ベイン・アンド・カンパニーの特徴(結果主義)

movin:

本日はお時間を頂戴しまして誠にありがとうございます。
まず、ベイン・アンド・カンパニーの強みや特徴、働くうえでの醍醐味に関してお聞かせ頂けますでしょうか。

神谷様:

大きくは3つあります。1つ目は『結果主義』ということです。「結果にこだわる」ということなのですが、これに関しては恐らく他のファームも仰られている、ある意味使い古された言葉なのかな、という気もしています。しかしベインの一番の違いは、「きちんと財務的な数字が上がってくることを期待している」ということであり、それが「結果にこだわる」ということだと思っています。
私が経験した直近の事例では、経営再建に苦労されているリテール業界のクライアントのプロジェクトが挙げられます。リテールは変化が少ない業界だと思われるかもしれませんが、あるファンドが参画し、そこに我々が半年間買収後の立て直しで入り、そこから1年半弱でイグジットを果たしました。その時にEBITDAベースで3割というレベルで上がったんですね。ファンドの投資としては非常に大きな成功でした。実は私自身あまり期待してなかった部分もあったのですが、実際に数字に現れるということが本当にある、と実感しました。我々の取り組み全てが実を結ぶわけではないですが、実際に結果を目指して取り組むと、かなり高い確率で実現できるということが分かりました。こういった「結果に対するこだわり」というのが1つ目の特徴です。

movin:

なるほど。その「結果を出す」ということに対して、特に取り組まれていることなどはございますか?

神谷様:

実はクライアントにお伝えすることって、意外に「当たり前のこと」を言っていることがあります。実際のプロジェクトでも、クライアントが「そんなの知ってるよ」と思うような、クライアント内でも認識されていることを提案するということも多いのです。ただ、その「当たり前のこと」が実際にきちんとできているかというと、できていないことが非常に多いんですね。それをできるようにするためには何が必要か、ということを徹底的に解明していくことが重要なのだと思います。先程申し上げた店舗系リテールのプロジェクトでもやるべきことは「如何に店舗の売上を上げるか」という当たり前のことだったのですが、10個も20個もやりましょうと言うのではなく、「これとこれとこれは絶対やりましょう」と明確に伝えて、それらをとにかく徹底的に追い続ける。そして、追うために必要なことは全て実行してもらう、という形でした。 我々がそのクライアントに入り込んだ半年の間は、やるべきことができていない場合にそれがなぜできないのかを調べ、システムが問題であればシステムを作ったり、リソース不足であればリソースを足したり、徹底的に全ての原因を取り除いていき、最終的にこのような成果に繋がりました。だから、あまり飛び道具がある訳ではないと思うんですね。

movin:

やるべきことをやる。

神谷様:

はい。

movin:

半年の間に、クライアントの意識も変えてしまう位まで手を入れている、ということですよね。その後1年間は、クライアントが自走するものをモニタリングするだけで成功しているので。

神谷様:

そうですね。最初の3ヶ月で青写真を描いて、残りの3ヶ月はその実行をサポートさせて頂きました。「やるっていっても本当にできるの?」という意識がクライアント内にもありましたので、そこに並走する形で支援させて頂きました。例えばベインのチームメンバーが実際に店舗に入り込み、半分店長代理のような形で1~2日業務を行い、その後店舗のバックヤードで店長になりきってインカムを付けてスタッフに店の対応の指示を出したりもしました。「今はこうじゃなくて、こういう風にして下さい」というようなところまで一緒にやりました。

movin:

それは凄いですね。

神谷様:

そうしてみると描いてたプロセスプランが非常に些細なことで動かなかったりもするんですよね。例えば端末の位置が働いているスタッフの近くに無い、など様々な障害が浮き彫りになり、改善点が全部見えてくるわけです。それを一つ一つ解決していって、動かしていくんです。

movin:

なるほどですね。「当たり前のこと」と仰られますが、その当たり前のことをしっかりやれるところにも難しさがあると思うのですが。

神谷様:

まさに仰る通りです。当たり前のことであるが故に、クライアントも分かっているから、当然全て過去にトライされています。しかし、やはり動かない理由が何かあるんですよね。それは得てしてクライアントの内部で「触ってはいけないもの」だったりするのです。

movin:

なるほど(笑)。

神谷様:

まぁ、あえてそこはあまり遠慮せずに(笑)、不躾にズカズカと土足で上がり込んで、「これはこうなってるから動かないんですよね」と伝えます。「人が足りないんだったら足しましょう」とか、「こういう色々な無駄なプロセスがあるんでしたら止めましょう」とか。そういった提言ができるのは、ある意味外部コンサルタントの強みでもあり、多分それが求められている役割なのかなと思います。

ベイン・アンド・カンパニーの特徴(育成方針)

movin:

なるほどですね。わかりました。具体的にありがとうございます。
それではベイン・アンド・カンパニーの特徴の2点目に関してお教え頂けますか。

神谷様:

