ご経歴とNRIへの入社動機

movin:

本日はご多忙の中お時間をいただき、誠にありがとうございます。早速ですが、まず初めに青嶋様のご経歴をお伺いしたいと思います。

青嶋様:

はい、大学卒業後、大手精密機器メーカーに入社しました。入社後数年間は、国内大手製造業向けアカウントマネージャーを担っておりました。具体的には、重電メーカーを担当しておりました。ここでの経験は、顧客との関係構築に活きております。
その後、10年間にわたり米国駐在を経験しました。ここでは、販売チャネルの買収、SI(システムインテグレータ)事業者買収、クラウド基盤などテクノロジー企業の買収と統合を担当しました。ここでは、M&Aのプロセス、PMIプロセス、営業改革、米国公認会計士の資格取得とともに、生きた財務分析、プロジェクトマネジメントを学ぶことができました。
そして帰国後、2005年にNRIに入社しました。以来、製造業のコンサルティングに従事しており、2012年からはパートナーを務めさせていただいております。

movin:

NRIにご入社された経緯や動機を詳しくお教え下さい。

青嶋様:

実は、大学時代から製造業を対象とした経営コンサルタントになりたいと考えていました。しかし、プロパーでコンサルタントを目指すよりも、製造業の現場や実務を経験してからコンサルタントに転職した方が、より顧客視点でのコンサルティングを実現できると考えました。そこで、16年間製造業の経験を積んだ後、NRIに入社した次第です。
事業会社での米国駐在時、外資系コンサルティングファームと一緒に数多くのプロジェクトを実施しました。その経緯もあって、駐在から帰国後、いくつかのコンサルティングファームを見学しましたが、その中でも、NRIは製造業におけるM&AやPMIなど、前職で培った「現地現物」の経験や組織マネジメントの経験をより活かせる環境であると感じ、入社を決めました。

movin:

NRIへのご入社は即断されたのですか。

青嶋様:

はい、自身の志向するコンサルティングスタイルと合致していると直感的に判断できたので、迷いはありませんでした。実際、NRIでの仕事には大きなやりがいを感じています。

NRIのコンサルティングの特長

movin:

「現地現物」というキーワードが出ましたが、NRIのコンサルティングの特長はどのようなところにあるのでしょうか。

青嶋様:

特に私が感じているNRIの特長として、2点挙げたいと思います。
1点目は、今もご指摘いただきましたように、「現地現物」を重視した泥臭いコンサルティングです。
もう1点は、顧客起点に立ち、トップのみならず、中間管理職、担当者レベルまで幅広くコミュニケーションを行うことで、組織内部に納得感を醸成し、その結果として「実行力を伴うコンサルティング」を行っていることだと考えます。

movin:

なぜ御社はそこまで「現地現物」にこだわるのでしょうか。

青嶋様:

やはり、日本初の民間総合シンクタンクとしてのDNAがあるからだと考えます。つまり、机上だけでなく、現場に赴いて徹底した事実確認を行い、それに基づいて問題解決を行う"Research-based Consulting"を何よりも重視しています。
これを実現する上では、泥臭い情報収集が必要です。NRIのコンサルタントはフットワークの軽く、有識者のヒアリングなどが必要なときには、国内外のどこにでも行くという人間が多いですね。

movin:

青嶋様が「現地現物」の重要性を認識した実例はございますでしょうか。

青嶋様:

はい、自動車関連企業におけるPMIプロジェクトに携わったときなのですが、被買収企業に常駐し、ワークショップを重ねることで、キーマンへの腹落ち感覚を醸成し、主要業務の統合を行いました。新興国の市場環境で、お互いの企業理念をぶつけあいながら、共感を醸成し、両者の方向感を合わせていきました。異なる風土に恐れず直面し、違いを受け入れることでお互いを理解することができ、目的を共有できることを実感しました。

movin:

2点目の「実行力を伴うコンサルティング」に関してはいかがでしょうか。

青嶋様:

私たちの仕事は、紙の報告書に戦略を描くだけではお客様にとって十分に価値あるものにはなりません。描いた戦略が実行に移されて初めてその意義があると考えています。
実行力のあるコンサルティングを実現するためには、「進むべき方向性について皆が納得すること」が最も重要だと考えています。そのためには、経営者の方々だけでなく、実際に戦略を実行する中間管理職や現場社員にも理解・納得していただくことが不可欠です。
逆に言えば、何のためにその戦略を実行しなければならないのか、なぜそれが顧客にとって有効なのかということを納得していただければ、顧客は自ずと動き出します。
NRIは、戦略の実行に向け、顧客内のあらゆる方々とのコミュニケーションを密にとり、納得感を醸成することを丹念に行っているコンサルティングファームだと考えます。

印象深いプロジェクト

movin:

青嶋様が携わってこられたプロジェクトの中で、特に印象深いものがありましたらお話しいただけますでしょうか。

青嶋様:

全てのプロジェクトが印象に残っているのですが、特にということでしたら、ある重電メーカーにおける本社改革のプロジェクトが挙げられます。
当時の社長から、グローバル化する事業環境での危機感を共有いただき、社長とともに連日議論を重ねながら、改革骨子を策定しました。その後、本社改革、事業ポートフォリオ再編、コーポレート改革、ガバナンス強化と"強くて小さい本社"の実現に向けて、5年に亘り改革を進めています。

movin:

ちなみに、NRIでは、海外案件の比率も高まってきているということですが、青嶋様が関わった海外案件にはどのようなものがありますでしょうか。

青嶋様:

