【日本オラクル】ヤフーの財務会計システムを「Oracle E-Business Suite」で短期刷新

〜スピード経営とIFRSに対応するシステムを8ヶ月で導入〜

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)と、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂、以下 日本オラクル)は、ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)の財務会計システムとして、「Oracle E-Business Suite」が8ヶ月という短期間で稼働開始したことを発表します。

Yahoo! JAPANでは、国内ベンダーのERPパッケージを2005年に導入し、決算業務および債務管理に利用していました。しかし、事業規模の拡大に伴い売上が導入当時の3倍に成長したことで、旧システムでの処理が間に合わないなどの不具合が生じていました。また、2014年度からIFRS(国際会計基準)対応の決算開示が決定しており、旧システムではこれに対応するには作業工程が複雑化するなどが懸念され、IFRS対応のERPへの移行が急務となっていました。
2013年に新たなERPパッケージ導入を決定したYahoo! JAPANは、導入に関するコンサルティングと導入支援を行えるパートナーの選定を行いました。10社以上の候補の中から、「様々なERPパッケージに対応できる点」「大規模ERPの導入経験が豊富である点」などを評価し、TISがERP刷新プロジェクトのパートナーに選定されました。

新システムとして採用するERPパッケージの選定は、2013年9月から約3ヶ月をかけて、TISが業務分析と各製品の性能評価を行い、複数パッケージを提案しました。様々な評価基準の照合と、実際に社員が操作を行うなどの過程を経て、Yahoo! JAPANは「Oracle E-Business Suite」の採用を決定しました。決め手となったのは、数ヶ月の間隔で業務・組織が大きく変貌する同社のスピード経営に対して、「Oracle E-Business Suite」に高い適性があるという点でした。データソースの構造が公開されているため、業務に合わせて柔軟なカスタマイズが行え、モジュール追加により適応業務範囲を拡張できる柔軟さなども高く評価されました。

新ERPへの刷新プロジェクトは、旧システムと同じく「財務会計(GL)」「債務管理(AP)」に機能を絞り、2015年2月の四半期決算報告での新システムの活用を目指し、2014年2月に導入作業が開始されました。プロジェクトでは、日本オラクルの技術支援のもとで、TISが全てのプロジェクトマネジメントを行いました。

新システム導入では、約15の既存システムとの連携が必要でした。そこでは、TISが「Oracle E-Business Suite」向けに独自開発したツール「TIS自動仕訳エンジン」の活用が高い効果を発揮しました。同ツールは、専用画面で仕訳ルールを設定すれば、既存システムのデータを「Oracle E-Business Suite」向けに適切に変換できるため、個別のアドオンの開発が必要なくなり、プロジェクトのプログラミングの工程の大幅な圧縮に貢献しました。

2014年9月には8ヶ月間の導入フェーズが終了し、翌10月から新システムは稼動を開始しています。当初の予定とおり2015年2月に開示した四半期決算報告では、「Oracle E-Business Suite」で処理したIFRS対応の決算情報が用いられました。新システムでは、データ集計のバッチ処理が約半分に短縮されるなど、処理速度の改善を実現すると同時に、決算業務がシンプルになり作業手順がより厳密になることで、内部統制の強化にもつながっています。
Yahoo! JAPANでは、今回の「Oracle E-Business Suite」の導入で、経営情報をタイムリーに閲覧するための仕組みの第一歩を実現しました。今後は、新システムの適応範囲の拡大とデータの蓄積を進め、経営の意思決定の迅速化に貢献するシステムとしての活用を目指していきます。

ヤフー株式会社 システム統括本部 情報システム本部 川上 裕之 氏は次のように述べています。
「ヤフーには、必要なシステムは自分たちでつくる文化があり、ERPパッケージを独力で導入することも選択肢のひとつでした。しかし、“Oracle EBSのプロ”であるTISが上流工程から加わったことで、複数のERP製品の性能評価が可能になり、プロジェクトでは目が届きにくい細部までフォローしてもらえました。導入フェーズでは、仕様変更にも迅速に対処いただくなど、TISの柔軟対応に感謝しています。また、期待に違わない”Oracle E-Business Suite”の性能にも大変満足しています」

2015年 5月19日
参照財経新聞

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録