2点目は『キャリア育成の方針がかなりしっかりしている』という点です。私はベインにはコンサルタントとして入社し、最初は育成される立場で、途中から育成する立場になっていきました。育成されている時はプロジェクトが終わってレビューをもらう際に、色々なことを言われるので、「こんなことまで言われるんだ…」という感じだったのですが、いざ逆の立場になってみると、全ての自分の下にいるコンサルタントに対して同様のレビューをすることが如何に大変か、ということが非常によく分かりました。ベインは、この育成に対する労力のかけ方が凄いと思っています。先程申し上げたレビューは、1つのプロジェクトが終わる度にA4にして2~3枚程度のレポートとして与えられます。我々が書いたレポートは、パートナーなど様々な人がチェックをします。マネージャーにしてみると、仕事が終わってほっとしたところにこのレビューを書くという仕事があり、そのレポートについても色々と上から言われるという大変な作業ではあるんですけどね(笑)。

movin:

ですね(笑)。

神谷様:

はい。だから育成に対しては相当力を入れていると思います。
それ以外にも、半年に1度、全体のパフォーマンスの査定をやっています。ベインではこれをレビューミーティングと言っています。社内の大きな会議室にパートナー、プリンシパル、マネージャー全員が集まり、マネージャーより下のコンサルティングスタッフ一人一人の評価・育成について朝から晩まで丸1日かけて全員がディスカッションするんです。

movin:

それは凄いですね。

神谷様:

もちろん評価は人によるので何もなければ短時間で終了する場合もありますが、人によっては1人に30分位かけて、「この人のパフォーマンスはなぜこうなってるのか」、「どうすれば改善するのか」を議論します。議論されるテーマは、純粋にプロジェクトにおけるパフォーマンスの話もあれば、プロジェクト外での色々な活動の場合もありますし、海外へのトランスファーについて等、様々な議題があります。色々なテーマで「何をやればこの人は伸びるのか」ということを、パートナー、プリンシパル、マネージャーが全員集まって議論します。育成に対して注いでいるエネルギーや時間はかなりのもので、それこそ時間単価の高いパートナーやマネージャー陣が全員、丸1日10時間も拘束される機会損失は多大であるとも考えられると思うのですが、そこをあえて必要だと割りきって投資をしているというのが、やはりベインの特徴だと思います。
これが2つ目の「育成」に関する特徴で、「プロフェッショナルディベロップメント」と我々が呼んでいるものです。

ベイン・アンド・カンパニーの特徴(グローバル)

movin:

ありがとうございます。3点目はいかがでしょう。

神谷様:

3つ目は『グローバルである』という点です。私自身も5年位前のコンサルタント職の時に6ヶ月間、サンフランシスコにトランスファーをしたことがあり、そこで驚いたことがあります。それは、ベインは本当にグローバルでワンファーム、ワンベインであるということです。グローバルのどのオフィスでも、使う言葉もプロジェクトの進め方も全く同じなのです。
私はサンフランシスコで6ヶ月間1つのプロジェクトに最初から最後まで参画したのですが、プロジェクトの最初のミーティングでディスカッションする内容はほとんど東京と同じでした。「チーム運営についてこういうことを注意していこう」とか、「クライアントとのやり取りはこういう風にしていこう」など、きちんとプロジェクトを進捗させるために必要な「地ならし」のような部分まで東京と全く同じことをやっていました。いわゆる分析ツールやナレッジがグローバルで共有されていることはどのファームでもよくある話だと思うのですが、プロジェクトの運営や仕事の進め方に至るまで細かくグローバルで共通したものがあり、それがどの国でも徹底されているというのは、かなり凄いことなのではないかと思います。
もう1つ、『グローバルである』、という点について言及したいことがあります。それは、オフィス間の垣根が全くなく、世界のどのオフィスにも気軽に相談できる環境であるということです。マネージャーになると、プロジェクトのスタートアップ時に色々な人から仮説を聞きたいのですが、社内の情報共有システムでは物足りない時に気軽に他のオフィスのコンサルタントに相談できる環境が整っています。ベインでは「グローバルエクスチェンジセンター」という、一定のプロジェクト情報を共有できるシステムがあり、そこに色々な過去のプロジェクトの知見が蓄積されているのですが、そこに掲載されている情報だけではよく分からないことも多いんです。そういう時に他のオフィスのコンサルタントに電話やメールをしてみて、「こういったことが今うちのプロジェクトで問題なんだけど…?」という形で聞いてみると、それにしっかりと答えてくれますし、メールをして返事が来ないという経験はほとんどありません。
それはどんなに偉いパートナーであっても同様です。「これはパートナーだな」と思ってメールを送ってみると、やはりそれに返事がくるのですが、よくよくその人の経歴を見ると、ベインに入って40年経っているシニアパートナーだったりして、「そんな人だったんだ」と後で気付くというようなこともありました(笑)。
ベインでは、そういう人達でもフランクにコミュニケーションしてくれます。そこに上と下の垣根もないですし、オフィス間の垣根もないという点は非常にやり易いですし、手間がかかることでも対応してくれるグローバルの文化というのは凄いことだと思いますね。



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録