カート・サーモン(旧カート・サーモン・アソシエイツ)

欧米・アジア(米国に本社がある)でグローバル展開している、小売業・消費財メーカー(アパレル、食品、日雑など)に特化したコンサルティングファームです。
クイックレスポンス(QR)・ECR・CPFR等、消費財業界におけるバリューチェーン全体最適に向けたフレームワークを開発した会社としても知られています。
日本拠点は97年設立。イオン等をメインクライアントに、サプライチェーン等の戦略立案~そのインプリまでを一貫サポート。

フランスに本社をもつ経営コンサルティングファームの「イニウム・コンサルティング」と経営統合し、全世界15ヶ国に、1600名以上ものプロフェッショナルを有するグローバル・コンサルティングファーム「カート・サーモン」として新たにスタート。

カート・サーモン(旧カート・サーモン・アソシエイツ)について

会社概要:カート・サーモン(旧カート・サーモン・アソシエイツ)

設立 1935年(1997年:日本オフィス)
所在地 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル31F

特徴:カート・サーモン(旧カート・サーモン・アソシエイツ)

業界(消費財・流通業)に特化した形で、戦略・店舗開発・マーチャンダイジング・商品開発・ソーシング・物流・IT等、幅広いサービスを提供。
そのようなグローバルファームならではのノウハウ・実績があり、クライアントと深い付き合いができる。(店舗や倉庫内の物理的な改善まで手掛けることもあるそう)
グローバルで人のやり取りが多い、国際色豊かな環境で、日本ではこれから人の育成(トレーニング)により力をいれていくスタンスがある

組織体制:カート・サーモン(旧カート・サーモン・アソシエイツ)

日本は30名程の体制。
(グローバルから人がアサインされ、40名くらいの体制になることも)以下3つのゆるやかなグループがある。
・ Growth & Profitability(=戦略コンサルティングを担当:AC戦略出身の川口氏がトップ)
・ Value Chain(=戦略実現のためのプランニング~業務改革・実行支援を担当)
・ Technology Innovation & Enablement(=IT戦略・システム化構想を担当)

事業概要:カート・サーモン(旧カート・サーモン・アソシエイツ)

小売・消費財

カート・サーモンでは過去75年にわたり、小売・消費財業界のグローバル企業に特化することで獲得してきた経験や知見をベースに、「消費者と接点をもつ顧客企業」に対し、戦略から実行までのコンサルティングサービスを提供し、顧客企業の企業価値向上に貢献しています。

戦略立案・実行支援
・成長戦略
・M&A戦略
・顧客・マーケティング戦略
・中国・アジア市場進出支援

オペレーション最適化支援
・顧客対応サービス
・マーチャンダイジング
・商品開発・調達プロセス
・サプライチェーン/ロジスティックス
・ストアオペレーション
・IT

IT戦略・ガバナンス

カート・サーモンは、IT組織に対し、幅広い分野での課題対応力、様々な状況に適切に対応できる柔軟性、低コストで高品質な対応ができるような経済性を兼ね備え、企業の業績向上に大きく貢献する組織に変革すべく、CIO支援という形で、施策の策定、実行計画の立案から実施・定着までをサポートしています。
ITの専門家で構成されるカート・サーモンの専門チームは、グローバルの視点と第三者としての客観的な洞察力を保有し、今日のビジネス環境に必要なベストプラクティスを把握しており、妥協の許さない取り組みにより、改革支援、
一連のサービスを通じて、社内プロセスを円滑に運用し、組織の合理化と調和を図り、さらにはクラウドコンピューティングのような、新しく、ときには混乱を引き起こしかねないテクノロジーの普及など、大掛かりな変革を推進しています。

生産性の向上
・IT のチャージバックモデル
・IT 組織の最適化
・機動的な IT オペレーション
・IT ソーシングの新モデル
・IT 人材の能力マネジメント

ITとビジネスとの整合性
・IT ガバナンスとコンプライアンス
・ビジネスリレーションシップマネジメント
・IT 変革・戦略
・エンタープライズアーキテクチャ
・IT ポートフォーリオの集約・最適化

