IT転職・SE転職 >  ITコンサルティングファーム企業(IT・Web系会社)一覧 >  総合系コンサルティングファーム企業一覧 >  プライスウォーターハウスクーパース(PwC・旧ベリングポイント)

プライスウォーターハウスクーパース(PwC・旧ベリングポイント)

ディールアドバイザリーとコンサルティングサービスを提供するグローバル大手総合系コンサルティングファーム。
M&Aや事業再生・再編の専門家の集まるディールズ部門と経営戦略の策定から実現まで総合的に取り組むコンサルティング部門が連携し、クライアントの皆様へ広範囲な統合的ソリューションを提供。
世界157カ国776都市に184,000人以上を有するPwCグローバルネットワークの専門性やナレッジを活用するとともに、PwC Japan における監査(あらた監査法人)・税務(税理士法人プライスウォーターハウスクーパース)といったスペシャリストと連携し、多様化、複雑化する経営課題の解決に適した支援体制を構築。
今までの経緯としては、2002年8月に朝日アーサーアンダーセンとKPMGコンサルティングが事業統合し、ベリングポイントに社名変更。
2009年5月ベリングポイントからプライスウォーターハウスクーパース コンサルタントに社名変更。
2010年1月にPwCグループがプライスウォーターハウスクーパース コンサルタントを買収し、PwCアドバイザリーと経営統合。

プライスウォーターハウスクーパースについて

会社概要:プライスウォーターハウスクーパース(PwC・旧ベリングポイント)

社名 PricewaterhouseCoopers Co., Ltd.
資本金 18億8,800万円(2013年6月30日現在)
設立 1999年6月15日
所在地 東京都中央区銀座8丁目21番1号 住友不動産汐留浜離宮ビル
従業員数 約1,300名 (2013年6月30日現在)

特徴:プライスウォーターハウスクーパース(PwC・旧ベリングポイント)

・グローバルネットワークによる豊富な経験

・M&A/フィナンシャルアドバイザリー、監査、税務を含め、戦略から業務、ITまでトータルで一貫したコンサルティングサービスを提供できる

・元々は2つの監査法人が母体とするコンサルティング部門(アーサーアンダーセンとKPMGコンサルティング)が統合したため、会計士など会計に強い人材が多く、更にPwCメンバーファームとなり、財務会計領域では、No1(数百人体制)。

組織体制:プライスウォーターハウスクーパース(PwC・旧ベリングポイント)

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の組織体制は、大きく ソリューションと業種のマトリックス組織。

組織再編や業務改革など、企業の自立的成長戦略を提供するコンサルティングサービスと、事業の立ち上げを迅速・効率化するM&Aや提携など、企業の外部成長戦略を提供するディールアドバイザリーの2つのアプローチ。
常に変化する企業活動を高い専門能力で支援するディールアドバイザリー部門では、ワールドクラスのハイブリッド型サービスを提供しています。特にM&A、事業再生・再編の分野では国内外で優れた実績を持ち、高い評価を受けている。
コンサルティングサービスでは、クライアントのさまざまな経営課題を解決するため、トータルな視点でそれぞれのクライアントに最適なソリューションを総合的に提供。

また、各産業特有の課題に焦点を当てた問題解決をするため、業種別チームを編成し。ディールおよびコンサルティングそれぞれの専門部隊との連携で、クライアントの実情に合ったソリューションを提供。

【ディールアドバイザリー】 ・事業再生サービス(ビジネスリカバリー)
・トランザクション・アドバイザリー(コーポレートファイナンス 、マージャーインテグレーション(DDV) )
・バリュエーション
・官民パートナーシップ・民営化・プロジェクトファイナンス
・不動産関連サービス

【コンサルティング】 ・戦略
・ファイナンス&アカウンティング(F&A)(会計・経営管理)
・カスタマーリレーションマネジメント(CRM)
・サプライチェーンマネジメント(SCM)
・人事・チェンジマネジメント
・ガバナンス・リスク・コンプライアンス
・テクノロジー

