ITコンサルタント転職・IT転職 >  ITコンサルタント IT求人情報 >  経営コンサルタント >  経営コンサルタントとは?仕事内容と必要な資格

経営コンサルタントとは?仕事内容と必要な資格

経営コンサルタントとは?仕事内容と必要な資格

経営コンサルタントの仕事内容 経営コンサルタントになるには?おすすめ資格 経営コンサルタントにおすすめの人、必要スキル 経営コンサルタントの労働環境 経営コンサルタントの年収、給料、給与 経営コンサルタントの会社一覧 個別キャリア相談

経営コンサルタントの仕事内容

経営コンサルタントは企業の課題解決に向け、戦略策定から、オペレーション業務改善、新規事業立案、M&A戦略などのコンサルティングサービスを提供しています。最近では経営層・マネジメント層に対する戦略策定だけでなく、現場のアクションプランまで落とし込み、実行の部分まで手掛けるファームも多くなってきました。また、コンサルティングファームで働くコンサルタントは、その職位によってプロジェクト内での役割が大きく変わります。ファームの組織で述べた各職位別に、その仕事内容をご紹介します。

アナリスト

アナリストは新卒でコンサルティングファームに入社したコンサルタントのスタートポジションになります。 おもに、ミーティングの議事録作成、先輩コンサルタントに同席してクライアントへのインタビュー、各種情報の収集・分析、資料の作成などがあげられます。一見地味な作業ですが、アナリストの集めた情報をベースにコンサルタントが仮説を構築・検証していくので、非常に重要な仕事といえます。また、生の情報と向き合って格闘しているからこそ得られるアナリストのひらめきは重要視されることも多く、チームミーティングでは積極的な発言が求められます。

コンサルタント

プロジェクトの実作業の大半を担当するのがコンサルタントです。基本的には自分の判断で課題を解決する仮説の構築と検証作業を進めていきます。そしてある程度の進捗ごとにチームミーティングやマネージャーとディスカッションを通じ、仮説の軌道修正をしていきます。問題解決の手段を自分で決めるため、自身でスケジュールを立てていくセルフマネジメント能力が重要になってきます。

マネージャー

プロジェクトを取りまとめ、進行に責任を持つのがマネージャーです。コンサルタントやアナリストとは大きく仕事内容が異なり、プロジェクト全体を見通さなければならなくなるため、求められる能力も大きく変わってきます。マネージャーの仕事を大きく分けると、「プロジェクト管理」「顧客との折衝」「予算管理」の3つになります。プロジェクトが開始されると、大まかな方針を定め、各メンバーのスキルやバックグラウンドに応じて担当範囲を割り振っていきます。ある程度作業が進んだら各メンバーとディスカッションをし、軌道修正をしていきます。また、クライアント側との日々の意見交換やプロジェクトが黒字になるように予算管理までしなければいけません。

パートナー

パートナーの仕事内容は大きく分けて2つあります。1つは、顧客開拓とプロジェクト受注になります。セミナー開催や書籍の出版、個人的な人脈を通してアプローチし、企画書を書いてプロジェクトを受注します。 もう1つはコンサルティングファームそのものの経営です。長期的にどの分野に注力してどのような成長戦略を描くか、他国のオフィスとどのようなやりとりをしていくのか、人材をどうやって育てていくか、などその内容は多岐にわたります。 パートナーになれるのはほんの一握りであり、狭き門ですが有名企業の経営者と議論を交わしながら次の一手へ導き、プロジェクトへとつなげていく魅力は何事にも変えられません。 パートナー経験者の方々は、パートナーにならないとコンサルティグの真の魅力はわからないと述べています。

経営コンサルタントになるには?おすすめ資格

経営コンサルタントになるためには、必須資格や経験年数、年齢といった明確な制限はなく、第二新卒など実務経験が少ない方でも求人募集があれば仕事に就く事は可能ですし、自ら経営コンサルタントとして起業する事も可能です。 しかし上述の通り、経営コンサルタントには多様な仕事内容があり、高度で幅広い知識、能力が必要となるので、経営経験豊富な方や、特定の業界や技術に特化した理解がある方、もしくは幅広い業界や技術に対して知識や能力、経験を持っている方が望ましいでしょう。また必修資格はないものの、MBAや公認会計、中小企業診断士などの経営分野の知識の基盤となる資格を持っていると、より深い目線でコンサルティングができようになるので、所持していると良いかもしれません。ただ注意が必要なのは20代のポテンシャル採用の場合は、こうした専門知識を持ち合わせていることがプラスに作用しますが、30歳過ぎると資格だけでは不十分であるため、できる限り親和性のある実践キャリアを積んでいたいところです。

