IBM、HP、SAP日本法人「首脳人事」の意味

日本IBM、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、SAPジャパンが、新年明けて早々に発表した首脳人事には、新任者の経歴に共通点がある。その意味するところは何か。

年明け早々に発表された外資系IT大手3社の首脳人事

 日本IBM、日本HP、SAPジャパンが1月5日、首脳人事を発表した。新年明けて早々に外資系IT大手の首脳人事がそろうのは過去に記憶がない。


 日本IBMは1月5日付けで、取締役副社長だったポール与那嶺氏が代表取締役社長に就任した。前代表取締役社長のMatin Jetter氏は米IBMのグローバルテクノロジーサービス部門の責任者とともに、日本IBMでも取締役会長を兼ねる。

 与那嶺氏は2010年5月に日本IBMに入社し、製造や金融など幅広い業務部門の営業責任者を務め、2014年10月からは成長戦略の推進役を担ってきた。Jetter前社長のもとで営業改革を推進し、業績向上を果たしたのが評価されたようだ。


 日本HPは1月1日付けで、前SAS Institute Japan代表取締役社長の吉田仁志氏が代表取締役社長に就任した。日本HPでは2014年3月末で小出伸一氏が社長を退任した後、米HPシニアバイスプレジデントでアジア太平洋・日本地域を担当するJim Merritt氏が日本法人社長を兼務していた。吉田氏の社長就任に伴い、Merritt氏は本来の職務に専念する。

 Merritt氏は吉田氏を新社長に起用した理由について、同社が1月8日に開いた記者会見で「数々の企業を成功に導いた実績がある。ハードウェア、ソフトウェア、サービスの幅広い経験がある点も高く評価した」と語っている。


 SAPジャパンは1月1日付けで、前プライスウォーターハウスクーパース取締役会長の内田士郎氏が代表取締役会長に就任した。内田氏は代表取締役社長の福田譲氏と同様、独SAPアジア太平洋・日本地域担当プレジデントのAdaire Fox Martin氏にレポートする。福田氏の役割に変更はないとしている。

 Martin氏は内田氏の会長就任について、「グローバルな視点に立った深いコンサルティングの見識を有する内田氏が加わって、日本の経営体制はさらに強化された」とコメントしている。

ITに一層求められるビジネスコンサルティングの視点

 与那嶺氏と吉田氏と内田氏。実はこの3氏の経歴には共通点がある。それは、3氏ともビジネスコンサルティング会社を経ていることだ。

 与那嶺氏は1979年に公認会計士としてKPMGピートマーウィックに入社し、1999年にKPMGコンサルティング(後のベリングポイント)社長、2006年に日立コンサルティング社長兼CEOを歴任した。

 吉田氏は1995年に米Cambridge Technology Partnersに入社し、1997年にはその日本法人であるケンブリッジ・テクノロジーパートナーズを開設して社長に就任した。同氏は、米スタンフォード大学大学院でコンピュータサイエンス修士、米ハーバード大学ビジネススクールで経営学修士の資格を取得している。

 内田氏は日米で公認会計士の資格を持ち、1980年にピートマーウィックミッチェル会計事務所に入社。1999年にPwCコンサルティング(当時)取締役常務執行役員、2005年にベリングポイント社長、2010年にプライスウォーターハウスクーパース社長を歴任した。

 こうした経歴の3氏が同じタイミングで外資系IT大手の首脳に就いたのは、企業のITシステムがこれから、クラウド、モバイル、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術からなる“第3のプラットフォーム”へ移行していく中で、ビジネスコンサルティングの視点が一層求められるようになってくることを意味しているのではないだろうか。

 果たして3氏がこれからどのような経営手腕を発揮するか、注目しておきたい。

2015年 1月15日
参照日立コンサルティング

SAP

ヨーロッパで最大級のソフトウェア会社。SAPは世界で第3位のソフトウェア企業であり、その上にはマイクロソフト、オラクルが並んでいる。特に大企業向けのエンタープライズソフトウェア市場においては圧倒的なシェアを持っている。SAPの製品は、ERPに代表されるビジネスアプリケーション群で、最も有名な製品はSAP R/3というERP製品。SAPのシステムは、企業における会計システム、物流システム、販売システム、人事システムなどからなっており、それぞれがデータ的に一元化されているため、リアルタイムな分析が可能となっている。上記で挙げた業務システム(基幹システム)以外にも、CRM、SCM、PLMといった分野にもソリューションを提供していたり、大企業向けのシステムから中堅中小企業をターゲットにしたソリューションを提供してきている。

SAPについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録