【業界別】 ・CS(製造流通サービス:Customer Sector)
-自動車
-素材・鉄鋼・化学・繊維
-重工業・産業機械
-医薬
-消費財・小売・流通
-航空・運輸
-電力・ガス・水・エネルギー
-ハイテク
-情報通信・メディア
-総合商社

・FS(金融:Finance Sector)
-銀行・資本市場
-不動産
-ノンバンク
-保険

・PS(官公庁・公的機関:Public Sector)
-政府・公的機関
-教育
-ヘルスケア

事業領域:プライスウォーターハウスクーパース(PwC・旧ベリングポイント)

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、M&Aや事業再生の分野で国内有数の実績を誇り、高度なディールアドバイザリーのサービスを提供できる専門家を多数擁しています。
また、戦略立案からITソリューションの導入・運用まで、一貫したコンサルティングサービスを提供し、顧客企業の収益力改善・競争力強化に貢献します。
PwCのネットワークを生かし、IFRS関連のコンサルティングサービスや、戦略的税務コンサルティングにも大きな強みを持っています。

【ディールアドバイザリー】 プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、PwCのグローバルネットワークを活用し、案件の発掘から実行局面での戦略的なデューデリジェンス、バリュエーション、ストラクチャリング、事業計画およびファイナンシャル・モデリング、交渉支援および案件の価値向上を達成するポスト・ディール・サービスを、国内・海外の案件を問わず一貫して提供します。
また、事業の売却や出口戦略の立案のほか、不動産関連事項についての各種ソリューションの提供も行います。
さらに、事業再生においては、事業の浮沈を左右する出来事に対峙するクライアントがターンアラウンドできるよう、財務の専門家と事業に精通したコンサルタントが協働してさまざまなソリューションをクライアントに提供します。

■ソリューション一覧
・事業再生サービス
・トランザクション・アドバイザリー
・バリュエーション
・官民パートナーシップ・民営化・プロジェクトファイナンス
・不動産関連サービス

【コンサルティングサービス】 プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、PwCのグローバルネットワークを活用し、経営戦略の策定から実行まで顧客企業にとって最適なソリューションを総合的に提供しています。
クライアントの属する業界や最新動向に精通したプロフェッショナルが、事業戦略の立案、財務・会計・オペレーション・人と組織の変革、情報システムの導入など幅広く対応し、グローバル化する企業の経営課題の解決を支援しています。

■ソリューション一覧
・戦略コンサルティング
-コーポレートストラテジー
-ビジネスストラテジー
-オペレーションストラテジー

・ファイナンス&アカウンティング(F&A)(会計・経営管理)コンサルティング
-組織再編後の業務統合(PMI:Post Merger Integration)
-グループ経営管理再構築
-コーポレートパフォーマンスマネジメント(CPM)
-予算管理
-ビジネス・インテリジェンス(BI:Business Intelligence)
-内部・IT統制改革
-IFRS対応ソリューション
-決算早期化
-経理業務プロセスの全体の効率化
-シェアード・サービスセンター(SSC:Shared Services Center)設立
-コストマネジメント再構築
-会計システムの再構築
-固定収益マネジメント

・カスタマーリレーションマネジメント(CRM)コンサルティング
-チャネル&カスタマートランスフォーメーション
-カスタマーインサイトマネジメント
-マーケティング・トランスフォーメーション
-セールス・トランスフォーメーション

・サプライチェーンマネジメント(SCM)コンサルティング
-業務改革QuickScan
-ERPプロジェクトレスキュー
-見える仕組みの最適化
-グローバル需給調整構築

・人事・チェンジマネジメント コンサルティング
-HRM Strategy(人事戦略/制度立案)
-HR Transformation(人事変革)
-HR Technology(人事情報技術/システム構築)

・ガバナンス・リスク・コンプライアンス コンサルティング

・テクノロジーコンサルティング
-ITストラテジック・コストテイクアウト
-IT部門におけるビジネスアナリスト育成支援
-Enterprise Architectureの導入支援
-サーチソリューション

【フォーカスソリューション】 プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、個別のソリューションを越えてクライアントに合わせたさまざまなサポートを行っています。
高い専門性をもったプロフェッショナルが集結し、クライアントの経営課題の解決に向けて高品質のサービスを提供しています。

