ITコンサルタント転職・IT転職 >  特集 >  SIerからの転職 特集

SIerからの転職 特集

SIerからの転職 特集

弊社では日々SIer出身のSE、PLPMの方よりご転職についてご相談を頂くことが多くございます。
一部を除き、ブラックなイメージを持たれがちなのがSIer。きつい、帰れない、給料が安い、の3Kがよく理由として挙げられ、私もSIerから他業界への転職を希望するSEの方を非常に多く担当してまいりました。
今回はそんなSIer出身者の転職理由や、企業の採用動向等についてお話させていただきます。

SIer出身者がキツイ理由

そもそも、何故SIerがブラックと言われるのか。様々な候補者様のお話を伺っていると、その理由は業界構造に起因するものが多くあると考えられます。

SIerはお客様のシステム開発を請け負い、納品することを目的とした業態となります。
お客様よりこんなシステムを作りたい・導入したいというシステム上のご要望を、1次請負企業が頂き開発し納品していく。その中では、要件定義・基本設計をした1次請けから2次請け企業に開発フェーズが委託され、2次請け企業から3次請け企業にテストや保守フェーズが委託される。このような所謂ゼネコン構造が存在します。

なので、エンドユーザーの仕様変更や希望により、1次請け企業は有無を言わず対応せねばならず翻弄され、下流に行くごとにその皺寄せが来る構造となっているのです。

SIer出身者の転職理由

上記構造により、各請負フェーズごとに以下のような転職理由が発生することがあります。

<1次請け企業>
・要望通りにリリースしたが、企業内でシステムが活用されていない
・現場が納入したシステムを不要だと言い、経営陣との認識のギャップがある
・求められるスキルセットが変わりやすく付いていけない
・キャリアパスが希望通りにいかない
・人手不足で案件が炎上しやすい
・年収が作業に対して見合わない、上がらない
・同じチームのコンサルタントと比べて年収がかなり違った
・年功序列で実力が評価されない
・新卒で頑張ってきたが、3年過ぎて優良企業やベンチャーへ転職する人が多い

<2次請け企業以下>
・下流工程が多く、ただ作業をしていて何を目的に作っているのか分からない
・開発ばかりしていて、お客様とのコミュニケーションが取るチャンスが無い
・急な対応変更があり、残業が頻発する
・作業スケジュールがタイトになりやすい(そもそも、受注の段階で無理なスケジュール)
・お客様の顔が見えなく、成果が分かりにくい
・新しい技術に触れられない
・入社後給与が上がらない、年の離れた上司も年収が安い
・会社内のモチベーションが低く、尊敬できる人がいない
・2~3年で転職する人がかなり多い

SIerの将来性について

「SIerはもう将来性が無い、無くなっていく業界だ」という言葉を耳にしたことがあるかたもいるでしょう。はたしてそれは本当なのでしょうか?

私はSIerが完全に無くなる可能性はないと考えております。理由としては、これだけのIT技術の発展によりサービスは増えていきますし、それを構築するSEは引き続き人材不足が続くと考えられるからです。

一方で、事業会社の開発内製化やコンサルティングファームのITテクノロジーを活用したコンサルティングサービスの展開により、その市場規模が脅かされる可能性は非常に高いと考えられております。

なので、SIer出身者が意識すべきことは、今後生き残っていくためのスキル・経験を含めた、キャリアベースを作っていくことだと言えるでしょう。
そのために、キャリアを広げるための転職は非常に有効と考えられます。

どんな業界・職種への転職が可能なのか

SIerのネクストキャリアとして挙げられるものとしては、大きく4つあるかと思います。

①WEB系エンジニア
②ITコンサルタント
③セールスエンジニア
④社内SE(システム企画)
⑤フリーランス

①WEB系エンジニア

WEB系エンジニアはその名の通り、WEBサービスの開発を行うエンジニアです。
大手からベンチャーまで、日々進化するWEBサービス企業にて、多くはスクラッチでシステムを開発していきます。
業務系エンジニアとの違いは、開発手法と言語環境。また、少人数で開発を行い、変更があれば都度修正していくなどスピード感を持ってプロジェクトを行っていきます。
業務系からの転身は、言語などの開発環境のマッチ度があればご自身の力を活かすことが出来るでしょう。

