【プライスウォーターハウスクーパース】日本企業はインダストリー4.0にどのような対応をすべきか?

"今、ドイツは国家を上げて、インダストリー4.0というプロジェクトを進めている。インダストリー4.0は「第4次産業革命」を起こす取り組みであり、狙いの1つが「スマートファクトリー(考える工場)」と言われている。

プライスウォーターハウスクーパースが先日開催した「『インダストリー4.0』最新動向から日本企業に求められる対応を読み解く」と題するメディア向けセミナーの内容から、ドイツと同様、モノづくりを得意としている日本企業が、インダストリー4.0に対し、どのような対応をすべきか探ってみたい。

バリューチェーンでインダストリー4.0の適用が進むドイツ

初めに、PwCドイツ インダストリー4.0 オペレーション・ITストラテジー部門 リードパートナーのステファン・シュラウフ氏が、ドイツにおけるインダストリー4.0の最新動向について説明した。


シュラウフ氏は、「『インダストリー4.0のコンセプトは現実のものか』とよく聞かれるが、ヨーロッパでは現実だ」と語った。インダストリー4.0を支える要素として、「スマートセンサー」「IoTによる接続」「クラウドコンピューティング」「ビッグデータ分析」「自律システム」「3Dプリンティング」が挙げられた。

「スマートセンサーはさまざまな機械と接続することで、データの共有を実現した。これにより、よりスマートな分野での利用や意思決定が可能になった。インダストリー4.0のコンセプトは""より賢い決定を実現すること""。インダストリー4.0は製造業に適用されるものと言われてきたが、ヨーロッパではバリューチェーンでも適用が始まっている」とシュラウフ氏。


シュラウフ氏はインダストリー4.0が「バリューチェーンの水平・垂直領域のデジタル化と統合」「製品とサービスのデジタル化」「ビジネスモデルのデジタル化」をもたらすと説明した。

バリューチェーンの水平統合、垂直統合とはどのようなことを意味するのか。まず、水平統合とは、これまではコンポーネント、サプライヤー、OEM/CEM、顧客が連鎖的につながっていたところ、インフォメーション・ハブを核としてつながり、複数のメディアにおいてクラウド上のデータをリアルタイムで共有できるようになることを意味する。一方、垂直統合とは、製品、センサー、機械、生産現場、計画/ERPがつながることを意味し、これにより、製品の製造フローにデータを投入できるようになるという。

製品やサービスのデジタル化は、新たなサービスの提供を可能にする。シュラウフ氏は、ドイツのポンプ・メーカーを例に挙げた。このメーカーはポンプにセンサーを付け、センサーから取得したデータを分析することで、故障を予測するソリューションなどを開発したという。

日本企業にも影響をもたらす「インダストリー4.0」

PRTMマネジメントコンサルタンツジャパンLLC 日本代表の尾崎正弘氏は、「インダストリー4.0は日本企業にとっても重要」と前置きしたうえで、日本企業のインダストリー4.0への対応状況と今後求められる対応について説明した。

対応状況としては、多くの企業が組織的かつ積極的に情報収集を行い、研究を進めているという。また、「ICTを活用したFAの高度化」「インフラの稼働状況のモニタリングと運用の最適化」など、一部の企業は実際に取り組みを開始しているそうだ。

尾崎氏は今後、日本企業が求められるインダストリー4.0に関する対応としては、「本質を理解すること」「自社の立ち位置を把握するこ」「トレンドの中で戦略とロードマップを理解すること」を挙げた。

そして、日本企業がインダストリー4.0の領域で存在感を発揮するためのポイントは「現在のプラクティスのアップデート」「標準化の推進」「製品とサービスのデジタル化」だという。

尾崎氏は「企業には、生産管理や原価の仕組みなど、歴史をへて作りこまれてきた古いプロセスが存在する。インダストリー4.0に取り組むうえで、これらが足かせとなるという企業の声も聞かれるが、ドイツの企業は古いプロセスをアップデートしている。また、これまで各人が持つノウハウは競争力だったが、力を失った。これからは守るべきノウハウを明らかにして、社内の標準化を進めていかなければならない。さらに、工場を""スマート""に変えるだけでは不十分。スマートな工場で作ることができるよう、製品やサービスも変えていくことが必要になってくる」と説明した。"

2015年 8月6日
参照マイナビニュース

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録