一般的に「企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決する助言をする」職業と説明されていますが、簡単に言えば「クライアントをいかに儲けさせるか」ということに尽きます。

ほとんどのコンサルティングファームでは、積極採用傾向が継続しおり、各社で第二新卒クラスから30歳代前半まで幅広い層の人材獲得に意欲的です。
特に第二新卒採用を積極的に行っているファームが多くコンサル未経験の方にとっては非常にチャンスです。
また企業の海外進出によりグローバル案件も増えており欧米、中国、ASEAN、BRICs地域など、幅広いエリアに渡っており、入社後、海外現地に駐在する方も増えています。

日本のコンサルティングスタイルは、企業の風土に合わせて周囲を巻き込みながら社員を動かす必要があるため、日本の組織風土をある程度経験してきた中途の人たちが有利となる傾向があります。

ポテンシャル(経験不問)と問題解決力(ロジカル力)の二つがポイント。
経営の経験を積んだ若手は少数であること、そして自らの経営経験を売る訳ではない為、ポテンシャルが重要視される傾向にあります。
故に、官公庁出身者や医者、研究者等の人材がコンサルティングファームに転職することもあります。

ITコンサルタントについては、CRMやSCMなど特化系のポジションについては+αで「業務経験」が求められますが、第二新卒に関してはポテンシャル(経験不問)となっております。

コンサルタントは、“経営”というテーマに対して常にアウトプットを求められる「職人」であるためポテンシャル採用という形をとっています。

コンサルの仕事には、形の見えないものに対してお金を払ってもらうという「特殊性」があります。
そのため、コンサルタント(候補)には、自分たちの存在価値や成果に対する確信を相手に抱かせる「何か」を持っている必要があるのです。

あなたは、その「何か」を自分の中に見出せていますか?

弊社では、業界出身のキャリアコンサルタントが、独自の視点から客観的な評価を致します。
自分では気付づかれない資質を見出せるかもしれません。

「コンサルタントへの転職」は充分な対策が必要です。
書類選考、筆記、面接、ケース面接、そのすべての過程でコンサルタントの適性を見られます。

ムービンでは15年以上に亘り、コンサル業界に特化し転職支援を行ってまいりました。ファームとのリレーションも強く、キャリアコンサルタントも少数精鋭でホンモノの人脈・情報をもつスタッフを有しております。
コンサルティング業界への転職成功率については実績No.1を誇っております。
まずは、ご転職のご意志関係なく、今後のキャリアや「コンサルタントへの転職」について、情報共有という形でご相談頂ければ幸いです。

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
ご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

Page Top

ご自身では気づかれない可能性を
見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.