SAS、2012年のビジネス戦略を発表――グローバル化、ビッグデータ、情報活用力が鍵

SAS Institute Japanは2月28日、2012年のビジネス戦略に関する発表会を開催した。2011年度の総括から、2012年の戦略を進める上での背景およびその戦略について明らかにした。
発表会に登壇した同社代表取締役社長兼北アジア地域統括責任者の吉田仁志氏はまず、2011年度の業績に関して、グローバルで過去最高となる27.2億ドルの売上高(前年比12%増)を記録したと説明した。36年連続での増収となる。地域別では、アメリカ地区が46%、ヨーロッパ中近東アフリカ地区が42%、アジア太平洋地区が12%となった。特に、ヨーロッパ地域は経済危機の影響を受けたはずが、前年以上の売上を記録し、「危機の時こそ分析の投資、と分析に転じた顧客が多かった」(吉田氏)という。

吉田氏は次に、昨今の市場動向に触れ、2012年の戦略を語る上で重要となるトレンドを説明した。SASのミッションは「企業の競争力向上」であり、2012年に対応が必要となるキーワードとして「グローバル化」、「ビッグデータ」、「情報活用力」の3つを吉田氏は挙げた。グローバル化については、不安定な為替変動や政治の影響を踏まえ、「経営者はいままで以上にさまざまなリスクを考えていかなければいけない時代に入った」(吉田氏)という。SASとしては、企業のグローバル展開をいかに支援できるかが重要な課題だという。

ビッグデータについて、吉田氏は「データは情報にならないと意味を持たない」と述べ、重要なのはどのように活用するかであるとした。モバイル端末やWeb、ETCなどさまざまなところから生成されるデータ(ビッグデータ)を接続(Hyper Conectivity)し、高速処理(High Performance Computing)することでデータは情報となり、「分析(Analytics)の力で企業価値に変える」ことができると吉田氏は説明する。

 しかしながら、データを収集しても活用せず、データ保有がただのコストになっている企業がまだまだ多く、情報活用力の格差が広がっていると吉田氏は指摘。これが企業の格差につながっていく可能性があるとした。

こうした市場動向を反映し、SASは2012年の戦略の核として「Information Management」、「High Performance Analytics」、「Global Solution & Practice」を挙げる。

ビッグデータの時代では、データは企業内外に氾濫しているが、使える情報は少ないという。そこで、データを情報に変えるプロセスが必要になり、「データを情報に変え、情報を価値ある差別化要因にする」(吉田氏)ことが重要となる。Information Managementアーキテクチャは、分析プロセス、意思決定プロセスを情報基盤に組み込んでおり、SASはIT部門が戦略的なイノベーションの中核となるソリューションを提供していくとしている。

High Performance Analyticsに関しては、一刻を争うスピード感が求められる状況を解決するために設計されている基盤。分散システム下で実行する「SAS Grid Computing」、処理を汎用データベース側で実行する「SAS In-Database」、分析対象データを専用ハードウェアのメモリ上に展開する「SAS In-Memory Analysitcs」で構成される。

吉田氏はHigh Performance Analyticsを導入したケースとして、The Royal Bank of Scotland(RBS)の事例を挙げた。RBSでは従来、予測モデルを作成する顧客ごとのリスク加重スコア算出に3か月を要していた。しかし、High Performance Analyticsを導入することでこれを55秒に短縮できたという。「リスク計算を秒単位で管理できるようになった。申し込みに来た顧客の価値を決めるのに、これまでは12時間以上かかっていたが、今では窓口対応している間に結論が出せるようになった」(吉田氏)High Performance Analyticsを導入すれば、「いままで出来なかったことが可能になる」と吉田氏はアピールした。

吉田氏は最後に、Global Solution & Practiceについて説明。「日本の顧客においては、分析を使いたいが、どうやっていいかわからないというケースが多い」という。また、企業が分析ツールを導入した時点で満足してしまうという落とし穴もあると指摘。それに対して、SASはで、グローバル展開で培ったノウハウが組み込まれた業種、業務に特化した分析のテンプレートを200通り用意していると吉田氏は説明する。

グローバルの取り組みとして、吉田氏は「On Premises/Cloud」、「収益分析」、「顧客分析」の3つに言及。SASのソリューションは、オン・プレミスとクラウドの両方の環境で提供されており、2009年に米国で設立されたクラウド・コンピューティング・センターでは、世界各地のさまざまな地域で同一基板上での分析を行いたい企業が利用しているという。

吉田氏は収益分析について、「自然災害や為替変動などのリスクをもう少し把握しない限り、収益分析は難しくなっていくが、SASの場合はグローバル・プラットフォームがある」と強みを訴えた。顧客分析に関しては、SASの顧客分析が多言語に対応している点、構造化/非構造化データを問わずマルチ言語をサポートする点、コンサルタント/ソリューション・スペシャリストを全世界に抱えている点を強調。「分析を中心としてグローバル支援できる企業は世界に弊社しかない」(吉田氏)

2012年 2月28日
参照computerworld

SAS Institute Japan

SASは、企業の経営課題解決を支援するビジネス・アナリティクス(BI:ビジネス・インテリジェンス)・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニー。全世界で約50000 サイトで SAS が採用されています。日本においては 1500 社 2300 サイトの導入実績を誇ります。

SAS Institute Japanについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


初めての方へ

無料転職相談・登録

30~35歳のためのキャリア相談会 30代からのキャリア構築。いつ、どのタイミングで転職をすべきなのか。その方法をご紹介いたします。

セミナー情報

立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 実際にどんなファームや部門があるのか、もっと詳しく話を聞いてみたいという方は是非一度ご相談ください。

アビームコンサルティング ITMSセクター 1日選考会 アビームコンサルティング ITMSセクター 1日選考会 2016年11月19日(土)

監査法人トーマツ 説明会兼選考会 監査法人トーマツ システム監査他職種、説明会兼選考会 2016年7月26日(火)

ウルシステムズ キャリアセミナー ウルシステムズ キャリアセミナー 【随時開催中】

株式会社SHIFT 休日選考会 株式会社SHIFT 休日選考会 2016年11月12日(土) 10:00~17:00

その他、セミナー情報はこちらから

アクセンチュア 第二新卒選考会! 経験不問!コンサルタントになるチャンスです!是非この機会をご利用ください!!

amazon 非公開ポジション企業の転職相談会 非公開ポジション企業の転職相談会 第1弾 amazon !!

フューチャーアーキテクト 個別転職相談会 過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファームです!完全無料プライベート相談会!

デロイトトーマツコンサルティング 未経験からのコンサルタント 大手外資系コンサルティングファーム、DTCにて若手・経営コンサルタント(Pool部門)を積極募集中です! その他部門はこちら

リクルートライフスタイル 求人特集 ホットペッパービューティ、じゃらんなど、全国規模のWebサービスを手掛けることのできるポジションです!

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
ご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

Page Top

ご自身では気づかれない可能性を
見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.