<MBA>

経営コンサルティングファームでは、MBAの学位を持っている方は優遇される傾向があります。ただし学歴は非常に重要視されるので、上位校でのMBA修了が必須になります。上位校以外のMBAは知識レベルとの評価になる可能性もあるので、経営コンサルタントを目指す為にMBAへ進学する場合は注意が必要となります。

<公認会計士>

公認会計士などの専門資格は、会計系コンサルタントやM&Aアドバイザリーなどファイナンス領域のスペシャリストを目指すのに効果的です。ご自身がどの分野のスペシャリストを目指していくか検討が必要となります。

<中小企業診断士>

中小企業診断士を取得されている方は、あくまで中小企業に対する経営コンサルティングの資格であるため、大企業をコンサルティングする外資系経営コンサルティングファームに対しては資格の説得力という意味では効果が薄いです。少なからず中小企業診断士の資格を持っているので経営コンサルタントを目指してみたい!という方から相談を受けるケースがありますが、志望している経営コンサルティングファームのお客様が大手なのか?中小企業なのか?どのぐらいの規模であるのか?確認しておく事が必要です。

<TOEIC>

その他効果的な資格として挙げられるのが、TOEIC(英語力)になります。最近のプロジェクトはグローバル化の傾向が強くあり、英語が堪能な人材は魅力的と評価されている現状があります。TOEIC 800点以上は取得しておく事をお勧め致します。  

経営コンサルタントにおすすめの人、必要スキル

そもそも経営コンサルタントとして求められる資質や必要スキルを全部保有していて方はおりません。コンサルタントとして求められる資質や必要スキルとは何なのでしょうか?大きく分けて5つあります。下記項目の資質やスキルを鍛えていく行動と経営コンサルタントになる!という強い覚悟や意思がある方は経営コンサルタントに挑戦してみて下さい。

<プロフェッショナルマインド>

コンサルタントには高い職業倫理感や強い責任感が要求されます。要求された仕事をこなすだけでなく、相手の期待を超えるような「付加価値」を常に生み出さなくてはなりません。その為には、常に自分自身の高い価値観と高い基準点を持ち、クライアントの成功に向け、心からプロジェクトに没頭出来るようでなくてはなりません。

<思考能力>

論理的思考はコンサルタントの基本と言えます。ロジカルシンキング・ゼロベース思考・仮説思考等の思考方法を無くしては、コンサルタントとして生きてゆくのは難しいでしょう。

<コミュニケーション能力>

コンサルタントは常に人と関わる職業です。それはクライアントであったり、チームのメンバーであったりします。プロジェクトが成功するか否かは、周囲の人間とどれだけ良好な関係を築けるかにあるといっても過言ではありません。但し、ここで言う良好な関係とは、「仲が良い」という意味ではなく、「互いに信頼している」という意味です。その為には、相手の意見を正しく理解し、かつ、自分の意見を正しく表現できる「コミュニケーション能力」自分とは違う考えを受け入れられる「素直さ」そして、相手をひきつけるような「人間的魅力」等が必要とされます。

<体力&精神力>

多くの人が抱く華やかなイメージとは裏腹に、経営コンサルタントはつらい職業です。クライアントの高い要望に応える過程で、時間的制約・人間関係等の様々な問題に直面します。これらを解決し、プロジェクトを成功に導くには、肉体的にも精神的にもタフでなくてはなりません。

<英語力>

英語力については、日本の市場や顧客にどのくらいコミットしているかで異なります。国内案件が多く、入社の時点で必ずしも高い英語力が求められないケースもあります。しかし、各ファームにおけるグローバル案件の比率が高くなる中で、英語が苦手であればアサインされるプロジェクトに制約が生まれること、社内のナレッジのキャッチアップに遅れが生じることも事実です。経営コンサルタントとしての高い素養があるにも関わらず、英語が苦手というだけで選考の対象から外れることはあまりありませんが、長期的に業界でキャリア形成していくならば、いずれマネージャーに昇格するタイミングではビジネスレベルのやり取りがこなせる英語力を保持出来ているようイメージを持っておくとよいと思います。  

