コンサルタントになるための履歴書・職務経歴書の書き方

コンサルタントの仕事は、形の見えないものに対してお金を払ってもらうという特殊性があります。コンサルタントには論理的思考力や問題解決能力が求められますが、採用担当者はまず履歴書、職務経歴書で、それに見合う人材であるかどうかを見極めます。他の業界よりも書き方は難しいといえるでしょう。

まず第一に自身の職務経歴を羅列するのではなく、相手の会社の価値観や、相手の会社の言語で自身のキャリアを語ることが大切です。
前述の通り、コンサルタントには論理的思考力や問題解決能力が求められます。例えば営業の方であれば「〇億円の売上を達成」と書くのではなく、その成果に至るまで、どんな問題があり、どのように解決して達成したのか、そのアプローチなどに重点を置き、採用側が「こういう考えができるなら、わが社でも問題解決できそうだ」と思うような書き方にしなくてはいけません。
相手企業が求めているものと自分の経歴を洗い出すことの重要性は強調してもし過ぎることはありません。一見すると繋がりがなさそうな要素であっても内容を深く検証してみるとお互いに対応する点が見出せるかもしれません。

実際の例を基に見ていきましょう。

職務経歴書の例「会ってみたい」と思わせるテクニック

まずはサンプルから

(1)自分の職歴を一目でわからせる

採用担当者が最初に読む冒頭に、ファーストインプレッションを意識して概略・アピールする点を書きましょう「これなら会ってみたい」と思わせるよう、簡潔にアピールしましょう。

(2)転職希望先にフィットする経験やスキルを得意分野として記述

コンサルタント適性があることをアピールします。長い文章は読みづらく埋没するので基本は箇条書きを活用して頂き、それおれの項目の下にその内容を補足する具体的エピソードなどを盛り込むと説得力があってよいと思います。

(3)成果に至るまでのプロセスが重要

目的をもって記載に取り組むとよいでしょう。=どういった経験をアピールすることで何ができるか?ということをアピールするのかを明確に意識する。
具体的にはコンサルタントと親和性の高い下記のような資質がアピールしやすいかもしれません(チームワーク、戦略立案・企画、組織変革、数字に強い、M&A、リーダーシップ、卓越したなんらかの実績、業務プロセス改善、業界に対するなんらかの知見)等々

所属した会社と期間を書いたら、それぞれ関わった仕事ごとに【状況説明】【成果(結果)】【自分の役割】などを分類。成果に至るプロセスやアプローチなどに重点を置き、採用側が「こういう考えができるなら、わが社でも問題解決できそうだ」と思うような書き方にしよう。部署異動があれば、同様に繰り返し書いていく。
すべての経験を羅列する必要はなく、企業のニーズに刺さる経験を中心に濃淡をつける。
得意分野/スキルで挙げた項目を証明するためのエビデンスになることを散りばめる。
形式は時系列や職務内容後とのサマリー形式など自分と相手の企業との関係性に応じてアピールしたい経験から書く。また【成果(結果)】についてはなるべく定量的に書きましょう。

(4)英語などの資格

TOEICについては応募する相手企業の募集要件から判断して、記載するかしないかを決めても良いでしょう。点数が低いのであれば書かないほうが得策の場合もあります。
※全体を通してマイナス面をわざわざ言う必要はありません。

まとめ 職務経歴書の書き方

まずは採用担当者が『会ってみよう』と思ってもらわなければいけません。
職歴にそれを感じさせる内容を書くことが重要です。自身の仕事内容を羅列しても、業種業態が違えば何の魅力もありません。 会社での自身の業務を実際にはどのような技術の組み合わせで成り立っているのかを分解してみましょう。 そこからマーケティング的な要素やインターパーソナルスキルなどが見つかるかもしれません。 自身の仕事内容の中から、相手の会社が求めている要素を見つけ出し、コンサルタントとして必要な「論理的思考力」「問題解決能力」を伝えることが大切です。

より詳しく職務経歴書の書き方や、それ以降の面接対策などを知りたい方は是非一度ムービンまでご相談下さい。ムービンではコンサル業界出身者がキャリアコンサルタントです。
まずはコンサルティング業界のことを知りたい、という方でも結構です。お気軽にお問合せ下さい。



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録