【日本オラクル】ハードとソフトの進化により、さらにコストパフォーマンスが高まった「Oracle Database Appliance X5-2」。その進化の内容は?

Oracle RAC開発陣が手掛ける“RACに最適なDBアプライアンス”が大幅に性能向上。強化ポイントは三つ

 「Oracle Database Enterprise Edition」を中核に、データベース基盤構築に必要となるハードウエアとソフトウエアを最適な形で構成したオラクルのEngineered Systems。そのラインアップの中でも、「Oracle Database Standard Edition」からのステップアップ先として支持され、高い性能とコスト効率で部門や拠点単位での導入に最適な「Oracle Database Appliance」がバージョンアップし、第4世代の「Oracle Database Appliance X5-2」として登場した。ハードウエア構成が大幅に強化され、従来よりもさらに高いコストパフォーマンスを実現するデータベース基盤へと進化している。日本オラクルの山本祐介氏(製品戦略事業統括本部データベースコア製品推進本部プロダクトラインマネジャー)に、Oracle Database Appliance X5-2の主な強化ポイントを聞いた。

 国内では2011年に販売を開始したOracle Database Applianceは、可用性と信頼性の高い「Oracle Real Application Clusters」(RAC)構成のデータベースシステムを、アプライアンス製品ならではのシンプルさで導入/運用できる基盤製品として広く採用が進んでいる。Oracle RACの開発チームが自ら設計を行っていることもあり、特にRAC構成を組む際のコストパフォーマンスを最大化するハードウエア/ソフトウエア構成が取られている。

Oracle Database Applianceは、製品の核となるOracle Databaseに、中小規模システム向けのStandard Editionではなく、大規模システム向けのEnterprise Editionを搭載(X5-2はバージョン11g、12cをサポート)。利用するCPUのコア数に応じてライセンスを購入できる「Capacity-On-Demandライセンス」を採用しており、必要最小限のコア数/ライセンス数で導入するスモールスタートが可能な点も大きな特色だ。ライセンスコストの問題からOracle Database Standard EditionでRACを組んでいる企業は、Oracle Database Applianceに移行することで、データベース基盤全体のコストを現状と同等レベルに抑えつつ、より高いパフォーマンスや信頼性を備えたデータベース基盤を手に入れることができる。もちろん、将来的な業務量の増加や可用性へのニーズの高まりに応じたスケールアップも容易に行える。

最新のOracle Database Appliance X5-2では、前世代のX4-2と比較して、まずアプライアンスを構成するハードウエアコンポーネントがより高性能なものへと置き換えられ、全体的なパフォーマンスが大きく向上している。CPUの世代は開発コード名「IvyBridge-EP」から「Haswell-EP」となり、コア数も従来の48コアから72コアへと1.5倍に増えた。X4-2では2ノード合計で512GB(DDR3)固定だったメモリも拡張が可能になり、最大1536GB(DDR4)まで増設することができる。

 その他、HDD容量は64TB(最大128TB)、SSDはキャッシュ用途に1.6TB(最大3.2TB)、ログ保存用に0.8TB(最大1.6TB)と、いずれも3〜3.5倍の大容量化が行われている。

価格性能比の高さも大きな魅力だ。Oracle Database Appliance X5-2の標準価格は約740万円だが、ハードウエアスペックの向上と、以降で紹介するソフトウエア面での最適化によって得られるシステム性能や集約率向上などの効果により、X4-2を上回る価格性能比を実現しているという。同等の性能を備えた汎用ハードウエア製品を個別に購入してシステムを組み上げる場合と比較した場合、その優位性は圧倒的なものとなる。

こうした特徴を備えるOracle Database Appliance X5-2について、山本氏は次のように語る。

 「特に近年は、『散在する多くのデータベースを集約してコスト削減を実現したい』というお客さまの声が高まってきています。その際には、データウエアハウス(DWH)とOLTPなど、異なるワークロードを持つ多数のデータベースの集約が必要となるケースもあるでしょう。Oracle Database Appliance X5-2は、ハードウエア/ソフトウエアの進化により、そうしたケースにおいてもさらに高い集約率を実現するデータベース統合基盤として大きく進化したのです」

 山本氏は、Oracle Database Appliance X5-2の強化ポイントとして、次の三つを挙げる。

Oracle Database Appliance X5-2の強化ポイント

フラッシュ技術の活用
Oracle Database In-Memory向けの機能強化
管理性の向上

続きはこちらから
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1506/03/news004.html

2015年 6月3日
参照オラクルデータベースインサイダー

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録