経営コンサルタントの労働環境

経営コンサルタントの仕事は、すべてにおいてクライアントのスケジュールが優先です。自分がその時に担当しているクライアントの業界などにより勤務時間は大きく異なります。これに合わせてコンサルタントの働き方も変わることになるため、勤務時間(労働時間)は流動的です。たとえば外資系の企業と取引をしている場合は海外の時間に合わせて深夜や土日祝日に電話やオンラインでのミーティングをすることもあるのです。コンサルタントの場合、規則正しい勤務時間や休日はなかなか手に入らないのが現状です。「残業はなるべくしたくない」「土日は確実に休みたい」という考え方の人には厳しい業界かもしれません。クライアントから引き受けた案件の納期が迫っている場合は、休日返上で仕事をすることも珍しくありません。自分の会社に出勤して分析や調査をすることもあれば、自宅でプレゼンテーションの資料を作ることもあります。
このように、コンサルタントの仕事はひとつの案件が終わるまではとにかく多忙になることが多いので、区切りがついた時点でまとめて休暇を取れるケースがあります。  

BIコンサルタントの労働環境

経営コンサルタントの仕事は、すべてにおいてクライアントのスケジュールが優先です。自分がその時に担当しているクライアントの業界などにより勤務時間は大きく異なります。これに合わせてコンサルタントの働き方も変わることになるため、勤務時間(労働時間)は流動的です。たとえば外資系の企業と取引をしている場合は海外の時間に合わせて深夜や土日祝日に電話やオンラインでのミーティングをすることもあるのです。コンサルタントの場合、規則正しい勤務時間や休日はなかなか手に入らないのが現状です。「残業はなるべくしたくない」「土日は確実に休みたい」という考え方の人には厳しい業界かもしれません。クライアントから引き受けた案件の納期が迫っている場合は、休日返上で仕事をすることも珍しくありません。自分の会社に出勤して分析や調査をすることもあれば、自宅でプレゼンテーションの資料を作ることもあります。
このように、コンサルタントの仕事はひとつの案件が終わるまではとにかく多忙になることが多いので、区切りがついた時点でまとめて休暇を取れるケースがあります。  

BIコンサルタントの年収、給料、給与

年収はスキルレベルや経験値によって大きく幅がありますが、一般職種の年収平均と比較すると高い水準となっています。経営コンサルティングファームに入社して5年以内で年収1,000万円を超えることも多くあり、リーダークラスになると2,000万円の人も居ます。また、

パートナークラスになると、億単位の人も現れていることもあります。コンサルタント業界の給与体系は「年齢給」ではありません。何歳だからベースがいくらというものが存在せず、コンサルタントとしての職責を示す役職(クラス)に連動しています。アナリスト、マネージャー、シニアマネージャー、パートナーといった役職があり、それぞれにベースの給与が決められています。ただし35歳でも役職が低ければそれなりの給与ですし、28歳でもとても優秀で飛び級で出世していれば高給を手に入れることも可能。そのあたりは完全に実力主義になっているというのが、コンサルタント業界の給与の特徴です。

