IFRSアウトソーシングに聖域はない、アクセンチュア

「アウトソーシングに聖域はないと考える企業が増えている。きっかけはIFRSだ」。IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)の業務への影響を約4週間で分析する新サービスを発表したアクセンチュアは、IFRSによって企業の「ビジネスプロセスアウトソーシング」(BPO)が増えると期待している。同社のIFRSチーム アウトソーシング本部パートナーの田村貴志氏は上記のように述べるとともに、「グローバルに事業展開している日本企業をまずはターゲットにしたい」と話した。


 アクセンチュアは企業が目指すIFRS対応のレベル別に“松竹梅”の3つのソリューションを用意し、提案を始めた。ITシステムの改修だけでなく、業務プロセスの改善やBPOも提案するのが同社の特徴。特にBPOについては同社が世界各地で展開するアウトソーシング拠点を生かすことで、高品質なサービスを提供できるとしている。

 財務・経理の業務プロセスをアウトソーシングすることで企業はIFRS対応で必要になる業務の標準化や人材獲得、スキル習得などの対応コストを下げることができると田村氏は訴える。同社は欧州などでIFRS対応のBPOをすでに請け負っていて、そのノウハウを日本企業に生かすこともできるという。「BPOは単なる現状業務の受託ではなく、BPRを推進する」(田村氏)。独自の業務プロセスにこだわるとされる日本企業の財務・経理部門でもIFRS対応をきっかけにアウトソーシングが増えると田村氏は考える。「昨年秋からの景気後退でアウトソーシングを考える企業が増え、さらにIFRS対応でその真剣度が増してきている」。

 アクセンチュアが訴えたいのはBPO利用による財務・経理プロセスのレベルアップだ。財務諸表だけでなく、業務プロセスの効率性など企業価値の比較可能性が世界レベルで高まるといわれるIFRSによって「日本企業にはもう1段階のグローバリゼーションがやってくる」と田村氏は話す。グローバル企業といわれる日本企業でも「財務・経理のオペレーションは世界各地でバラバラの企業が多い」といい、「本社の経理部長でも日本国内の単体でしか見ていなくて、各国の状況は連結にならないと分からないケースが多い」という。「IFRSはそれを変えるきっかけになる」と田村氏は訴える。

2009年 7月25日
参照アットIT

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録