中堅SI企業でのプロジェクトリーダーからビジネス・ITコンサルティング会社へ 転職成功体験談

転職体験談一覧へ

・名前:永井さん(仮名)
・年齢:30歳
・職歴:大卒後、中堅SI企業から某ビジネス・ITコンサルティング会社に中途入社。

転職活動に必要なものは「動機(情熱)」と「テクニック」?

私は独立系のソフトハウスのSEとして5年半勤務した後に、コンサルティング業界への転職に成功しました。
私が転職活動を通して痛感した、転職活動を成功させるものは以下の2点です。

⇒ 1.転職をする強い動機
⇒ 2.ある種の「テクニック」

この2点について書かせていただきます。

動機(情熱)の大切さ

採用試験(書類→面接)において、何度も聞かれる内容は2つです。
「業務経歴」と「志望動機(やりたいこと)」です。
中途採用試験では、相手方の採用担当者は、その点について具体的かつ自分の会社の求める物にマッチした人材を求めます。
これは新卒の採用試験とは全く異なります。特に志望動機については、何度も質問されます。

そこで、「何を話したらよいか分からない」「間をもたせるのに苦労した」というレベルの「動機=情熱」しか持っていないのであれば、おそらくその面接は良い結果は出ないはずです。
本当にその会社に転職したいという「動機=情熱」を持った人なら「もっと手短に・・・」と言われるくらいの語りたいことがあるはずです。
--強い動機はどのようにして持てるようになるのか
-- ではこの「動機」はどこから生まれるのか?
それは「自己分析」と「相手の会社の分析」から生まれます。

この「コンサルタント転職体験記」でも前に同じようなことを言っている方がいらっしゃいましたが、まず、自分のやりたいこと、将来のビジョンを徹底的に分析すること (自己分析) が必要です。
その後、それが実現できる会社を探すこと(相手の会社の分析)が必要です。
自分の本当にやりたいことができる会社の志望動機なんて、湯船につかりながら話しても次から次に出てくるでしょう?

--私が強い志望動機を持つようになった例--
私はこの3,4年間、自分の思うような仕事ができない現状に悶々として悩んでいた関係上、やりたいこと(自己分析)は最初からクリアでした。
ただ、どの会社が自分のやりたいことができる会社なのか分かりませんでした。
エンジニアだった私は、コンサルティング業界の会社は数えるほどしか知らなかったのです。
そこでムービンさんに駆け込みました。担当していただいたキャリアコンサルタントの方は、私の(長々とした) 転職動機、将来像などをきちんと聞いてくださいました。
そして、私のやりたいことにマッチしているいろいろな会社の資料などを出してきて、説明してくださいました。ほとんどは(世間一般では有名なのですが)私の知らない会社でしたが、丁寧に説明していただけました。
その中に私が現在勤めている会社があったのです。

その会社の説明を聞いたとき「これだ!!」と思いました。自分のやりたいことにマッチした会社が見つかり、「ぜひそこで働きたい」という強い志望動機を持つことができたのです。
このことにより、私は書類から数回の面接でも自分の思いを堂々と語ることができ、採用を勝ち取ることが出来ました。

テクニックの大事さ

いきなり「テクニックが大事だ」などと書くと、上で書いたことと矛盾しそうですが、そうではありません。
採用担当者に伝えたい「動機=情熱」を持っていても、それを上手く伝えられなかったら、持っていないのと同じです。これは書面でも、口頭でも同じことです。

--選考書類作成のテクニック--
「思いを上手く伝えられるか」これは最初の関門である書類選考でもかなり明暗を分けます。
特に、私のようなエンジニアの方は要注意です。ドキュメント作成に自信のあるエンジニアの方ならば、「書類選考は楽勝だ」と思われる方も多いと思います。 しかしそれは違っていました。 (私も多少は自信があったのですが・・・)我々エンジニアが書いているドキュメントはあくまで「カタログ」で、システムなどのスペック、仕組みを理路整然と書いているだけです。

そこには「いかに読み手の心をつかむか」、または、「斜め読みされても心に残るようにいかに書くか」等という工夫は少ないはずです。
しかし書類選考ではその工夫が必須です。相手の採用担当者も毎日何通繰るか分からない書類を丁寧に読んでくれるとは限らないのです。
実際、ムービンさんの指導を受ける前に書類を送った2社はどちらも書類選考でNGでした。そして、これは提案などを行うコンサルタントとしても重要なスキルです。

--面接時のテクニック--
面接でも同様のテクニックは必要です。限りある時間で、自分の強い動機を100%伝えなければなりません。難しい内容を口頭で相手に伝えることの難しさは予想以上でした。要点を抑えて分かり易く話すテクニックも、ムービンさんの指導で何とか身に付けることが出来ました。
またこれもコンサルタントとして重要なスキルです。


---- 以上のような、転職活動において、抑えておくべき重要なファクターをことごとく伝授して頂いたムービンさんのおかげで私は転職に成功しました。
相変わらす仕事は忙しいですが、晴れ晴れとした気分で仕事をしております。
本当にお世話になりありがとうございました。今後共どうぞよろしくお願い致します。

ITコンサルタント 転職情報

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容 ITコンサルタントの仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたります。

求められるスキル

求められるスキルとは? IT知識だけではなく、コンサルタントとしての基礎能力も必要となってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 仕事内容や、求められる役割、企業の3つの視点からSEとITコンサルタントの違いを見ていきます。

SEからコンサルになる方法

SEからコンサルになる方法 アプリ、インフラエンジニアからコンサルタントへのキャリアアップ方法をご紹介いたします。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

採用動向

採用動向 最新のコンサルタント(経営・IT)、IT関連企業の採用動向です。詳細は弊社までご相談ください!



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録