「クラウド」というキーワードが消える!? 第3世代DCの能力が基幹業務システムを吸収

クラウドコンピューティング」の潮流で、最後まで残っていた大規模な基幹業務システムに異変が起きている。クラウドへの移行が進んでいるのだ。主要なコンピュータシステムがクラウドに吸収される環境が整うなか、ある大手SIer幹部は、「クラウドを前提としてシステムの商談を進めており、もはやクラウドと前置きする必要がなくなった」という。「クラウド」というキーワードが消えつつあるというわけだ。

大手IT調査会社のガートナー ジャパンは、日本のCIO(情報戦略担当役員)が2012年に重視するテクノロジー優先度ランキングで「クラウドコンピューティング」が昨年の1位から9位に下がったと発表した。その一方でERP(基幹業務システム)優先度は昨年と変わらず3位で、目まぐるしく変わるランキングで安定して上位を保っている。一見すると日本のCIOはERP重視、クラウド軽視と映りがちだが、実態は「クラウドがインフラとしてERP分野に急速に浸透するなかで、すでにテクノロジーとしてのクラウドをとりわけ重視する必要が薄れている」(別のSIer幹部)とみるのが正しいようだ。

裏づけとなっているのが“第3世代データセンター(DC)”の相次ぐ竣工である。首都圏での代表的なクラウドネイティブDCは、ITホールディングスグループのTISが2011年4月に開業した御殿山DCに続き、2012年5月には新日鉄ソリューションズが第5DCを完成させる予定だ。また、キヤノンマーケティングジャパンは次世代主力DCを10月に竣工し、野村総合研究所(NRI)も年内をめどに総額170億円を費やした新DCを開業する見通しである。

2012年 4月12日
参照BCN

ガートナー

顧客には数々の大手企業や政府機関が名を連ねており、IT系企業や投資組合なども多い。リサーチ(Gartner Research)、エグゼクティブプログラム(Gartner Executive Programs)、コンサルティング(Gartner Consulting)、イベント(Gartner Events)から構成されている。1979年に設立され、3700名の従業員のうち 1200名がアナリストやコンサルタントとして世界75カ国で活動している。

ガートナーについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録