてを無料でサポートしております。

コンサルティングの仕事には、形の見えないものに対してクライアントにお金を払ってもらうという「特殊性」があります。そのため、コンサルタント(候補)には、自分たちの存在価値や成果に対する確信を相手に抱かせる「何か」を持っている必要があるのです。

あなたは、その「何か」を自分の中に見出せていますか?

弊社では、業界出身のキャリアコンサルタントが、コンサルティング業界独自の視点から客観的な評価を致します。自分では気付いていなかったコンサルタントとしての資質を見出せるかもしれません。是非一度弊社までご相談頂ければ幸いです。

ムービンの転職サービス

20年以上にわたり日本初のコンサル転職支援特化エージェントとして転職支援とその実績を積み重ねてまいりました。(コンサル業界への転職支援実績No.1)
着実に実績を重ねてきた結果、リクルート社、ビズリーチ社から日本No.1のエージェント表彰を受けるなど、コンサルティング業界に関する専門家集団としてのユニークなポジショニングを確立しております。
ムービンの転職サービスについて

プライベートキャリア相談会開催中!

キャリア相談会 ご転職をお考えの方、今後のキャリアをお考えの方を対象に、 ご志向に応じて各業界についての最新ニーズ、企業情報などの個別説明会を随時実施しています。完全プライベート・無料の相談会ですのでお気軽にご相談ください。

ITコンサルタント 転職情報

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容 ITコンサルタントの仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたります。

求められるスキル

求められるスキルとは? IT知識だけではなく、コンサルタントとしての基礎能力も必要となってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 仕事内容や、求められる役割、企業の3つの視点からSEとITコンサルタントの違いを見ていきます。

SEからコンサルになる方法

SEからコンサルになる方法 アプリ、インフラエンジニアからコンサルタントへのキャリアアップ方法をご紹介いたします。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

採用動向

採用動向 最新のコンサルタント(経営・IT)、IT関連企業の採用動向です。詳細は弊社までご相談ください!



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録