不格好だけど自然体―DeNA南場氏の働き方

マッキンゼーのコンサルタントとして活躍中に、突然、起業してDeNAを立ち上げた南場智子さん。次々に押し寄せる難題を体当たりでクリアし、上場までこぎつけた。その後、夫の病気の看病のために社長を退任。現在は、取締役となっている。その経緯を書いた『不格好経営』(日本経済新聞出版社刊)は、多くの働き女子にパワーを与えてくれる。南場さんに、働き女子の抱える質問に答えてもらった。

――独立したい、起業したいと思いつつ、決心がつかない女性も多いと思います。ご著書『不格好経営』の中では、起業を決心された瞬間を「熱病にかかった」と表現されていますが、躊躇はなかったのでしょうか?

 当時、経営コンサルタントだった私は、「So-net」を運営するソニーコミュニケーションネットワーク(現ソネット)の山本泉二社長に、ネットオークション立ち上げるべきだと勧めていました。すると「そんなに熱っぽく語るなら、自分でやったらどうだ」と言われたんです。

 実は、コンサルティングを続けているうちに、自分で考えた事業やサービスを、自分でやれない「もどかしさ」が蓄積されていたんだと思います。これらの事業やサービスが世の中に出て躍動するまで、主体的にかかわってみたいという思いが強くなっていたんでしょう。それが、山本社長のひょんな一言で一気に表面化し、熱病にかかったんですね。その日から、新しい事業のことで頭がいっぱいになりました。

 ですから、起業に関しては冷静に考えることはなく、躊躇もありませんでした。しかし、実際に社長になってみると、コンサルタントとしてアドバイスする側と事業を行う側では立場が全く違う。大変な世界に飛び込んでしまったと思いました。“気合”程度では乗り越えられない壁がたくさんあり、迷いがあったら前に進めない。自分では制御できない熱病にかかったからこそ、続けられたんだと思います。

――事業を起こす際に計算はされましたか? 勝算があったから熱中されたのでしょうか?

 ネットオークション事業に関しては、計算が未熟でした。冷静に考えれば、ヤフーがこの分野に参入するだろうということは、当然予測できたはずだし、ヤフーが入ってくれば、うちのような起業直後の会社が負けるのはわかっていたはず。なのに、ヤフー参入後も勝ち目のない試合を何年も続けていた。経営者として、不明を恥じています。

 経営者には二つの力が必要です。ひとつは「ここを掘れ!」という指示を間違えない力。もうひとつは、チームをまとめてモチベーションを高くし、目標に向かうマネジメント力。私は、マネジメント力はあったかもしれないが、掘る場所を間違えていました。

 ただ、あのとき勝算のない試合をとことん戦ったことは、うちの組織を強くしました。しかし、これは現在、わが社が生き残っているからこそ言える結果論であって、事業というものを甘く見てはいけませんね。

トップ > キャリア&スキル > トレンド > 不格好だけど自然体―DeNA南場氏の働き方 > 2ページ
不格好だけど自然体―DeNA南場氏の働き方(2/3)

2013年7月18日
DeNA南場智子氏「体当たり起業」インタビュー
マイミクなどと共有するサービス「mixiチェック」に登録する ブックマークを共有するソーシャルブックマークの「はてなブックマーク」に登録する ツイッターに投稿する シェア

――社長は孤独なので、例えば占いなどの“精神安定剤”を求める人も多いと聞きます。迷ったときの指針にしているものはありますか?

経営者は、よく占いにはまると聞いているので、私は占い師には近づかないようにしています。会社の方向性を占いで決めたら、株主に説明ができませんから。

 私の場合は、仕事のチームに尊敬できる人を集めて、「彼らがこんなに頑張ってくれるのだから、私は自分の役割を果たさなくてはいけない。彼らに恥ずかしいところを見せたくない」という気持ちを励みにしています。

――社内での会話やコミュニケーションの取り方で、気を配っていることはありますか?

