日本総合研究所

シンクタンク、コンサルティング、システムインテグレーションという3つ事業を軸に、各事業部門がクライアントのニーズに合わせ横断的に連携しチームを編成することにより、適切でスピーディーな付加価値を創出。
「新たな顧客価値の共創」を基本理念に、30年かけて培ったIT技術とコンサルティングを総合的に提供。インキュベーション事業にも注力。

日本総合研究所について

会社概要:日本総合研究所

社名 株式会社日本総合研究所
代表取締役 藤井 順輔
設立 1969年2月20日
所在地 東京都品川区東五反田2丁目18番1号 大崎フォレストビルディング

特徴:日本総合研究所

調査部、創発戦略センター、総合研究部門、システム開発部門の大きく4つの部門で構成。 コンサルティングを司る組織は約200名の所帯で、大企業・グローバル案件中心に手掛けるSID事業部(社会産業デザイン事業部)と民間企業のうち中堅企業の案件を中心に手掛けるRCD事業部(リサーチ&コンサルティング事業部)に分かれる。
SID事業部は約70名の所帯でヘルスケア・インフラ関連・グローバル案件にfocusした経営コンサルティングを展開。
RCD事業部は約180名が所属、東京120名/大阪60名の構成。

事業概要:日本総合研究所

【業務別】

経営戦略・事業戦略
経営戦略については、グローバル化された大企業から中小・新興企業に至るまで多くの現場で実践されています。日本総研では、こうした多くの経営・事業の事例、多様な理論、さらには私たちの豊富なコンサルティング実績を体系的に整理し、企業規模、業種を問わず、顧客にとって最適な戦略策定から実行まで、成長・変革のパートナーとして支援しています。

グループ経営、M&A・ポストM&A
日本総研は、「グループ価値追求」を基本コンセプトとして、これまでの豊富な実績に基づき、グループ経営関連の多種多様な課題の解決を支援しています。

経営管理・財務戦略
日本総研では、経営意思決定システムと組織マネジメントの視点からの経営管理体制の構築を支援するとともに、財務機能・組織体制や財務的意思決定システム(運用・調達の両面)といった財務基盤の構築を支援しています。

事業再生・経営改善
日本総研は、豊富な実績に基づいて複数の事業再生プラン立案と客観的な評価を行い、事業再生を支援します。

マーケティング・営業力強化
日本総研では、実戦型のコンサルタントが、単なる分析や提言だけに終わらせることなく、現場レベルで成果を出していくためのマーケティング力強化、営業力強化を具体的にサポートしています。

新規事業開発
日本総研は、クライアントと共に新たな企業価値を生み出すパートナーとして、企業の潜在力を引き出し、新規事業の成功による成長を支援しています。

中堅・中小企業/オーナー経営支援
経営者の方々の構想を実現するべく、組織再編、制度設計、業務プロセス刷新、情報化推進などの計画策定から実行支援、後継者育成、事業承継に至るまで、オーナー経営者の方々の「参謀役」として、さまざまな形での支援を行っています。

IT化推進
ITを企業価値創造ツールとして位置付け、情報システム化構想や計画策定とともに、事業革新、事業価値創造の具体的な提案から施策の実行、定着化までを総合的にサポートしています。

技術戦略・イノベーション
日本総研は、研究開発や事業の「現場」にこだわり、その組織や人財の特徴を全面的に生かし、技術革新を生み出す企業人財の創意工夫を加速することで、技術価値を創造することに全面的にサポートいたします。

CSR・環境経営の推進
日本総研では、「経済性」に限らない多様な価値尺度で製品、サービス、企業、市場を評価しながら、多くのステークホルダーからの期待に応えるという理念の実現をサポートしています。

業務改革・BPR・SCM
競争力の向上、経営の効率化、内部統制の適正化を主な目的に、民間企業および公的法人のビジネスシステムを抜本的に変革することを支援しています。

人事・組織・人材開発
環境変化の大きさとそのスピードに負けない「洞察力」と豊富な経験に裏打ちされた「実行力」をもって、真に「成長したい、変革したい」というクライアントの願いに応える「頼れるインテリジェント集団」として、調査・設計から導入・運用、定着化まで徹底して支援しています。

【産業別】

・農林水産
・建設・不動産
・食品
・医薬品
・鉄鋼・金属製品・機械
・電気機器・精密機械
・輸送用機器
・エネルギー ・情報・通信
・メディア・コンテンツ
・運輸
・流通
・金融ビジネス
・教育
・医療・福祉
・官公庁・外郭団体
・その他

