ITコンサルタント転職・IT転職 >  特集 >  ITアーキテクトへの転職 特集

ITアーキテクト 転職・採用、求人特集

ITアーキテクト 転職・採用、求人特集

ITアーキテクトとは、テクノロジーへの深い知見をベースに、その戦略・業務の実現に必要なIT全体像を描きだし、その実現に向けたインフラストラクチャ、アプリケーションフレームワーク、さらにはその上で実行されるアプリケーション全体の設計・構築までを担当します。
元来「アーキテクト」は建築分野で使われている言葉で、建築家や建築士という意味があります。簡単な建物であれば数人の大工で作れるかもしれませんが、大きな建物になれば、構造が複雑化し、設計内容が大きく問われてきます。ITのシステムに関しても同じようなことが言えます。大企業の業務システムなどは複雑化しシステム全体の性能、耐久性、保守性、拡張性など全体設計の中で、考えていかなくはなりません。情報システムの規模が大きく、多数の人がかかわるプロジェクトになるほど、困難かつ責任の重い任務を負うことになります。ITアーキテクトは移り変わりの激しい情報技術の動向を見ながら、企業が必要とする情報システムを安全に導く役目を担っています。

続いてITアーキテクトの役割・仕事についてご紹介いたします。

ITアーキテクトの求人情報

ITアーキテクトの役割

企業システムにおけるアーキテクチャの統制役として、ITアーキテクトは全体最適を目指したアーキテクチャを設計します。
メーカー固有技術で開発されたシステムや、予算やIT投資が限られた中で作られた、つぎはぎのシステムなどは昨日の変更や追加などができず、ビジネスシーンの変化に多大な費用がかかってしまうケースもあります。このような事態にならないため、ITアーキテクトはプロジェクトレベルや企業レベルで一貫したアーキテクチャを設計し、法改正や企業間連携などの経営環境に対応できる柔軟性の高いシステム設計が求められます。
またITアーキテクトはプロジェクトの開発作業においてリード役も担っています。開発者のスキルを見極めたうえで、必要な設計情報、手順を整理し、基盤共通的なコンポーネントを実装した開発フレームを提供し、開発者向けに標準やコンポーネントのAPIを教育することも必要になってきます。

ITアーキテクトの仕事

ITアーキテクトは、システムの構想・企画段階、構築完了までプロジェクトに携わります。
ユーザーやコンサルタントが策定した戦略案をもとに、情報システムの構想を立案し、アーキテクチャの専門家としてシステムを明確化していきます。

システム構築の流れに沿ってご紹介していきます。

まずは、具体的な開発スケジュールや体制、プロジェクトを円滑にできるように品質基準の策定方針や品質保証体制、本番化に向けたシステム移行や運用・保守にかかわる基本方針など立案したシステム構想をもとに計画に移っていきます。たとえば、JavaかC++かPHPかなどの開発言語についてや、設計手法、開発ツールについても決定いたします。もし決めずにプロジェクトがスタートした場合、開発者によって異なる手法やツールで作られた場合には、品質や保守性の面での問題が発生してしまいます。

次にシステム計画に沿って、要件の定義を行います。たとえば、「検索などを行った場合、レスポンスを3秒以内に」という要求があった場合、機能や、データ量、利用するユーザー数LAN環境などについて前提を明らかにしておく必要があります。また、正常稼働している時間(MTBF)、トラブルや故障で停止している時間(MTTR)から稼働率を定量化しておきます。

そして、システム設計を行います。ここがITアーキテクトが深く関わる部分になってきます。システム化要件を実現するアーキテクチャとしてソフトウェア、ハードウェア、ネットワークの役割分担を明確化し、技術的な課題を抽出し、解決策を考えたり、最適な製品の選択を行い、開発フレームワーク、設計手順、利用ガイドラインや開発基準などををまとめたアーキテクチャ設計書を作成します。
開発、実装の時にエンジニアが勝手に技術面での工夫や、個人の考えでコーディングしてしまうと納期に間に合わない可能性もありますし、今後の保守にも関わります。予め設計手順や利用部品を決めておき、時には設計サンプルやテンプレートも加え、順次ガイドラインに沿って作業を進めることが重要になってきます。

