【日本オラクル】Oracle Databaseをそのままクラウドに--日本オラクルのPaaS施策

日本オラクルは、2016年度の重点施策のひとつに位置づけている「Platform as a Service(PaaS)」の取り組みについて説明した。同社では、POCO(ポコ=The Power of Cloud By Oracle)と呼ぶキーワードを打ち出し、クラウドを基本戦略に据えている。

 日本オラクル クラウド・テクノロジー事業統括 PaaS事業推進室の室長、竹爪慎治氏は「オラクルは、Integrated Cloudを打ち出しており、オンプレミスとクラウドの間で、同じアーキテクチャ、製品、知識・ノウハウを活用している」と話す。

 オンプレミスで培った高度な技術をクラウドへ展開し、エンタープライズ向けに統一した基盤を提供している。また、SaaS、PaaS、IaaSというすべてのレイヤで幅広いクラウドサービスを提供できる。さらに、ERPなど従来型の基幹系システムを指すことの多い「System of Record」と、ビッグデータやモバイル向けのアプリケーションなどを含む「System of Engagement」の両方に対応する新たなパブリッククラウドを提供できる点も特徴としている。

 基幹系ユーザーや既存ユーザーが持つデータベースやJavaといった資産を活用しながら、ビジネスインテリジェンスやビッグデータなどにも対応できる。x86環境に加えて、データベース専用機「Engineered Systems」を活用できる点も差別化ポイント」だとした。

 そのほか、「クラウドのサービス形態としては、定額制と従量制の2種類を用意しているが、従量制においても、1年間有効のプリペイド額を購入し、実利用ベースで課金し、必要に応じて追加購入できる仕組みとしている。サービス内容を強化したり、従量制でありながらも投資額を明確化したいという場合にも活用できる。これは、PaaSの環境においては大変重要な仕組みになる」などと述べた。

Database Cloud Serviceの利点

 一方、日本オラクル クラウド・テクノロジー事業統括 Cloud/Big Data/DISプロダクトマーケティング部の部長、佐藤裕之氏は「Oracle Database Cloud Service」の概要について説明。

部門アプリケーションなどに対応したSchema Service、エンタープライズアプリケーションに対応したDBaaS、ミッションクリティカルアプリケーションに対応したExadata Serviceの3つのサービスを用意しており、部門アプリ基盤からミッションクリティカル基盤までさまざまなサービスレベルに対応しているほか、ビッグデータアナリティス、ビジネスアナテリティクス、バックアップといった機能によって、エンタープライズで必要なデータ管理サービスを提供できることを強調した。

 「オラクルは、すべての機能をパブリッククラウドに向けている。Enterprise Managerによって、オンプレミスと同様の環境をクラウドが活用できる」とする一方で、「オンプレミスとOracle Cloudを比較すると、潜在的な管理コストを含めた部分で、Oracle Cloudはコスト優位性を持つ」との考えだ。

 Database Cloud Serviceでは、従来のOracle Databaseの機能がそのまま利用できるため、個別実装が不要であり、運用管理もそのままの手法を踏襲することができる。

 また、オンプレミスでは90ステップで、構築までに5〜6週間かかっていた環境を、Database Cloud Serviceでは5ステップ、30分間で構築でき、18分の1のステップでDatabaseをプロビジョニングできる。これは、クラウド専用ツールを採用していることが背景にあり、ワンクリックでパッチを適用すたり、DRなどの可用性向上への取り組みも実施できる。コストは約35%削減し、工数は約95%削減できるとしている。

Database Cloud Serviceの特徴は、サービスレベルに応じて2種類のサービスタイプを選択できることだとする。加えて、IaaSの基盤としてx86とEngineered Systemsの2種類を選択できること、データベースオプションの選択を4種類のカタログの中から選択できること、状況に応じてインスタンスも変更できるといったことに触れながら選択肢を提供していること、柔軟性を持っていることなども挙げている。

 「Database Cloud Serviceの主な活用シーンとして、開発およびテスト環境、オンプレミスのバックアップ、Oracle Database 12cの検証、PaaSやSaaSとの連携などがある。また、Exadata Serviceでは、Exadataをクラウドで利用することができ、イニシャルコストを下げて、数カ月間だけ利用するといったこともできる。ミッションクリティカルの本番データベース環境を一度走らせてみたいといったような、エンタープライズからの要件にも対応できる」と佐藤氏は話している。

さらに、Oracle Database Backup Serviceについては、オンプレミスまたはクラウド上のデータベースを、Oracle Cloud上に、シンプルで低コストな環境でバックアップ。Oracle BigData Cloud Serviceでは、エンタープライズで必要なデータ管理サービスとして、高いパフォーマンスで安全に実現するHadoop専用環境を提供するほか、クラウド上で総合的なビッグデータ管理システムを実現できるという。

 また、Oracle BI Cloud Serviceは、エンタープライズ向け分析環境をすぐに活用でき、ビジネス部門主導による意思決定の迅速化を支援する。

 そのほか、Oracle Java Cloud Serviceにより、Java EEプラットフォームをクラウドで提供することで、インメモリ機能や負荷分散機能などを構成済みで迅速に実現できること、運用管理の自動化やチーム開発の効率化および標準化にも貢献できることを示した。

 従量課金方針の利点についても説明。WebLogic Suiteでは9プロセッサ、Database EEでは8プロセッサの環境では4260万円の費用が必要であるのに対して、PaaSの活用によって、1時間6700円で利用できること、さらにデータ、アプリを保持したまま、停止/再開ができることから、非稼働日は停止させることで、コストを大幅に節減できる点にも触れた。

 また、新たなサービスとして、Oracle Documents Cloud Service Release 4を提供。プレゼンテーション用の専用アプリであるOracle Documents Presenterや、パブリックリンクの機能の拡張、指紋認証によるコンテンツ保護などの強化点についても説明した。

 日本オラクル クラウド・テクノロジー事業統括 Fusion Middleware事業統括本部ビジネス推進本部の清水照久シニアディレクターは「Java/Oracleのシステム開発に、安い、早い、学習不要という価値を提供できる。さらに、モバイル対応、ドキュメント管理、SaaS連携といった+αの価値も提供できる」と話している。

2015年 8月11日
参照ZDNet Japan

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録