ITコンサルタント転職・IT転職 >  特集 >  SIerからの転職 特集

SIerからの転職 特集

SIerからの転職 特集

多くのSE、プログラマの方は大手、中堅などのSIerや自社開発ベンダーで働いていると思います。
「これからも現場でコードを書いていたい」、「事業会社で経営的視点を持ちながら仕事をしたい」、「ITコンサルタントへキャリアアップしたい」と、明確に転職の理由がある方もいれば、ITエンジニアの中には、自分の経験をどう生かせるのか、疑問に感じている方もいると思います。
今回はSIerのSE、プログラマの方を対象としたキャリア構築について、どのようなキャリアがあり、どんな業界がエンジニアを採用しているのかをご紹介いたします。

コンサルティングファーム ITコンサルタントへ 事業会社 社内SEへ Web系サービス企業のITエンジニアへ SIerのITエンジニアへ

コンサルティングファーム ITコンサルタントへ

SIerからITコンサルタントへ ITコンサルタントへのキャリアアップを考えるSEの方も多いかと思います。ITコンサルタントはIT人材の中では最も高額な報酬を得られる職種でもあり、適切な転職でご自身の人材価値をさらに高めることになります。
ITコンサルタントへのキャリアとしては、SIerにてプログラマとして下流工程(開発・運用・保守)を経験した後、SEとして上流工程(要件定義など)を経験したのちに、ITコンサルタントへ転職するケースが一般的となっていますが、第二新卒枠で下流工程の経験のみで採用されるケースもあります。
有利になる経験、スキルとしては、業界・業務知識や、ある特定のテクノロジー(SAPやOracleなど)への知見です。例えば、官公庁関連の案件をSIerでご経験されていた方は、公共・官公庁の案件を得意とするコンサルティングファームであったり、製造・流通関連の案件をご経験されている方は、SCM関連のプロジェクトを強みとしているファームにて比較的有利に選考されるかと思います。
もちろん、上記はあくまで一例ですので、すべてにおいてではありません。弊社の転職事例をご覧頂ければわかるように、色々な転職事例がございます。
いきなりITコンサルタントになるのではなく、コンサルティングファームのエンジニアとして転職し、その後コンサルタントへキャリアアップする選択肢もあります。

まずは、ご自身がどのような業界の案件を担当し、どのようなご経験を積んできたのかキャリアの棚卸しから始め、「自身の強みは何か」を把握するところから始めると良いかと思います。キャリアの棚卸し、ご志向の方向性を固めるところから弊社はお手伝いさせて頂いておりますので、お気軽にご相談頂ければ幸いです。
弊社ムービンでは「コンサルタントへの転職」は一番の強みを持ち、コンサルティング業界への転職実績は業界No.1となっております。

ITコンサルタントについての詳細はこちらも合わせてご覧ください。

事業会社 社内SEへ

SIerから社内SEへ SIerから社内SEへのキャリアもよくみられるケースかと思います。SIerである程度働いたら、次は社内SEへとお考えの方も弊社ではよくご相談頂いております。
社内SEについては、SIerでの開発経験、業務知識、業界知識を活かせること、比較的ワークライフバランスも良いことがメリットでもありますが、長期的に企業の経営戦略をIT部門として支え、携われるという点が大きな魅力です。
社内SEと一言で言っても、各企業において求められる役割は違ってきます。グローバルに展開する企業においては基幹システムの刷新、グローバル統合、メーカー・小売業界の企業であればサプライチェーンに関わるシステム保守からSAP、OracleをはじめとするERPパッケージなどの導入プロジェクト、医療系であれば、新しいシステム導入に関連したベンダーマネジメント、システム構築など、各業界、各企業によって様々です。
社内SEの仕事は自らの手で開発というより、予算・スケジュール管理やベンダーマネジメントなどからシステム構築・運用をリードしていく、プロジェクトリーダーとしての面が強い言えます。