出版物:日本総合研究所

税と社会保障の抜本改革

税と社会保障の抜本改革

著者名:西沢和彦
出版社:日本経済新聞出版社
出版年:2011年6月
危機的な財政難。もう先送りは許されない。解決のため政府が検討している「税と社会保障の一体改革」とは何か。消費税、所得税、年金、医療、子ども手当など税・社会保障を取り巻く課題を徹底追求し、あるべき改革の道筋を提言! amazonで購入する

消費するアジア  新興国市場の可能性と不安

消費するアジア  新興国市場の可能性と不安

著者名:大泉啓一郎
出版社:中央公論新社
出版年:2011年5月
近年、アジア新興国の経済発展は著しく、大都市(メガ都市)の景観は先進国と変わらなくなっています。もはや国レベルの平均化された指標から、メガ都市が牽引するアジアの成長のダイナミズムを把握することはできません。そこで本著では、メガ都市の成長と消費市場の変化からアジア経済の現状と展望について新しい見方を示すとともに、所得格差拡大やエネルギー・資源問題などにも目配りし、アジアにおけるわが国の新しい立ち位置を提示しています。 amazonで購入する

なぜ、日本の水ビジネスは世界で勝てないのか

なぜ、日本の水ビジネスは世界で勝てないのか

著者名:井熊均
出版社:日刊工業新聞社
出版年:2011年1月
新興国・途上国市場を中心とした水ビジネスが活発化している。その中で日本企業は独自の魅力を生かした戦略を打ち立てられるかが、水ビジネスでの成功の鍵を握っている。本書は水ビジネスにまつわるシステムを見直し、日本の強みを生かしたビジネスモデルを提言する。 amazonで購入する

スウェーデン・パラドックス

スウェーデン・パラドックス

著者名:湯元健治 共著
出版社:日本経済新聞出版社
出版年:2010年11月
高福祉のイメージばかりが先行するスウェーデン。しかしその高福祉は、激しい競争による高成長で維持されているのだ! 赤字財政と低成長に苦しむ日本への改革のヒントに満ちたスウェーデンの経済システムを解明。 amazonで購入する

金融システムの将来像

金融システムの将来像

著者名:株式会社日本総合研究所
出版社:社団法人金融財政事情研究会
出版年:2010年10月
世界金融危機を契機として、金融の世界が大きく変化しています。世界の経済はアジアが牽引し、グローバルなマネーフローが大きく変化しています。さらに、国際的な規制強化により金融機関はその姿を大きく変化させるでしょう。しかし、現在の見直し議論に陥穽はないでしょうか。そもそも望ましい金融の規制とはどのようなものでしょうか。また、今後のわが国の金融機関経営を考える上で、地域振興を目的とした地域金融戦略や、アジアを中心とした海外戦略をどのように考えればよいでしょうか。本書では、実証的な調査研究によりこれらの課題に対する指針を提示しています。 amazonで購入する

不安定化する中国

不安定化する中国

著者名:三浦有史
出版社:東洋経済新報社
出版年:2010年10月
改革・開放路線によって経済成長を遂げた中国は、1人当たりの所得を増やすことで社会の安定性を高めることができました。しかし、この成長モデルは限界に達しつつあります。中国では、所得格差だけでなく、医療格差、教育格差、年金格差が著しく、社会の階層化が進んでおり、社会の不安定化が不可避となっているからです。本書では、中国崩壊論でも、中国大国化論でもない、世帯の生活実感からみた中国の姿を膨大なデータを使った丹念な分析によってあぶりだすことを試みました。 amazonで購入する

デフレ反転の成長戦略

デフレ反転の成長戦略

著者名:山田久
出版社:東洋経済新報社
出版年:2010年7月
なぜ物価と賃金が下がり続けるのか?なぜ金融政策が効かないのか?日本経済を破綻に追い込みかねない「負の連鎖」をミクロ・マクロの両面から鋭く分析。突破のカギとなる“企業サイドの戦略シフト”と“政府の政策大転換”を訴える話題の書。 amazonで購入する

このファーム・企業への転職相談(無料) 転職のご相談、サポートはすべて無料です。業界に精通したキャリアコンサルタントがサポートいたします。

コンサルティングファーム・企業一覧



ITコンサルタント 転職情報

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容 ITコンサルタントの仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたります。

求められるスキル

求められるスキルとは? IT知識だけではなく、コンサルタントとしての基礎能力も必要となってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 仕事内容や、求められる役割、企業の3つの視点からSEとITコンサルタントの違いを見ていきます。

SEからコンサルになる方法

SEからコンサルになる方法 アプリ、インフラエンジニアからコンサルタントへのキャリアアップ方法をご紹介いたします。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

採用動向

採用動向 最新のコンサルタント(経営・IT)、IT関連企業の採用動向です。詳細は弊社までご相談ください!



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録