イノベーション
・IT の戦略改革のロードマップとビジネスの一致
・ソーシング戦略
・適応の加速化

金融サービス

カート・サーモンは、世界有数の銀行、資産マネージャ、保険会社、消費者金融機関に、独立した第三者の立場で、事実に基づいたアドバイスとガイダンスを提供しています。
世界中の 350 社を超える経営コンサルティングファームの中でも、カート・サーモンは、短期間で完全な形での経営改革を実現することを目指します。
カート・サーモンはガバナンスの構造、ビジネスプロセス、情報システム、人材プールを構築、導入、そして改善するために顧客企業とともに取り組み、 ビジネス全体でリスク、規制、コンブライアンスの正しいレベルを判断するために、

* マルチチャネル流通環境での顧客経験の強化
* 製品とサービスの開発プロセスの改善
* コスト効果の高い財務、運用、戦略、情報技術ソリューションの導入

の点で顧客企業を支援しています。

コンサルティングサービス
・販売、マーケティング、流通、顧客リレーション
・オペレーション改革: ガバナンス、組織、プロセス
・法規制の遵守
・リスクマネジメント
・財務機能改革
・プログラムマネジメント

Movin情報:カート・サーモン(旧カート・サーモン・アソシエイツ)

コンサルティング実績

成長戦略-成長戦略の立案 ~大手食品メーカー~

業界上位には位置するものの、その潜在的な成長力を顕在化しきれておらず、業界最大手に、売上規模において差をひろげられていた。成長目標およびそれに向けて必要な活動・優先順位を明確化・共有し、いかに全社一丸となって成長軌道を創出できるか、が重要な経営課題となっていた。

課題

特定カテゴリーにおいては、商品のユニークさを梃子に堅調な業績を維持していた。しかしながら、特定地域での低い浸透度、その他カテゴリーでの低迷、素材技術を梃子にした新規事業の伸び悩みなど、潜在力はあるものの収益の柱とするための成長軌道をつくり切れていない数多くの分野を抱えていた。

解決策

・経営幹部によって構成される経営戦略会議において、事実データに基づき、事業機会、戦略代替案、資源配分、実現性・実績などの討議を重ねた上で、成長戦略を立案。

1.アグレッシブな全社経営目標を設定
2.各ビジネスユニットの成長潜在性(市場魅力度、自社競争力)を評価し、優先順位および成長目標を設定
3.各分野における市場機会を特定し、成長戦略を策定
4.既存事業(特定地域、成長チャネルへの重点化 など)
5.新規事業(選別的な重点投資、新商品の積極投入など)

・成長戦略の実現に必要な活動を具体化し、3ヵ年計画を立案。

・全社一丸となった推進に向け、全部門に達成目標とマイルストン(重要課題の達成時期)を設定。(対象は、マーケティング、営業、製造、物流、新規事業、管理 など)

成果

経営戦略会議において、成長戦略および3カ年計画の合意が形成され、現在、取り組み中。

成長戦略-新規事業の戦略・計画立案、立ち上げ支援 ~大手通販~

法人向け事業で急成長を続けてきたが、圧倒的なシェアの獲得および事業の成熟化に伴い、成長力にかげりがでてきた。今後更に成長を続けるためには、新たな事業分野への進出が必須となっていた。

課題

これまでの物販主体の事業から、サービスを前面にだした新たな事業への進出を模索していた。この事業は、新たな顧客の獲得、そしてさらには新たな物販事業への展開へとつながる、次世代の成長エンジンとなる役割を担うことを期待されていた。

解決策

・ターゲット顧客企業の実態・ニーズを詳細に調査した上で、新規事業の戦略・計画を立案。
1.事業コンセプト
2.ターゲット顧客/提供価値
3.サービスメニュー/プライシング
4.組織・要員体制
5.事業展開計画
6.ビジネスケース(事業収支計画)