■ソリューション一覧
・モバイルソリューション
-スマートフォンを活用したパーソナルイノベーションの実現により、企業の変革を支援します。

・ファミリービジネス向けサービス
・IFRS
-PwC Japanでは約2,000名のIFRSサービス体制を有しており、クライアントニーズに基づいた適切なチーム編成でサービスを提供しています。

・中国ビジネス支援サービス

出版物:プライスウォーターハウスクーパース(PwC・旧ベリングポイント)

Q&A 国際財務報告基準(IFRS)

Q&A 国際財務報告基準(IFRS)

著者名:あらた監査法人 (編集), プライスウォーターハウスクーパース (編集)
出版社:税務研究会出版局
出版年:2010年12月
IFRSの採用(アドプション)が、欧州、カナダ、オーストラリア、韓国などで進められ、会計基準が国際化に向けて大きく転換する中、我が国においても、2010年3月期からすでにIFRSの任意適用が始まっています。さらに、上場企業に対するIFRSの強制適用の判断も目前に控えています。
この状況において、日本においても、IFRSの適用による実務への影響を適切に把握した上で、実際の適用への準備を進めていくことが求められています。
本書は、昨年出版されご好評いただきました、『Q&A 国際財務報告基準(IFRS)』について、その後の基準の動向をアップデートし、IFRS適用プロジェクトに関するQ&Aを追加した改訂版となります。
初版を踏襲し、「第Ⅰ部 IFRSの概要と個別論点」、「第Ⅱ部 IFRSが日本企業に与える影響」の2部構成としたQ&A形式でまとめあげ、内容をさらに増強した上で平易に解説しています。
第Ⅰ部では、IFRSの会計処理に関するQ&Aについて日本基準との差異を織り交ぜながら解説しています。第Ⅱ部では、IFRS導入にかかるビジネス、プロセスへの影響など、導入にあたっての留意点について平易に説明しています。
amazonで購入する

M&Aを成功に導く財務デューデリジェンスの実務(第3版)

M&Aを成功に導く財務デューデリジェンスの実務(第3版)

著者名:プライスウォーターハウスクーパース (編集)
出版社:中央経済社
出版年:2010年9月
PwCの最新グローバル実務をもとに、経済環境の変化や国際会計基準導入などの会計制度の変化を踏まえ、大幅に改訂した第3版。
全世界共通のアプローチを適用し、デューデリジェンスの報告書を効率良く適切に作成することだけでなく、デューデリジェンスの検出事項をバリュエーションに反映して交渉をいかに有利に進めるか、さらにM&A契約書においていかに対応するかをもカバーしています。
amazonで購入する

M&Aナレッジブック - ディシジョンメーカーのための羅針盤

M&Aナレッジブック - ディシジョンメーカーのための羅針盤

著者名:プライスウォーターハウスクーパース株式会社 (編集), 税理士法人プライスウォーターハウスクーパース (編集), あらた監査法人 (編集)
出版社:中央経済社
出版年:2010年5月
企業活動の国際化や事業環境の急速な変化が進む中、企業はその事業領域の選択と集中を進める過程でM&Aやグループ内の再編を行っています。一方で、M&Aをめぐる関連法制度の整備により、採用しうるストラクチャーの選択肢の幅が広がるとともに会計・税務も複雑さを増しており、 M&Aを成功させるために留意するべき点も多岐に渡るものとなっています。 こうした環境下、検討の俎上に載せられた具体的なストラクチャーに対して、会社経営者や経営企画部門の責任者が意思決定を行うに際して、各々が持っておくべき知識および考慮するべき点をコンパクトにまとめたガイドブックを企画しました。
本書は、企業の経営者やM&A企画部門の責任者を対象に、アドバイザーとしてM&A業務に携わってきた実務家がその経験に基づき、M&Aの成否を分けるポイントとなる点について解説しています。
amazonで購入する

イチバンやさしいIFRS(国際財務報告基準)

イチバンやさしいIFRS(国際財務報告基準)