一方で、1次請けプライム企業等で、PMPLやプロジェクトコントロールがメインであり、技術力にあまり自信がない方は、転職に対し少々難易度が上がる可能性があります。
WEB領域のエンジニアは、PM力よりも技術力が求められ、マネージャークラスだとしても、手を動かして開発することは多く、むしろメンバーを指導できるくらいの技術力の高さが求められるからです。
現在の採用動向としては、大手からベンチャー含め、非常に高い採用意欲がある状態です。

②ITコンサルタント

ITコンサルタントは、お客様の利益改善や向上のための企業課題を突き止め、ITの力を活用してお客様の課題解決にあたる仕事です。
開発はほぼ行わず、お客様の業務分析等を行い、課題を抽出し、その解決策を提案することをミッションをしているため、システム導入が目的のSIerと異なり、お客様の業務改善及び利益改善がゴールとなります。
時にはPMOなどのプロジェクトマネジメントも担当し、お客様のシステム課題を解決していきます。

実はITコンサルタントは、SIerでの経験がかなり活かせる職種であり、システムの仕組みや開発の流れを理解していることで、プロジェクトマネジメントやお客様への提案内容の理解が早いことから、各大手ファームよりの需要が非常に高い状態が続いています。
また、コンサルが担当するお客様はビッグクライアントが多いことや、最上流のプライムであることから、稼働単価も非常に高く高額な年収を見込めることがメリットです。
コンサルティングファームはIT系のプロジェクトの引き合いが多く、今後更にニーズが高くなることから、現在はポテンシャルでSIer経験者の若手からベテランまで、広い範囲で転身のチャンスが広がっております。
また、コンサルタントを経験することで、ネクストキャリアで大手のシステム戦略室や、フリーコンサルタントとして定年後も活躍し続ける方も多くいるのです。
また、技術力不足でWEB系企業への転職が難しいSIerの方も、コンサルを経験することで、将来WEB系企業のCTOや事業企画等にキャリアを広げることが可能です。

③セールスエンジニア

セールスエンジニアは、お客様に対し、自社製品を活用して課題解決ができるよう、導入の提案や導入後のサポートを行う仕事です。
お客様に合わせてシステムを設計したり、セミナーでお客様に広く活用方法を知らせたり、主にフロントに立ってお客様へのシステム提案を行います。
セールスエンジニアは自社サービスを持つ企業にある職種であることが多く、ITコンサルタントとの違いは、提案するシステムが比較的決まっていることがあります。
こちらも、システムの中身や活用方法を理解できることが重要であるため、SIerの方の転身はしやすいと言えるでしょう。

④社内SE(システム企画)

社内SE(システム企画)は、その名の通り、自社内のシステムを統括し、円滑に運用していくことをミッションとしています。
時にはシステム刷新や新規システム導入の指揮を執り、ベンダーを調整し、場合によっては経営層に予算を取りに行くような業務をすることも多くあります。
また、日々社員のPCトラブルやキッティングなどを行う情報システム部としての機能を持つポジションも存在します。
もちろん、こちらも開発の経験は活かせるのですが、意外と社内の部門調整やコストカット施策の実施などで、社内でのコミュニケーションが必要となるため、交渉力と根気強さが必要な場合が多いです。
常駐に疲れたSIer出身者が希望することが多い社内SEですが、非常に人気且つ1名採用が多く、需要はあるが倍率が高く、合わせてコストセンターであるため、意外と年収が低いなどのネガティブポイントがあったりします。

⑤フリーランス

フリーランスに憧れるSEも近年多くなってまいりました。
企業に勤めず、案件ベースで受注を行い、個人事業主として活躍していくキャリアです。
自由度が高く、保険等に入らないことから年収が少し高いこともあり、近年フリーに転身する方も少なくありません。
一方で、案件を獲得し続けるためには確固たる技術力や営業力が必要であり、腕に自信がある方であれば、非常に活躍ができるキャリアかもしれません。
フリーランスで何年か活動したのちに、やはりどこかの企業に勤めたいというご意向で転職相談にいらっしゃる方もいらっしゃいますので、フリーランスなのか、それとも転職するのか慎重に判断する必要があるでしょう。