詳しくは社内SE・ITへの転職を合わせてご覧ください。

Web系サービス企業のITエンジニアへ

SIerからWeb系サービス企業のITエンジニアへ 最近の転職事例としては、SIerの方がWebサービス系の企業に転職する方が多くなっています。
Webやモバイルサービスの開発経験がないITエンジニアの中には、自分の経験をどう生かせるのか疑問に感じている人もいるかもしれません。ですが、SIerでのご経験が活かせる点、そして仕事をする上での多くの共通点があります。
その一方で実際にSIerからWeb系に転身した方は、口をそろえて「開発スピードが速い」という言葉をよく耳にします。今までSIerでのプロジェクトは何か月もかけ、一つの工程でも何日もかけていたのに、今の会社では数時間で終わらせなければならず、どうすればいいのか最初は戸惑ったそうです。しかし、問題にぶつかるたびに考え、判断力や、柔軟性も身に付き、自身の成長にも繋がったという点を皆さん感じているようです。
ITエンジニアからWeb系に転職する方が経験した領域についても様々で、アプリケーション開発、銀行・証券の基幹システム、インフラエンジニアなど様々なタイプのITエンジニアが転職しており、プラットフォームを持つSNS、大手Web系企業はもちろん、アプリ開発に特化した企業、独自のWebサービスを展開している企業など、規模を問わず現在も積極採用しています。

なんといってもWeb系サービスで働く魅力は、大きなサービスを動かすという所でしょう。自身が開発した案件が世の中に出て、何百、何千万人というユーザーがそのサービスを利用するというのは非常に大きな達成感があると思います。
そして広範囲にわたってスキルが身につく可能性が高いことも魅力的な点です。ネット系エンジニアの場合、開発言語だけでなく、サーバーやネットワークを含めたシステム環境を意識した開発が求められます。これはWebサイトの場合、短期間に不特定多数のアクセスが集中する可能性があるからです。単にプログラム開発ができるという以上に、システム環境前に対する理解が深まる点でスキルアップが望めます。

SIerのITエンジニアへ

まずは弊社での転職支援事例から見てみましょう。
Aさんは金融系システム開発の中堅SIerにて6年間、SEとして要件定義と開発を行い、その後プロジェクトリーダーとしてご活躍していましたが、もっと上流で仕事がしたい、システム開発の全フェースを手掛けたいという思いと、ご自身のこれからのキャリアやスキルアップのために転職したいとお考えでした。
金融関連の業務知識は前職での経験で十分で、基幹系業務システムの開発からリーダー経験も評価され、見事に大手SIerへの転職を成功されました。
このように、SIerへの転職の際に必要になってくる経験スキルとして、20代後半から30代前半においては、リーダー経験やプロジェクトを一貫して関わってきたという経験が必要になってくる傾向が多いです。
また当然ではありますが、転職先で使用している開発言語についても、前提条件として、プロジェクトで経験しているかしていないか、必須になってきます。
最近ではSIerからSIerへの転職は多くはないですが、即戦力を求められ、ポジションとしても大手SIerではリーダークラスを採用している企業が目立ちます。中堅SIerについてはSEを求めている企業もありますが、たとえばワークライフバランスを改善したい、業界特化のSIerで働き業務知識を深めたいという志向であれば、まずは情報収集から始めてみてもいいでしょう。
20代前半の第二新卒枠でも採用している企業もありますので、ご興味のある方は弊社までご相談頂ければ幸いです。



初めての方へ

無料転職相談・登録

30~35歳のためのキャリア相談会 30代からのキャリア構築。いつ、どのタイミングで転職をすべきなのか。その方法をご紹介いたします。

アクセンチュア 第二新卒選考会! 経験不問!コンサルタントになるチャンスです!是非この機会をご利用ください!!

amazon 非公開ポジション企業の転職相談会 非公開ポジション企業の転職相談会 第1弾 amazon !!

フューチャーアーキテクト 個別転職相談会 過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファームです!完全無料プライベート相談会!

デロイトトーマツコンサルティング 未経験からのコンサルタント 大手外資系コンサルティングファーム、DTCにて若手・経営コンサルタント(Pool部門)を積極募集中です! その他部門はこちら

リクルートライフスタイル 求人特集 ホットペッパービューティ、じゃらんなど、全国規模のWebサービスを手掛けることのできるポジションです!

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
ご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

Page Top

ご自身では気づかれない可能性を
見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.