大手製造業における米国大手企業からの事業部門買収・統合プロジェクト、大手飲料メーカーのASEANにおける買収・統合プロジェクトなどが印象深いですね。
前者は、アメリカの超大手企業からの事業部門買収でした。保有するリソースの評価を行い、統合した後の事業戦略の策定を行いました。どのようにしたらシナジーが創出できるのかプロジェクトメンバーと議論を繰り返し、統合シナリオを創り上げていきました。
後者は、クライアント企業が持つ企業理念を本社からエピソードとともにヒアリングをし、アジアを中心とした被買収企業に対する浸透を行いながら統合を進めました。クライアンドが持っている企業風土の素晴らしさを言葉にし、文化を超えて伝わるようにエピソードとともに伝えていきました。本当に素晴らしい企業文化、風土は国境を越えて伝わるものだと実感しました。

NRIでのキャリアの魅力

movin:

ここまでご自身のNRIでのキャリアを振り返っていただきましたが、NRIでキャリアを積むことの魅力は何でしょうか。

青嶋様:

第一に、型にはまったコンサルティングではなく、個人の創意工夫に基づき、自由に意見を交わしながら組織の知を醸成していけることだと思います。NRIには、官民問わず様々な業界・テーマの専門家が600名程結集しています。この「組織の知」をフル活用しながら様々な案件にチャレンジできることがNRIの魅力だと考えています。

第二に、メンバーであっても、顧客とダイレクトにコミュニケーションをとることができ、自発的に役割を果たせることが挙げられます。NRIは新人のプロジェクトメンバーであっても、自らが主導して顧客にプレゼンテーションをしたりインタビューをしたりする機会が与えられます。もちろん、中途入社の方でも同様です。このように、直接顧客の目前に立つ機会が与えられるので、やりがいを感じることができます。若手にも責任と権限を与える行う風土は、他のファームとの大きな違いだと考えます。

第三に、中長期目線でのキャリア醸成が可能であることが挙げられます。外資系の場合、短期的な成果を求められることもあるかと思いますが、NRIは長い目で育成を考えています。実際、4~5年目で自身の専門分野を確立する人間もいれば、10年以上経って花開く人間もいます。

第四に、自身の専門分野を自ら設定し、キャリアアップできることが挙げられます。例えば私自身も「製造業」という専門分野を自ら決め、この分野でパートナーを担うまでになりました。これはNRIでは珍しいことではありません。弊社には年間1,600件以上のコンサルティングプロジェクトがあるので、出すべき成果をきちんと上げていれば、自ら関わりたい仕事に手を挙げることが可能です。これも、他ファームと比べて特徴的な点だと考えます。

転職希望者へのメッセージ

movin:

人材育成、特に中途入社の方の育成において重視していることはございますか。

青嶋様:

コンサルティング業界はUp or Outと呼ばれる人事制度で有名な業界です。ですから、一般的には短期的に成果を出すことが求められます。しかし、NRIはより中長期目線で人を育てることを重視しています。ですから、コンサルティング未経験という方でも、プロフェッショナルとして認められるまできちんと育成していく風土があると考えています。
私はパートナーとして、様々なバックグラウンドを持っている社員が、どうすればそのポテンシャルを大きく発揮することができるのかを考え、プロジェクトを運営するよう心掛けています。

movin:

最後に、NRIに転職を希望されている読者の方々にメッセージがありましたらお願い致します。

青嶋様:

私は、メーカー時代に蓄積してきた経験知をまとめて、中途入社でNRIに参画し、コンサルティングを行ってきました。皆様にも、ご自身がこれまで行ってきたことを常に整理すること、また、その経験からの学びのエッセンスを整理しておくことをお勧めしたいと思います。これこそが、中途入社のコンサルタントにとって最大の武器になると考えます。
このように、キャリア入社される方々にとって、大事なのは自分の過去のキャリアを整理し、自分は何が得意なのか、何が売り物なのかを明確にされることだと思います。そして、それを市場価値があるものまで常に高めるよう、努力されることをお勧めします。そのためには、世の中で今何が求められているか、アンテナを高く、感度良く持つことが必要になります。感度の良いアンテナを持つには、現在いらっしゃる会社内部にとどまらず、社外のネットワーク作りに努め、幅の広い見識を得ていくとともに、常に人の立場になり、考える癖をつけられることをお勧めします。これらにより、即戦力として活躍できる大きな基盤を作ることができると考えます。
是非NRIでお会いしたく思います。皆様のご応募・ご入社を心よりお待ちしております。

movin:

本日は貴重なお話を誠にありがとうございました。

青嶋稔
パートナー コンサルティング事業本部

1988年に大手メーカー入社後、トップセールス、米国法人営業マネジメント、CRMプロジェクト、買収後統合、新規事業開発等に従事。2005年にNRI入社。
グローバル事業コンサルティング部、技術・産業コンサルティング部、電機・精密・素材産業コンサルティング部を経て現職。
グローバル製造業に対する中期経営計画、事業戦略、営業改革、M&A戦略立案、買収後の統合戦略などを数多く担当。

野村総合研究所(NRI) プライベート転職相談会

日程 いつでも!(担当キャリアコンサルとご相談ください)
場所 弊社オフィス(遠方の方はお電話やSkype、メールなどでご相談を承っております。)
費用 無料(一切かかりません)
対象 野村総合研究所(NRI)への転職をお考えの方
コンサルティング業界にご興味のある方
コンサルタントの仕事内容や、これからの動向などにご興味をお持ちの方

今後のキャリアについてのご相談もお受けしております。
ご相談面談では、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、最適なキャリアチェンジ機会のご紹介、キャリアチェンジ成功のためのアドバイス等できればと思っております。

既に弊社にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。
新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録