システム開発における「選択と集中」が加速

システム開発における目下の課題は、コスト削減と人的資源が中心になっていることが、野村総合研究所の調査で明らかになった。システム開発では、開発量や外注によるコスト削減にも増して、費用対効果が求められる傾向にある。また、情報システム部門の人材不足や人材育成の遅れ、ノウハウや方法論の共有などにも課題を残している。

 勤務先、顧客企業にIT関連で力を入れる分野を聞いたところ、「コスト削減」が61.4%でトップ。次いで「業務プロセスの統合/改善」(42.4%)、「セキュリティ対策の強化」(39.3%)が挙がった。コスト削減に対する要望が突出している。

 一方、「社員のITリテラシーの向上」(9.3%)や「システム部員に対する教育」(7.9%)など、人的資源関連は重点分野になっていない。

 検討および実施しているコスト削減対策は、「IT投資の選択と集中」が58.9%で過半数を占めた。「外注システム開発量の削減」(45.7%)、「内製化の促進」(33.8%)が続くなど、費用対効果を意識したシステム開発工程の構造改革を進めている様子がうかがえる。システムの運用効率を向上させる手法として仮想化やクラウドコンピューティングに注目が集まっているが、「システムの仮想環境への移行」は25.1%、「オンデマンドサービスの活用」は 11.6%にとどまるなど、コスト削減手法の主流にはなっていない。

 システム開発における勤務先、顧客企業の課題として回答の割合が高かったのは、「組織的な蓄積・活用が不十分」(53.7%)、「情報システム要員の人材育成の遅れ」(49.0%)、「情報システム要員の不足」(47.3%)。システム開発におけるノウハウの共有や人員そのものの不足が目立っている。

 野村総合研究所はシステム基盤サービスの課題と動向の把握を目的に、従業員500人以上の企業の社内向け情報システム部門、従業員100人以上の企業の社外向け情報システム部門担当者に調査を実施。3月5日から10日にインターネット経由でアンケートを取り、674件の有効回答数を集めた。

2009年 4月12日
参照ITmediaエンタープライズ

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録