コンサル業界 受かるための志望動機の書き方

コンサルタントの選考において「志望動機書」の対策は非常に重要です。ファームによっては志望動機を重視しており、この良し悪しによって書類が通過するのか、不合格なのか判断される場合もあります。
ここでは志望動機書のそもそもの目的、書き方のルール、そしてどんな内容を書けばいいのかご紹介していきます。

弊社には志望動機書のサンプルはございますが、言われるがまま書いていてはコンサルタントの資質は育ってこないため、まずはご自身で書いて頂くことを推奨しております。

志望動機書の「目的」とは

志望動機書とは文字通り「志望動機を伝える書面」ですが、志望動機書の「目的」は何でしょうか。実は、「志望動機を伝えること」は「手段」でしかなく、「目的」はあくまで「オファー(内定)を獲得すること」です。

意外なほど多くの方が、「自分の志望動機を伝える」という「自己満足」に終始してしまい、読み手の立場からすると「こんな人は要らない」と思われてしまうような志望動機書を書いてしまいます。これから志望動機書を書かれるにあたり、常に「この書類で果たして自分はオファー獲得に近づくのか?」、「他のどんな候補者よりも魅力的な人物に見られるだろうか?」と自問自答して下さい。

書き方のルール・構成は?

「目的はオファー獲得である」と書いた通り、志望動機書自体はあくまで「手段」ですので、特に決まった書き方やルールはなく、3C、つまり自分の経歴や能力(Company)、ターゲット企業の求める人材(Customer)、そして自分と同じ立場の競合(Competitor)を分析した上で書いたものであれば、形式は何でも大丈夫です。

ただ、弊社ムービンがご支援させていただく候補者には、前半で「志望理由」を、後半では「自分が貢献できること」を書いていただくことが多いです。「志望動機書」とは言い換えると「自分が御社を受ける理由」なのですが、その理由が「自分が受けたいから」だけでは、論理的でないだけでなく独りよがりでNGですので、それを「理由は2つあって、1つは自分が志望すること、2つ目は自分が御社に貢献できると判断したことです」というロジックにすることで、客観的・合理的な志望動機にしたいためです。また、その企業が特に拘っている強みや特徴といったポイントやキーワードをおさえるようにすると(受けるファームのHPや弊社のHP等をよく読むとわかります)、良いものができてきます。

押さえておくべきポイント!

「志望理由」を書く際には、できるだけ自分自身のリアルな経験を具体的に描写し、そこから「・・・という経験を通じて・・・と感じた結果、コンサルティング業界を志望したいと思った」という風に導くようにすると効果的です。読み手、つまり書類選考官や採用担当のマネージャーは、忙しいだけでなく毎日たくさんの応募書類を読んでいます。

抽象的で誰でも言えることを書いても興味を持ってもらえませんし、納得も共感もしてもらえません。文章が冗長なものもNGです。また、志望理由をマクロ情勢から導き出すのもNGです。論文調で、時勢を評論したり企業像を披露するのもウケが悪いです。例えば、「日本企業にとってM&Aは重要な選択肢になっており、新聞等を読んでも…」といった志望理由では、読み手から「それはその通りかもしれないけど、貴方にいわれなくても…」と言われて落ちてしまいます。

まずは書いてみましょう!

上記ポイントを押さえながら、まずは書いてみて下さい。書いてみることが重要です。すぐに書けてしまう人、なかなかエピソードが思いつかない人、様々でしょうが、焦る必要はありません。また、最初から「うまく書こう」と思う必要もありません。
弊社の転職支援サービスにご登録頂いた場合には、大体のドラフトができた段階で、ムービンの担当コンサルタントからコメントやアドバイスをさせていただきますので、それに従って書いていただければうまく仕上がります。
これまで何千、何万人のコンサル志望者の書類を見てきていますので、各コンサルティングファーム別に押さえておくべきポイントも熟知しています。

ドラフトの段階では、あまり「てにをは」を気にする必要はありません。細かい言葉遣いや体裁にこだわっても、担当コンサルタントがチェックした段階で「その段落を丸ごとカット」ということもありますので、時間の無駄になってしまいます。
どうしてもうまく書けない、イメージが沸かないという方は、ぜひコンサルタントへご相談下さい。参考のために、サンプルの志望動機書をいくつかお見せすることができます。ただ、サンプルをお見せできるのは「一度でもドラフトを書いた方」です。自分で書いてみるという苦労をされた方でないと、サンプルをお見せしても効果がありませんので、ご了承下さい。



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録