⑤SIer

2次請け、3次請けのSIerにいる方の中には、やはりお客様の顔が見えないので、実際にご自身が参画したプロジェクトの手ごたえ、やりがいを感じにくい、ということでプライム案件となる大手SIerへとご転職される方もいらっしゃいます。 またご自身の業務内容や年収、待遇など、より雇用条件の良い企業へと転職するケースもあります。
総じて年齢が若いほうがポテンシャル採用ということで採用確率が高まる傾向にありますので、動くなら早い方がいいでしょう。
年齢が上がると共に、PMスキルや企画力などSEとしての技術力だけでなく、どんなスキルを身につけているのか厳しく見られる傾向にありますので、市場価値の高いスキルを身につけることが大切であると共に、やはり転職エージェントに自身の市場価値について相談することが一番の近道かと思います。

SIer出身者が転職する際に気を付けるポイント

「SIerはもう将来性が無い、無くなっていく業界だ」という言葉を耳にしたことがあるかたもいるでしょう。はたしてそれは本当なのでしょうか?

私はSIerが完全に無くなる可能性はないと考えております。理由としては、これだけのIT技術の発展によりサービスは増えていきますし、それを構築するSEは引き続き人材不足が続くと考えられるからです。

一方で、事業会社の開発内製化やコンサルティングファームのITテクノロジーを活用したコンサルティングサービスの展開により、その市場規模が脅かされる可能性は非常に高いと考えられております。

なので、SIer出身者が意識すべきことは、今後生き残っていくためのスキル・経験を含めた、キャリアベースを作っていくことだと言えるでしょう。
そのために、キャリアを広げるための転職は非常に有効と考えられます。

SIer出身者の転職事例

前職:ポジション ご年齢 転職先
中堅Sier 保守運用系SE 20代前半 国内最大級のコンサルティングファーム:ITコンサルタント(第二新卒)
大手系Sier SE 20代後半 外資系コンサルティングファーム 経営コンサルタント
中堅Sier(プログラマー:javaでのシステム構築) 20代中盤 大手ソーシャルゲーム:ITエンジニア
大手IT企業の子会社Sier  20代後半 大手Webサービス企業 社内エンジニア(PM)
中堅Sier SE(常駐型)  30代前半 有名ネット系企業 社内システム運用
業務パッケージベンダー SE  20代中盤 業界特化ソフトウェア開発 セールスエンジニア
大手Sier(1部上場) 30代中盤 有名商社 情報システム部門
大手Sier インフラ基盤エンジニア(PM) 30代前半 監査法人 ITリスク・セキュリティアドバイザリー
国内最大手Sier 30代前半 大手アパレルメーカー システム企画(海外)
中堅Sier 業務系SE 20代後半 大手メディア企業 Webエンジニア


プライベートキャリア相談会も実施中!

キャリア相談会 ご転職をお考えの方、今後のキャリアをお考えの方を対象に、 ご志向に応じて各業界についての最新ニーズ、企業情報などの個別説明会を随時実施しています。完全プライベート・無料の相談会ですのでお気軽にご相談ください。



SE(ITエンジニア) 転職関連情報

SEの転職先

SEの転職先【異業種への転職】 システムエンジニアのネクストキャリア。転職先の選択肢とその採用動向や注意点をご紹介していきます。

女性SEの転職 - これからのキャリア

女性SEの転職 - これからのキャリア 女性ならではの悩みにぶつかる方向けに女性SEの転職について、その打開策や転職事例などをご紹介いたします。

SEからITコンサルタントへの転職 - 注意すべき転職時のポイント

SEからITコンサルへの転職 - 注意すべき転職ポイント いくつかSEからコンサルタントへの転職の際の注意ポイントをご紹介いたします。

SE・PGの転職

SE・PGの転職 各エンジニアポジションの転職事情やキャリアアップの機会などをご紹介いたします。

大手SierからITコンサルタントへの転職

大手SierからITコンサルタントへの転職 大手Sierからのキャリアの1つとしてITコンサルタントへの転職をお考えの方へ。

SEからITコンサルタントを目指す方への転職相談会

SEからITコンサルタントを目指す方への転職相談会 今後のキャリアのご相談やコンサル業界、最新ニーズなどについて個別説明会を随時実施しています。



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録