・新規事業の立ち上げに向けた具体的な作業を支援。
1.新規顧客の獲得に向けたセールスパッケージを開発
2.新規顧客への営業活動(提案からクロージングまで)を支援
3.新規顧客内でのシェア拡大に向けた機会分析の手法開発
4.新規要員への、即戦力化に向けた教育実施

成果

経営戦略会議での事業計画、投資・要員採用計画の承認。
新規顧客数社を獲得。サービス開始。
新規顧客内でのシェア(売上)拡大。

顧客・マーケティング戦略―日本への市場参入支援 ~米国大手アパレルメーカー~

・顧客企業である米国大手アパレルメーカーはオーガニック素材の生地と北欧風のデザインによって人気を博し米国市場での地位を確かなものとし、今後の成長基盤として日本への進出を検討していた。

・顧客企業は既に日本の消費者に対してもインターネット通販やカタログ通販でオーダーを受け付けていたが、その接点は限定的であり、実店舗での進出を模索していた。

課題

・顧客企業は日本のアパレル市場に関する十分な知識を持ち合わせておらず、どのような顧客セグメントを行い、どのようなブランドポジショニングを展開すべきかが明らかになっていなかった。
・日本の市場特性を踏まえた上でパートナーとのアライアンスの有無やバリューチェーンの確立など、具体的なビジネスモデルの構築が出来ていなかった。

解決策

・日本アパレル市場のプロファイル分析
1.市場トレンド分析 (市場規模、販売チャネルの動向、主要顧客セグメント)
2.コアターゲット分析 (消費スタイル、デザイン志向、ブランド志向)
3.競合分析 (ブランドポジショニング、価格ポジショニング、店舗調査 -- 顧客企業に近しい欧米アパレル企業を中心に実施)

・日本市場進出に向けたビジネスモデルの立案
1.セールスチャネル戦略の立案
2.物流パートナーの選定・評価
3.エントリー戦略の具体化 (ライセンスビジネスの検討含む)

成果

カート・サーモンの提言により、エントリーに関しては、店舗出店ではなく、インターネット通販とカタログ通販による既存ダイレクトチャネルでの販売を主軸に日本でのビジネスを展開することを意思決定した。

このファーム・企業への転職相談(無料) 転職のご相談、サポートはすべて無料です。業界に精通したキャリアコンサルタントがサポートいたします。

コンサルティングファーム・企業一覧





初めての方へ

無料転職相談・登録

30~35歳のためのキャリア相談会 30代からのキャリア構築。いつ、どのタイミングで転職をすべきなのか。その方法をご紹介いたします。

セミナー情報

立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 実際にどんなファームや部門があるのか、もっと詳しく話を聞いてみたいという方は是非一度ご相談ください。

アビームコンサルティング ITMSセクター 1日選考会 アビームコンサルティング ITMSセクター 1日選考会 2016年11月19日(土)

監査法人トーマツ 説明会兼選考会 監査法人トーマツ システム監査他職種、説明会兼選考会 2016年7月26日(火)

ウルシステムズ キャリアセミナー ウルシステムズ キャリアセミナー 【随時開催中】

株式会社SHIFT 休日選考会 株式会社SHIFT 休日選考会 2016年11月12日(土) 10:00~17:00

その他、セミナー情報はこちらから

アクセンチュア 第二新卒選考会! 経験不問!コンサルタントになるチャンスです!是非この機会をご利用ください!!

amazon 非公開ポジション企業の転職相談会 非公開ポジション企業の転職相談会 第1弾 amazon !!

フューチャーアーキテクト 個別転職相談会 過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファームです!完全無料プライベート相談会!

デロイトトーマツコンサルティング 未経験からのコンサルタント 大手外資系コンサルティングファーム、DTCにて若手・経営コンサルタント(Pool部門)を積極募集中です! その他部門はこちら

リクルートライフスタイル 求人特集 ホットペッパービューティ、じゃらんなど、全国規模のWebサービスを手掛けることのできるポジションです!

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
ご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

Page Top

ご自身では気づかれない可能性を
見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.