【日本オラクル】日本オラクルビッグデータモバイル活用を支援する最新クラウド・プラットフォームを発表

オンプレミスで豊富な実績のあるオラクルのソフトウェア群をクラウドで提供。お客さまの既存資産を最先端のシステムに進化させデジタル・ビジネスを推進

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂以下 日本オラクル)は本日クラウド・アプリケーションをシンプルに構築・拡張しビッグデータやモバイルの活用を支援するオラクルのPlatform as a Service (PaaS)である「Oracle Cloud Platform」(オラクル・クラウド・プラットフォーム)に新しいサービスを追加したことを発表します。今回新たに提供開始したサービスは以下のとおりです:「Oracle Database Cloud ? Exadata Service」「Oracle Big Data Cloud Service」「Oracle Mobile Cloud Service」「Oracle Integration Cloud Service」「Oracle Process Cloud Service」「Oracle Archive Storage Cloud Service」。

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社によると2013年の国内PaaS市場規模は254億3800万円2018年には969億6400万円となり2013年〜2018年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は30.7%になると予測しています*。このような成長を続ける市場環境に呼応し日本オラクルは「POCO (The Power Of Cloud by Oracle)」をキーワードにオラクルのクラウドをより簡単に分かりやすく迅速に使える仕組みを構築していきます。その一環として「Oracle Cloud Platform」の専任組織として「PaaS事業推進室」を設立しました。その取り組みはオラクルのSoftware as a Service (SaaS)事業と連携し「Oracle Cloud Platform」の市場やお客さまへの価値訴求最適な導入を通じた中長期に渡るお客さまとの信頼関係構築より多くのお客さまが「Oracle Cloud Platform」をシンプルかつ迅速に導入できるようにスターター・パックなどのベスト・プラクティスの提供を行います。
* IDC Japan プレスリリース: 国内PaaS(Platform as a Service)市場分析結果を発表 (2014年11月10日)http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20141110Apr.html

「Oracle Cloud Platform」の利点は新規アプリケーションの構築や既存アプリケーションの拡張を行える一方でアプリケーションを変更せずに既存のオンプレミスのワークロードをシンプルにクラウドに移行できることです。またユーザー・エクスペリエンスおよび生産性の向上データの管理と分析アプリケーションの迅速な開発・テスト・導入オンプレミスとクラウド間の連携豊富なビジネス情報の活用とユーザー間のコラボレーションが可能になります。

オラクル・コーポレーションは2015年度第4四半期にSaaSおよびPaaSビジネスにおいて4億2600万ドルの売上を計上し対前年同期比200%増加しています。「Oracle Database Cloud Service」「Oracle Java Cloud Service」「Oracle Documents Cloud Service」「Oracle Business Intelligence Cloud Service」「Oracle Database Backup Service」を含む「Oracle Cloud Platform」のお客さまは2015年度第4四半期に1419社増加し累計1800社を超えました。

オラクルはクラウドのすべての階層で最大限に統合された業界標準ベースのサービス群を提供できるクラウドカンパニーです。今後「Oracle Cloud Platform」にサービスを順次追加しSoftware as a Service (SaaS)Infrastructure as a Service (IaaS)Data as a Service (DaaS)と合わせ「Oracle Cloud」の広範なポートフォリオを拡大していきます。「Oracle Cloud」の採用は継続的に増え毎日7000万人のユーザーによる330億回のトランザクションをサポートしています。「Oracle Cloud」は世界各地の19カ所のデータセンターに配備された54000台のデバイスと700ペタバイトのストレージで運用されています。

本日から提供開始する「Oracle Cloud Platform」の新しいサービスは以下のとおりです:
●「Oracle Database Cloud ? Exadata Service」:「Oracle Exadata」の強力な性能をクラウドで利用できるようにします。このサービスを利用することでミッション・クリティカル環境で稼働している「Oracle Exadata」のようなオンプレミスの本番データベースと同じ機能パフォーマンス可用性を持つ「Oracle Database」をクラウド上で実行できます。クラウド上に導入される「Oracle Database」はオンプレミスで導入されている「Oracle Database」と互換性を持つためクラウドへのスムーズな移行のみならずハイブリッド・クラウド環境の構築も可能です。
●「Oracle Big Data Cloud Service」「Big Data SQL Cloud Service」:企業がビッグデータを取得・管理できるようにHadoopおよびNoSQLデータベース上のさまざまなワークロードを実行するための高パフォーマンスでセキュアなプラットフォームを提供します。「Oracle Big Data Cloud Service」は「Big Data SQL Cloud Service」と組み合わせることで業界をリードするオラクルのSQL実装をHadoopやNoSQLにまで拡張しクラウド上で総合的なビッグデータ管理システムを実現できます。
●「Oracle Integration Cloud Service」:クラウド環境およびオンプレミス環境のオラクルや他社製アプリケーション間の連携をシンプルに実行します。事前構築済みの連携機能やベストプラクティスの推奨を通じてアプリケーション同士の連携を実現します。「Oracle Integration Cloud Service」は使いやすさを求めるビジネス・ユーザーの要件と定評の高い「Oracle SOA Suite」のミッション・クリティカル基盤を組み合わせたシンプルで直観的なアプリケーション統合を提供します。
●「Oracle Mobile Cloud Service」:企業におけるモバイル環境をシンプルにすることを目的にバックエンド・システムの複雑さを解消します。次世代のMobile Backend as a Service (MBaaS) である「Oracle Mobile Cloud Service」を利用することでモバイル・アプリの迅速な開発と展開を行えるだけでなくエンタープライズ・グレードの強固なクラウド・インフラストラクチャを提供します。開発者はモバイル・アプリの連携モバイルAPIやセキュリティなどを気にせずにあらゆるデバイス上で実行できるモバイル・アプリを迅速に開発・提供でます。さらにビジネス・ユーザーはモバイル・アナリティクス機能によりモバイル・アプリの利用状況を把握し個々の利用に最適化できます。
●「Oracle Process Cloud Service」:IT部門の手を借りずにプロセス管理アプリケーションの自動化を実現するための機能をビジネス・ユーザーに提供します。「Oracle Process Cloud Service」はコードを記述することなくクラウド上でプロセス自動化プラットフォームを提供しビジネス・プロセスのライフサイクル管理正常なプロセスとSLAに関する知見を取得できるようにします。モバイル・ワークフローを提供し手動プロセスを自動化しSaaSアプリケーションをカスタマイズすることができます。
●「Oracle Archive Storage Cloud Service」:長期保存が必要なアプリケーションとワークロードのためのストレージを提供します。「Oracle Archive Storage Cloud Service」は企業財務記録医療・医薬品アーカイブ文化財コンテンツ保険記録マスター・デジタル・フィルムなどアクセス頻度が少ない大規模データに適しています。このサービスは企業利用を想定したSLAを保証しておりオラクルおよび他社製バックアップ/アーカイブ/管理ソフトウェアと統合された業界標準のAPIを使用してアーカイブされた文書やデータにアクセスできます。

2015年 7月23日
参照gihyo.jp

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録