 社員には自然体で接しています。言いたいことがあるときには、「ちょっと言い過ぎたかな」というくらい徹底的に言います。後にわだかまりが残らないので、ストレスは溜まりません。相手にはストレスかもしれませんね(笑)。

 「褒める」というのは、上からの目線だと思うので、「感謝する」という意識で話すようにしています。「叱る」のも、同じく上から下に対する言い方なので、私の場合は「抗議」「クレーム」です。

 「本当に相手にわかってもらわないといけない」というときは、感情は出さないで、冷静に話すように心がけています。

――採用のときなどに、「人を見る」場合、特に何を重視されていますか?

 採用の面接では、相手の「思考の独立性」を嗅ぎ取ろうと思っています。思考の独立性がない人というのは、私におもねるような話し方をしたり、私が言ってほしいような回答をしたりします。例えば、「何か質問ありますか?」と聞いたとき、受けのいい質問、喜ばれるような質問をするんです。

 チームで議論するとき、「どう言えば私が喜ぶか」を意識して話す人とは、意見を戦わせることができません。そういう考え方をする人は、新しいフロンティアを広げてくれないので、チームのパートナーに相応しくありません。

 私は正直な人が好きです。「成績は悪かったが、やぶれかぶれで大学受験したら受かりました」とか、「普通の人は1年でできるのに、私は3年かかりました」とか。それが言える人は、「その程度のことで自分の人間的な価値は揺るがない」という自信を持っている感じがして、好きです。

――仕事をするにあたって、女性の強み・弱みはあるでしょうか?

 私がコンサルタントをしていた時代は、女性のコンサルタントは少なかったので、クライアントは珍しがって、かえって話をよく聞いてくれました。私がいた会社が外資系だから特別だ、という人もいますが、クライアントはみな日本企業ですから、それは違います。

 会社の役員の男女の割合を半々にしようとか、女性枠を設けるクオータ制には、私は反対です。クオータ制が導入されると、まだ適性が十分でない女性を「女性だから」という理由でゲタを履かせて、責任ある地位に就けるということもあるでしょう。それはいいことだとは思えません。

 うちの会社の人事責任者は女性で、また以前はシステム統括責任者も女性でした。彼女たちは女性だからその立場に就いたのではなく、正真正銘、実力を評価されてのことです。

 私は「男性に負けたくない」という意識もありませんが、そういう意識自体が、「男」「女」という枠組みでとらえ過ぎているのではないかと思います。私自身は負けず嫌いなので、男女に関係なく負けたくない。人類で一番になりたいと思っています(笑)。

――仕事にまい進する中、結婚することが仕事の邪魔になるとは思いませんでしたか?

 家に帰ったら、誰かがいてくれたほうがいいですよ(笑)。仕事は一生懸命やりたいですが、自分の命、家族の命より大切なものはないと思っています。

 私はコンサルタントのときの同僚と結婚しました。旦那は私が猛烈に仕事をしていることを知っていて、家事は全く期待されず、恵まれていました。でも、もし家事を求めるパートナーだったら、違った生き方をしたかもしれないし、子供がいたらまた違っていたはずです。そのときどきで、自分が一番幸せな方法をとったと思います。

――ご主人はどんな方でしょう? どこがお好きで結婚されたのでしょうか?

 同じ会社ですが、同じプロジェクトにはかかわったことはありません。結婚したいと思ったタイミングに、すぐそばにちょうどいい人がいたんですよね。

――社長を退任されたときは、病気のご主人と一緒に闘病する道を選んだわけですね。

社長でなければ続けていたと思います。でも、「社長はできない」と思ったんです。旦那はがんを告知され、闘病が長丁場になることがわかっていたので。

 頭の中が家族のことで占められると、社長としての判断が鈍るでしょう。社長は「社内の誰よりも仕事をしている」「100%仕事優先」という姿勢を見せなくてはなりませんから。

――「子供が生まれると、仕事に全力投球できなくなるのが不安」という働き女子の声があります。どう思われますか?