BIコンサルタントの会社一覧

ボストン・コンサルティング・グループ

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は、1963年ブルース・ヘンダーソンや、後に初代日本支社代表も務めたジェイムズ・アベグレンらによって設立された、経営戦略コンサルティングファーム。同社を経て、経営者、大学教授等に転じた著名人も多く人材輩出ファームとしても有名。
「Working with client」「カスタムメイドの解決策」という哲学のもと、クライアントと緊密なパートナーシップを築き、お互いが協力し合うことで、独自の解決策や新たなインサイトを生み出し、両者それぞれ単独では生み出せない優れた成果を実現することを目指している。
この成果を実現するために、ボストン コンサルティング グループ(BCG)のコンサルタントは最高品質や結果にとことんこだわる「プロフェッショナリズム」を有し、ファームとしては「多様性からの連帯」を掲げ、様々なバックグラウンドを持つ人材の個性を尊び、強みを伸ばす文化を有しているのが特徴。それによって、異なる強みを持ったプロフェッショナルの集合体・チームを形成し、チーム内で、時にはクライアントも含めて、徹底的にディスカッションを行うことで、新たなインサイトを生み出すことを可能としている。
最近は大手事業会社の経営企画に入り込み、クライアントと共に戦略立案だけでなく実行支援を手掛けているケースも多い。プロボノ活動として、WFP (国連食糧計画)やSave The Childrenなどに無償でコンサルティングを提供したりもしている。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニー(Mck)は、1926年にシカゴ大学の経営学教授ジェームズ・O・マッキンゼーと彼の仲間達によって創設された経営コンサルティングファーム。
1933年、マービン・バウアーがこの「仲間」に加わる。バウアーはその後、マネージングディレクターとして、マッキンゼーの成長を長期にわたってリードする。バウアーは"Fact-base(事実に立脚する)"、"Analytical approach(分析的アプローチ)"という概念、および科学的かつ論理的な問題解決の方法論を、経営コンサルティングの世界で初めて明確な形で確立する。
現在は世界60カ国、105拠点に9,000人以上のコンサルタントを擁する、まさにトップファームの一つとなっている。日本法人は1971年東京に開設。大前研一氏を代表に経営コンサルティングの草分けとしてビジネスを展開した。日本へのローカライズを遂げ、グローバル化のプロセスにおいて他ファームに数歩先行するファームと言える。経営コンセプト等、日本からの情報発信も積極的に行っている。
2006年7月にエアン・ショー氏の日本支社長就任以来一段とその傾向が強まった。それだけに選考プロセスでも英語力重視。選考プロセスでは先ず、外人との会話で英語力が試される。後半には外人パートナーとの英語でのケース面接が入ることが特徴。 日本支社では、多種多様な課題に関する研究活動を積極的に展開しており、2011年に刊行された書籍『日本の未来について話そう - 日本再生への提言 -』(小学館)にその成果の一部が掲載されています。
またグローバル・エネルギー・フォーラムの主催など、さまざまな産業関連のコンファレンスを開催すると同時に、仙台市、NPO法人スペシャルオリンピックス日本、TOMODACHIイニシアチブ、国境なき医師団など、過去10年間で30以上の公益事業や非営利機関へのサポートも行っています。

ベイン・アンド・カンパニー

ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)は、1973年にビル・ベインによって設立された、経営コンサルティングファーム。
世界36か国、55オフィス、約7,000名のスタッフを擁する。東京オフィスは1981年に開設。徹底した「結果主義」を標榜し、ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)のコンサルタントは「具体的に目に見える成果を出す」ことや「クライアントに変革(チェンジ)をもたらす」ことを目標として共有しており、ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)のカルチャーにもなっている。
ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)の誕生以前のコンサルティングは、「レポートを提出したら終わり」という考え方が一般的であったが、ビル・ベインは「企業とともに問題解決を推進し、具体的な結果につなげることこそコンサルティングのあるべき姿」と考えてベインを立ち上げたところに由来している。また、社風を体現するものとして、「True North」という言葉がよく使われる。真上でなく右斜め上にずれたその矢印は、ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)のロゴとして輝き、クライアントに真の北の場所を告げる意味をこめ、共に正しい方向を目指す直言型コンサルティングを展開するという特徴がある。
面接においては、マネージャー手前のコンサルタントクラスではある程度の即戦力性が求められるため、経営に関する幅広い知識を有しておいた方が好ましく、アソシエイトクラスであれば問題解決力のポテンシャルが高ければよい。海外オフィスとの連携が多く、海外プロジェクトへのアサインや海外オフィスへのトランスファー制度などが充実しており、比較的チャンスが多いファームである。プロボノ活動にも力を入れており、これまで多くのNPO・NGOなどの非営利団体に無償でコンサルティングを提供している。

