転職について 転職FAQ

Q.以前、選考で落ちた企業に、再度応募できますか?

一定の期間経過後でしたら、可能な企業もございます。企業ごとに異なる場合がございますので、一度ご相談下さい。

Q.転職活動で準備すべき書類には、どのようなものがありますか?

履歴書・職務経歴書の2点が最低必要な書類になります。ポジションや、企業によっては英文レジュメが必要になったり、応募時に出される課題等もございます。

Q.外資系企業に応募する場合、英文の書類は必要ですか?

必要と考えておいたほうがいいでしょう。英文レジュメがいらない企業もありますので、弊社までご相談ください。

Q.機密保持契約を結んでいるプロジェクトが多く、職務経歴書に書けるものがあまりありません。この場合、どのように書けば良いのでしょうか?

職務経歴書は他へ漏洩する事は絶対にあり得ませんが、機密保持契約を結んでいる場合、当然プロジェクトの詳細は記載出来ません。クライアント企業が特定できないような名称(例:某大手●●系企業)を使い、業務の概略(開発内容の概略・期間・役割・工数・OS・アプリ等)を記載して下さい。

Q.応募する企業ごとに書類の書き方を変えた方がよいとアドバイスされましたが、どのように書けばいいでしょうか?

応募先企業がどのような経歴・スキルを持っている人を求めているかを十分理解し、それに沿って職歴を強調する事が必要になります。

Q.企業から面接の候補日を言われた場合、断ると印象が悪くなるでしょうか?

企業側からの一方的な日程の提示の場合は、断っただけで印象が悪くなるということはありません。
その場合は自分から幅広く日程を提案しましょう。
但し、自分自身で出した日程にも関わらずキャンセルしてしまうとなると、「調整能力」が疑われてしまうこともありますので注意しましょう。

Q.仕事の都合で面接の時間に間に合わないときは、どのようにすればいいでしょうか?

弊社経由で面接を受けている場合には、時間に間に合わないとわかった時点でなるべく早く、弊社にご連絡下さい。
直接受けている場合には先方に連絡します。その際、まず迷惑をかけたことへの謝罪とキャンセルの理由をきちんと話すこと。後ほど改めてお詫びと再調整のお願いメールを出します。
面接時間を過ぎてからの連絡は、相手に対して良い印象を与えない場合もございますので、なるべく早く連絡することが大事です。

Q.給与面、待遇面での希望は面接時に率直に伝えた方が良いのでしょうか?

質問されれば、答えることは構いません。しかし、選考初期段階で待遇面に執拗にこだわっている印象を与えるのはマイナスです。待遇条件の詰めは、内定後に行うのがベターです。

Q.「圧迫面接」とはどのようなものなのでしょうか?

受け手側の印象でもかなりの個人差がありますが、
「わざと答えにくい質問をする」、「揚げ足を取る」、「暴言めいた発言をする」
等の場合がまれにあります。
不測事態に対する対処能力を見る目的の場合もありますので、あくまでもマイペースでビジネスの場であるとわきまえて冷静に受け答えをすることが大事です。
怒り、あせりの感情は顔に出さないように注意しましょう。

Q.面接後、企業側にお礼の手紙、メールを出した方がいいですか?

紹介会社を通じての場合には、特に必要ではありません。

Q.第2志望の企業から内定が出ました。第1志望の面接結果を見て返事をしたいのですが、この場合、内定先の企業にはどれくらいの期間待ってもらえるのでしょうか?

通常は内定後、1週間程度での回答を求められます。延ばしても2週間がギリギリの線です。
相手先の企業にとって、理由なく待たされることは企業活動上、非常に迷惑な話です。
どうしても待ってもらいたい場合には、正直に他社の回答を待ちたいと伝え、どの程度待ってもらえるか、もしくはいつまでに返事をするか明確に期限を提示するようにします。
紹介会社を使って転職活動をしている場合には相談してみましょう。

Q.一度内定を承諾した会社を、入社日前に断わることはできますか?

口頭もしくは文書で受諾意思を明確に伝えた場合、その後に断ることは道義上、そして社会人としても問題ありです。受諾する前には、十分に検討し、悔いのない決断をしましょう。

Q.入社日の変更は可能ですか?

あまり歓迎はされません。しかし、現職の都合上どうしても変更せざるを得ないという場合には、なるべく早く連絡し、先方と相談して下さい。



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録