2013年「危険なマルウエアトレンド予測」 特集コラム

米トラスティアのセキュリティ部門がまとめた、2013年「危険なマルウエアトレンド予測」です。個人を狙った標的型攻撃が多くなり、企業としては情報システム部門だけでなく、会社組織でセキュリティ対策に取り組む必要があるのかもしれません。

1.Googleブラウザー「Chrome」を狙ったマルウエアが台頭
2012年に「Citadel」や「ZeuS 2.1」がChromeに対応したMITB(Man in the Browser)攻撃を開始しており、もはやChromeもMITBに対して安全とはいえない。

2.ネイティブ64ビットWindows環境に対応するマルウエアが出現
64ビットのプロセスをサポートしたマルウエアは、64ビットWindowsの検知システムを回避できるようになるため、マルウエアを見つけるのがいっそう困難になる。

3.検出回避機能を持ったマルウエアが企業を狙う
様々なマルウエアの亜種が仮想化環境やサンドボックス環境、監視プロセスを認識する機能を備えつつあり、仮想マシンベースの検知および保護システムを導入している企業にとって深刻な脅威となる。

4.銀行関連の情報を盗むマルウエアの新ファミリーが増加する
2012年に、全く新しい銀行情報マルウエアファミリーは5種類見つかり、2011年の3種類から増加した。2013年は8種類登場すると見られる。なお1ファミリーにつき多数の亜種が存在することをトラスティアは強調している。

5.マルウエアのライフサイクルが短期化する
マルウエアのライフサイクルは潜伏、まん延、ボットネット、沈静化の4段階に分かれるが、2011年に1カ月余りだった潜伏およびまん延段階は、2012年には約2週間になった。ライフサイクルが短期化すれば、セキュリティ製品の対応が難しくなる。



特集コラム 一覧




無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録