A.T. カーニー

A.T. カーニー(ATK)は1926年に米国シカゴで創立された経営コンサルティングファーム。
高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業を最大の強みとし、現在では、全世界40カ国61の拠点に3,600名以上のスタッフとグローバルネットワークを擁する。あらゆる主要産業分野のグローバル1,000社や各国大手企業を中心顧客とし、戦略からオペレーション、ITに至るまで一貫した高品質のサービスを提供する。
日本法人は1972年、東京に開設され、現在のコンサルタント数は数百名にまで成長。日本では、金融、通信、ハイテク、自動車、消費財・小売をはじめとする幅広い分野において、コンサルティングを行う。
A.T. カーニー(ATK)のコンサルティングは、その提供する価値がトップマネジメントに向けての戦略提案だけに止まらない点に特徴がある。これは他ファームのコンサルティングに失敗や反省点に基づいている。経営層・マネジメント層に対する戦略策定とそれを実行できる粒度にまで落とし込んだ現場のアクションプランの策定まで、「目に見える成果(Tangible Result)」に拘ったコンサルティングには定評がある。
また、同社のクライアントの9割は日本企業で構成されることも特徴的で、顧客の「目に見える成果」創出を通じて、日本の産業全体の競争力を強化し、「日本の変革」を大きく掲げ、名実ともに「The Best Firm」となることを目標としている。社内ではワークライフバランス含め、働く環境を見直す社内プロジェクトが実施され、コンサルタントの定着率が近年顕著に高まってきている。またプロジェクトのアサインメントにあたっては、社内公募制度を採用しており、コンサルタントの希望が大きく加味されることも特徴となっている。又、育児休暇制度等が充実していることもコンサルタントの定着率の高さに繋がっている。

ローランド・ベルガー

ローランド・ベルガー(RB)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、ヨーロッパを代表する経営戦略コンサルティングファーム。
1967年の設立以来、40年にわたって、自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして、金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業など幅広い業界のクライアントに対する数多くのコンサルティング実績を残してきた。
現在では、世界36カ国に広がる50オフィスと2,400人を超えるスタッフを擁し、グローバルな視点でのコンサルティングサービスを提供している。東京オフィスは、1991年に設立され、以来、アジア地域の成長の牽引力となってきた。特に現会長である遠藤功氏が社長として就任した2000年以降、「動く戦略」を追求したコンサルティングは多くのクライアントから高い評価を獲得し、これまで著しい成長を遂げ、組織も約110名規模にまで拡大。
日本国内における各種産業向けのコンサルティングサービスに加え、シンガポール、中国、インドネシアにジャパンデスクを設置し、海外展開を加速する日系企業をサポートしている。「現場感」「手触り感」「膝詰めの議論」「クライアントの腹落ち」…などローランド・ベルガーのコンサルティングを表現するワードが数多く生み出されていることも、戦略ファームの中でのその独自性と際立った特徴の表れであろう。また、短期的な企業価値向上・株主価値向上ではなく長期的な視点での成長を志向する事、経営学のセオリーに偏ったトップダウンアプローチを採るのではなく企業の文化・社員の意思を尊重する事、アントレプレナーシップを尊重する企業文化などが挙げられる。
一方で、このようなコンサルティングの徹底は、高いプレッシャーと時にはハードワークをもたらす要因となりうるがゆえ、ローランド・ベルガーは、気骨のある折れない心と高い志を有するメンバーを歓迎する傾向にある。ゆえに、選考のプロセスにおいても、コンサルタントとして十分な論理思考能力や対人関係能力を試されるのに加えて、クライアントを想う心や高いプロフェッショナリズム、そして肉体的・精神的なタフネスも非常に重視される。

個別キャリア相談

経営コンサルタントを中心としたキャリア形成にご興味をお持ちの方に、業界情報や人気ファームの最新ニーズ、今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。ご相談面談では、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、最適なキャリアチェンジ機会のご紹介、キャリアチェンジ成功のためのアドバイス等できればと思っております。

日程 具体的な日時については、担当コンサルタントと調整となります。※面談には30分~1時間程度を要します。
普段仕事がお忙しい方、遠方の方はお電話でもお受けしております。
平日夜や休日でもご対応できますので、お申し込み後キャリアコンサルタントとご相談ください。
開催場所 弊社オフィス(新橋駅・内幸町・虎ノ門駅付近)※電話での対応も可能です。
対象 経営コンサルタントにご興味をお持ちの方
※弊社がご提供するサービスはすべて無料です。  
費用 無料

お申込み方法は、既に弊社へのご登録がお済の方は、弊社担当者に直接お問い合わせください。
ご登録頂いてない方は、こちらからお申し込み下さい。ご応募お待ちしております。





無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録