続いてソフトウェア設計に移ります。ソフトウェアに要求される、処理性能、仕様、セキュリティなどを明確にし、コードや論理データ、画面、外部システムなどのインターフェースを記述した設計書を作成します。この設計書をもとに、コンポーネントに分解し、各機能仕様とインターフェース仕様を確定し、ソフトウェアのユニットレベルでの詳細設計、ユニットテストの使用を設計し、コーディングやデータベースの作成を行います。

最後にテスト計画と、システムの評価を行います。
ITアーキテクトは設計段階で仮説として描いたアーキテクチャの信頼性を評価しなければいけません。そのためサンプルをテストしたりして、耐久性を確かめたり検証していきます。この段階で性能に問題があればフレームワークを改善したり、プログラム修正をしていかなければいけません。

ITアーキテクチャとは、日本語に訳すと「ITシステムの設計様式」「ITシステムの構造」といったところです。システムとは「複数の要素が集まって、全 体として特定の機能を持つもの」ですから、業務システムを構築するとき、目的に合致した最適な技術要素の組み合わせがITアーキテクチャだと考えれば いいでしょう。ITアーキテクトはITアーキテクチャを考え、方向性を決める重要な人材です。

続いてITアーキテクトになるために必要なスキルを紹介いたします。
ITアーキテクトに必要なスキル

ITアーキテクトの求人情報


初めての方へ

無料転職相談・登録

30~35歳のためのキャリア相談会 30代からのキャリア構築。いつ、どのタイミングで転職をすべきなのか。その方法をご紹介いたします。

セミナー情報

デロイトトーマツコンサルティング Strategyユニット中途採用セミナー デロイトトーマツコンサルティング Strategyユニット中途採用セミナー 2017年7月7日(金)

デロイト トーマツコンサルティング(DTC) BMFTユニット:IT人材向け 休日選考会 デロイト トーマツコンサルティング(DTC) BMFTユニット:IT人材向け 休日選考会 2017年7月1日(土)

高等専門学校(高専)出身者のためのプライベートキャリア相談会 高等専門学校(高専)出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の高等専門学校(高専)出身者の方々のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

情報処理系専門学校出身者のためのプライベートキャリア相談会 情報処理系専門学校出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の情報処理系専門学校出身者の方々のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 立ち上げ間もないコンサルティングファームへの転職相談会 実際にどんなファームや部門があるのか、もっと詳しく話を聞いてみたいという方は是非一度ご相談ください。

ウルシステムズ キャリアセミナー ウルシステムズ キャリアセミナー 【随時開催中】

その他、セミナー情報はこちらから

デロイトトーマツコンサルティング(DTC) 求人特集 デロイトトーマツコンサルティング(DTC)で積極採用中!未経験からコンサルへ!

KPMGコンサルティング 求人特集 KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

PwCコンサルティング 求人特集 世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

アクセンチュア求人特集 アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジションをご紹介させていただきます。

amazon 非公開ポジション企業の転職相談会 非公開ポジション企業の転職相談会 第1弾 amazon !!

フューチャーアーキテクト 個別転職相談会 過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファームです!完全無料プライベート相談会!

デロイトトーマツコンサルティング 未経験からのコンサルタント 大手外資系コンサルティングファーム、DTCにて若手・経営コンサルタント(Pool部門)を積極募集中です! その他部門はこちら

リクルートライフスタイル 求人特集 ホットペッパービューティ、じゃらんなど、全国規模のWebサービスを手掛けることのできるポジションです!

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
ご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

Page Top

ご自身では気づかれない可能性を
見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.