Webデザイナー 転職特集

Webデザイナー 転職特集

Webデザイナーには、デザインセンス、配色のセンスが問われます。サイト設計で決められた導線に対して、ユーザーを導くデザイン・配色が必要であり、サイトコンセプトに基づいたデザインをしなければなりません。そして、各種ソフトウェアにも精通しているのが必須です。現在では、Adobe製品の、PhotoshopやIllustratorなどを使うことが多く、それらのソフトを使えることが良いでしょう。

また、Webサイト構造や、サイトコーディングについての理解があれば、より可能性が高まります。

紙媒体などで活躍されているデザイナーがWebデザイナーに転職するケースもございますが、やはりWebサイト機能を理解していないと、難しい部分もあると聞いています。コーディングはできなくても、ある程度の理解が必要になってきているかもしれません。

Webデザイナー関連の求人情報

下記に一部ご紹介させて頂きますが、全体の採用動向やニーズ、詳細の案件につきましては、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

Webデザイナーについて

Webデザイナーについて Webデザイナーは、サイト設計を基にWebサイトのデザインを行います。ビジュアル的な要素を担当しますが、近年では素材作成やHTML・CSSコーディング、JavaScript、CMS(Wordpress、Movable Type)などの設計までを担当する場合もあります。Webサイトがどのように機能するのか、どういったことが可能になるのかを把握していないとデザインまで反映することができないというのが背景にあるかもしれません。

このように広範囲に業務がわたることから、Webクリエイターと呼ばれることもあります。

上記のように広範囲にわたって担当する場合には、個人でのフリーランスや、小規模の制作会社などに多く見られ、大規模なサイト制作の際には、細かく分業化されるため、サイトデザインのみを行うことが多いです。もちろん前述のとおり、Webサイトの機能を理解していると良いとされています。

Webデザイナーの仕事

Webデザイナーはサイト規模や会社により、その業務範囲は異なります。ここではサイト設計を含めながら、Webデザインの制作を行う「Webデザイナー」の仕事内容を紹介します。

1. 打ち合わせ
Webプロデューサーやディレクターと共に、クライアントとどのようなサイトにするのか打ち合わせを行います。同行する場合もあれば、Webプロデューサーやチームでの打ち合わせでサイトデザインの決定をする場合もあります。

2. サイト設計
サイトコンセプトが決まってから、サイト設計を行います。ユーザーの導線や、TOPページ、その他コンテンツのデザインなどの見せ方など、デザインに落とし込むまでの設計をします。

3. フレーム制作
実際のサイトデザインをする前に、簡単なフレームで、画像やテキスト、バナーなど、どこに何が入るのかを手書きや、ソフトで作り、クライアントへの確認を取ります。

4. Webデザイン制作
ここからがWebデザイナーにとって重要な部分になります。レイアウト設計に基づいてどのようなサイトデザインであれば、ユーザーにうまく訴求でき効果的なサイトになるのかを考えながら制作していきます。配色や、文字の大きさ、ホワイトスペース、サイトコンセプト、などに配慮しながら作っていかなければなりません。
そして、TOPページや、コンテンツページが完成した段階でクライアントに確認を取り、調整しつつ、完成へと仕上げていきます。

現役Webデザイナーから

私の担当する業務部分は、Webサイトデザインからコーディングまでを担当しています。サイト規模によってはWebサイト設計も兼任しています。

まずは、上がってきたサイト設計を基に打ち合わせを行います。どんな業態のクライアントなのか、ターゲットとなるユーザーはどんな人なのか、そしてサイトコンセプトやクライアントが希望しているサイト機能や配色など、詳細に詰めながら進めていきます。

Webデザイナーについて その後はレイアウトの設計に入ります。まだ配色や画像制作はせず、Photoshopで簡単なワイヤーフレームを作り、ここには画像、ここには商品説明のテキストなど、骨組みだけを書いて、クライアントに見せながら決めていきます。そのフレームを基にWebデザインを始めます。ここからがWebデザイナーの真骨頂、本領発揮の部分です。

クライアント企業のイメージを考えながら、配色や、バナーなどを制作していきます。一番楽しい作業ですね。元々、HTMLやサイト機能についての理解がなかった私は、当初、好き勝手にやっていた部分がありました。デザイン制作をしてからコーディングの方に、HTMLにできないから、変更してくれと言われ、納得のデザインを制作しても崩さなければいけない、といったジレンマを抱えていました。もっとWebサイト機能の理解が必要だと思い、そこからHTML・CSSの勉強を独学でやり始めましたね。自分で簡単なサイト作ってみたりとか。そのおかげもあり、Javascriptなども覚え、よりWebデザインの幅も広がったように感じています。

少し横道にそれてしまいましたが、、、Webデザインのラフが出来上がり、クライアントへのデザインの最終確認に入ります。ここで、色合いや、バナー・画像のデザインをチェックしてもらい、コーディングに入ります。

あとはHTMLやCSSでWebサイトとして、完成形に持っていくだけです。社内で誤字脱字がないか、リンク先はあっているのかをチェック・修正して晴れて納品になります。

自分自身は、HTMLコーディングができなかったので、最初はデザインに苦労しました。Webデザイナーを目指す方は、Webサイトがどうやってできているのかを把握していることも重要になってきますので、そのあたりも勉強し習得していったほうがいいと思います。今後、私はFlashも勉強しようと思っています。もっとおもしろいWebサイトが作れるんじゃないかなと楽しみにしています。

Webデザイン戦略やWebブランディング関連サービスを展開している企業

現在、Webデザイン戦略やWebブランディングを展開している企業や制作会社は、たくさんあります。
その中でもネットサービス隆盛期から業界を牽引する代表的な企業をご紹介いたします。

ビジネスアーキテクツ
インターネット、Web制作・コンサルティング会社のリーディングカンパニーとして、Webブランディングを構築するために必要な「ビジネスコンサル」、CMSツール等の「システムインテグレーション」、そして「アート&デザイン」を、ワンストップで提供している。

バスキュール
有名企業をクライアントに持ち、数々のインタラクティブコンテンツを制作するWeb制作会社。世界各国でさまざまなインターネット広告賞で受賞を獲得し、実績を残している。

その他、Web・クリエイティブ系 企業一覧



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録