【富士ソフト】自動車向け 組み込みソフトビジネスに異変 オープン化にどう対処するか

長らくプロプライエタリな環境が続いた自動車向け組み込みソフトウェア業界だが、ここへきて欧州発のオープンなベーシックソフトウェア「AUTOSAR(オートザー)」の存在感が急速に高まっている。組み込みソフトの“牙城”とされる自動車分野を切り崩されないために、日本の組み込みソフト開発ベンダーはどう対処しようとしているのかを取材した。

●車載ECUに地殻変動が起こる

 組み込みソフトの主戦場の一つである自動車向けビジネスに地殻変動が起きている。欧州発のオープンなベーシックソフトウェアのAUTOSARがいよいよ本格的な普及期に差し掛かる可能性が高いからだ。

 AUTOSARは欧州発の車載ECU(電子制御ユニット)向けベーシックソフトで、OSや通信制御、ドライバーなどを内包している。仕様は欧州の標準化団体が中心になって策定しており、実装(ソフトウェアとしてプログラミングすること)は、ソフト開発ベンダー各社が行っている。

●ソフト開発費がうなぎ登り

 組み込みソフト開発ベンダーにとって自動車関連メーカー向けのビジネスは、(1)車載ECUと(2)カーナビなど車載情報系の主に二つの領域に分かれる。後者はスマートフォンの普及が影響するかたちで価格が大幅に抑制されているのに対して、前者の車載ECUは堅調に推移している。自動車関連メーカー側からみれば、新車の研究開発コストで「ソフトウェア開発に占める比率が半分を超えることも珍しくない」(組み込みベンダー幹部)といわれるほど車載ECUを中心としたソフト開発費の高騰が頭の痛い問題にもなっている。

警戒心を最高レベルに
組み込みソフトベンダーの戦略を追う

 急速に存在感を増すAUTOSARを巡って、日本の組み込みソフト開発ベンダーは一様に警戒心を高めている。車載ECU向け組み込みソフト開発ビジネスの事業環境が大きく変わろうとしているなか、組み込みソフト開発ベンダーの戦略を追った。

●看過できず、読み切れず

 独立系SIerで組み込みソフト開発最大手の富士ソフトは、業界に先駆けてAUTOSARの研究に取り組んでいる。同社では、リアルタイムOSの研究で有名な高田広章・名古屋大学教授が会長を務め、日本のAUTOSAR研究の中心的な役割を担っているTOPPERSプロジェクトに自社の技術者を常駐させ、日々進化する技術動向を追ってきた。

 富士ソフトで自動車向け組み込みソフト事業を担当し、自らもTOPPERSプロジェクトの理事を務める三木誠一郎・執行役員ASI事業部長は「まずは日本においてAUTOSAR技術者の母数を増やすことが欠かせない」と判断。今年4月に車載ソフトウェア技術者向けの「AUTOSAR開発体験キット」の販売をスタート。富士ソフトの技術者らがAUTOSARを学ぶうえで制作してきたAUTOSAR関連ソフトや教材、評価用のマイコンボードなどを、広く業界内外に販売することで、技術者のすそ野を広げることから始めている。

●AUTOSARと“協調制御”

 独立系SIerで組み込みソフト事業に力を入れるコアの田村謙太郎・営業統括部ソリューション担当統括課長は、あくまで一般論と前置きしたうえで、「欧州の自動車メーカーにECU関連製品を納入している日本の部品メーカーはAUTOSARを意識せざるを得ない」とみている。松村竜之介・デバイスソリューション部技術部長は「AUTOSARはOSS(オープンソースソフト)のようにソースコードこそ開示していないが、仕様は公開されているオープンアーキテクチャ系のOSと理解している」と、従来のプロプライエタリなECUの設計思想とはまったく異質なものだと指摘する。

●「商機はまだ十分にある」

 前述したように、AUTOSARは仕様が公開されているオープンアーキテクチャなので、理論的には誰でもAUTOSAR準拠のOSを開発できる。ただ、日本のソフト開発ベンダーが実際にAUTOSARを開発するかといえば、意見が分かれるところだ。AUTOSAR準拠の組み込み系コンポーネントの開発はしても、「ベクターなど先行するベンダーがいるのに、いまさらOSを開発するなんてあり得ない」(ある組み込みソフト開発ベンダー幹部)と消極的な見方があるのも実際のところだ。

 こうした見方に対して、ソフト開発の豆蔵は、SCSKなどと組んでAUTOSARのOSを含むベーシックソフト開発を表明している。豆蔵の担当領域はベーシックソフトウェアや開発支援ツールのアーキテクチャ設計で、同社の福富三雄取締役は、「事業化に向けて取り組んでいる最中」という。

AUTOSAR開発ベンダーのベクター・ジャパン
「完成度高い」と高く評価
それでも、当初は「逡巡」があった

 「AUTOSAR」は複数のソフトベンダーが開発しているが、そのうちで最もシェアを伸ばしているのがドイツに本社を置くベクターだ。同社は自動車の車載ネットワークの信号解析ソフトや通信制御ソフトなどを開発しているベンダーとして有名で、これまでにも同分野で数々の“デファクトスタンダード”となるベストセラーソフトを開発してきた。AUTOSARに関しても、早い段階から開発に取り組んでおり、AUTOSAR準拠のOSを含むベーシックソフトウェアで「最も高い完成度」(日系大手組み込みソフト開発ベンダー幹部)と高く評価されている。

 そのベクターでさえ、AUTOSARへ本格参入するときは、社内で逡巡があったという。ベクターが強みとする自動車の車載ネットワークは、リアルタイム性が強く求められるため、遅延を極力なくす特殊な通信制御を行っている。同社はこの分野で強みをもつが、AUTOSARによって車載ECUの標準化・オープン化が進むことで、これまでベクターが独占的に優位性を発揮してきた通信制御の部分も「競争環境にさらされる」(ベクター・ジャパンの藤崎賢一・組込ソフト部部長)のではないかとの意見が社内で出てきた。

2015年 8月20日
参照BCNBizline

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録