 いろいろな選択をする人がいると思います。子供が生まれても仕事のペースを全く落とさない人もいれば、仕事を休む人もいるし、辞める人もいる。どの道を選んでも、対応できる社会にすることが大事だと思います。

 産んだ子供に対して、親は責任があるので、その責任をどう果たすのか。みなさん悩んでいますね。自分の経験を元に、「とにかく子供を預けて仕事をするべきよ」とか、その反対に「仕事は辞めるべきよ」と言う人がいますが、答えなどありません。人の意見に惑わされないようにしましょう。

 自分で「この道を選ぶ」と決めた後で、それを可能にする方法をアドバイスしてもらうのがいいと思います。

――忙しい毎日の中で、気分を切り替えるときには、どうするのですか?

 仕事に全く関係のない、歴史書や小説を読んでいると、気持ちに余裕ができます。お風呂に入りながら、だらーっとして本を1冊読むのが、大好きな時間です。

2013年 7月18日
参照日経Woman

マッキンゼー



マッキンゼーについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


初めての方へ

無料転職相談・登録

30~35歳のためのキャリア相談会 30代からのキャリア構築。いつ、どのタイミングで転職をすべきなのか。その方法をご紹介いたします。

セミナー情報

イントループ 1day選考会 イントループ 1day選考会 2018年1月13日(土)

JSOL 求職者向けポジション説明会&集中選考会 JSOL 求職者向けポジション説明会&集中選考会 2017年12月16日(土)10時 or 14時半

PwCコンサルティング サイバーセキュリティコンサルタント 1日選考会 PwCコンサルティング サイバーセキュリティコンサルタント 1日選考会 2017年12月16日(土)

PwCコンサルティング Technology Team 金融サービス事業部 1日選考会 PwCコンサルティング Technology Team 金融サービス事業部 1日選考会 2017年12月16日(土)

アビームコンサルティング ITMSセクター 1日選考会 アビームコンサルティング ITMSセクター 1日選考会 2017年12月16日(土)

30代・40代のIT経験者向け 個別キャリア相談会 今後のキャリアを見据えると40歳前後というのはとても大切な時期です。今後のキャリアに悩んでいる30代・40代のIT経験者の方は是非ご相談ください!

高等専門学校(高専)出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の高等専門学校(高専)出身者の方々のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

情報処理系専門学校出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の情報処理系専門学校出身者の方々のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 実際にどんなファームや部門があるのか、もっと詳しく話を聞いてみたいという方は是非一度ご相談ください。

ウルシステムズ キャリアセミナー ウルシステムズ キャリアセミナー 【随時開催中】

その他、セミナー情報はこちらから

アクセンチュア 北海道デリバリーセンターにてITエンジニアを積極採用! 仕事はグローバルに、プライベートは北海道で。 国内初かつ最大級の開発拠点となる北海道デリバリーセンター(HDC)でエンジニアたちが活躍しています。

デジタルコンサルタント 転職・求人特集! 各コンサルティングファームが積極採用中のデジタルコンサルタント。どんな仕事でどんな人を求めているのか、求人と合わせてご紹介いたします。

デロイトトーマツコンサルティング(DTC) 求人特集 デロイトトーマツコンサルティング(DTC)で積極採用中!未経験からコンサルへ!

KPMGコンサルティング 求人特集 KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

PwCコンサルティング 求人特集 世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

アクセンチュア求人特集 アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジションをご紹介させていただきます。

amazon 非公開ポジション企業の転職相談会 非公開ポジション企業の転職相談会 第1弾 amazon !!

フューチャーアーキテクト 個別転職相談会 過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファームです!完全無料プライベート相談会!

デロイトトーマツコンサルティング 未経験からのコンサルタント 大手外資系コンサルティングファーム、DTCにて若手・経営コンサルタント(Pool部門)を積極募集中です! その他部門はこちら

リクルートライフスタイル 求人特集 ホットペッパービューティ、じゃらんなど、全国規模のWebサービスを手掛けることのできるポジションです!

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
ご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

Page Top

ご自身では気づかれない可能性を
見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.