著者名:プライスウォーターハウスクーパース (編集)
出版社:中央経済社
出版年:2010年3月
IFRSの導入は、経理・財務の分野だけではなく、企業の経営全般に大きく影響を与えると言われています。そこで本書は、経理担当者以外にとっても一番わかりやすいIFRSの入門書を目指し、忙しいビジネスマンでも短期間で読めるつくりになっています。初心者にもやさしく、かつ専門家にも何かしらの気づきを与えることを目的に、見開き1ページで完結するQ&A方式で、「IFRSとは何か」から、実際のプロジェクトの進め方まで幅広い情報をわかりやすくまとめています。 amazonで購入する

アジアM&Aガイドブック

アジアM&Aガイドブック

著者名:プライスウォーターハウスクーパース株式会社 (編集), 税理士法人プライスウォーターハウスクーパース (編集)
出版社:中央経済社
出版年:2010年2月
常に利益を計上しなければならない企業の宿命を考えれば、中・長期的な視点で日本企業が進むべき道は、需要増加が見込まれる海外市場への進出と低価格生産を目的とした海外生産拠点を求めてのM&A活動となることは容易に想像できます。
また、物理的距離、地域的発展性および文化的親和性を考えると、日本企業にとってアジアは、重要な戦略的地域であるといえます。
アジアにおける日本の地位が相対的に低下していく近未来の現実を前にして、日本企業がなすべきことは何か、を考えるのに適した1冊。
amazonで購入する

このファーム・企業への転職相談(無料) 転職のご相談、サポートはすべて無料です。業界に精通したキャリアコンサルタントがサポートいたします。

コンサルティングファーム・企業一覧



ムービンの転職サービスについて

ITコンサルタント 転職情報

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容 ITコンサルタントの仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたります。

求められるスキル

求められるスキルとは? IT知識だけではなく、コンサルタントとしての基礎能力も必要となってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 仕事内容や、求められる役割、企業の3つの視点からSEとITコンサルタントの違いを見ていきます。

SEからコンサルになる方法

SEからコンサルになる方法 アプリ、インフラエンジニアからコンサルタントへのキャリアアップ方法をご紹介いたします。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

採用動向

採用動向 最新のコンサルタント(経営・IT)、IT関連企業の採用動向です。詳細は弊社までご相談ください!

ITコンサルタント 関連情報

ITコンサルタント 転職情報
転職成功事例
求人情報
主要企業一覧
特集コラム
IT・業務コンサルタント求人情報


初めての方へ

無料転職相談・登録

30~35歳のためのキャリア相談会 30代からのキャリア構築。いつ、どのタイミングで転職をすべきなのか。その方法をご紹介いたします。

セミナー情報

立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 実際にどんなファームや部門があるのか、もっと詳しく話を聞いてみたいという方は是非一度ご相談ください。

アビームコンサルティング ITMSセクター 1日選考会 アビームコンサルティング ITMSセクター 1日選考会 2016年11月19日(土)

監査法人トーマツ 説明会兼選考会 監査法人トーマツ システム監査他職種、説明会兼選考会 2016年7月26日(火)

ウルシステムズ キャリアセミナー ウルシステムズ キャリアセミナー 【随時開催中】

株式会社SHIFT 休日選考会 株式会社SHIFT 休日選考会 2016年11月12日(土) 10:00~17:00

その他、セミナー情報はこちらから

アクセンチュア 第二新卒選考会! 経験不問!コンサルタントになるチャンスです!是非この機会をご利用ください!!

amazon 非公開ポジション企業の転職相談会 非公開ポジション企業の転職相談会 第1弾 amazon !!

フューチャーアーキテクト 個別転職相談会 過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファームです!完全無料プライベート相談会!

デロイトトーマツコンサルティング 未経験からのコンサルタント 大手外資系コンサルティングファーム、DTCにて若手・経営コンサルタント(Pool部門)を積極募集中です! その他部門はこちら

リクルートライフスタイル 求人特集 ホットペッパービューティ、じゃらんなど、全国規模のWebサービスを手掛けることのできるポジションです!

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
ご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

Page Top

ご自身では気づかれない可能性を
見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.