【SAP】独自路線を行くSAPのクラウドサービス拡大戦略

SAPがクラウドサービス事業の拡大に向けて独自路線を進みつつある。かねて自前のクラウドにこだわらないことを明言していたが、その展開の仕方が見えてきた。

パートナー企業のクラウドからも利用可能に

 SAPジャパンが先ごろ、データ分析のSaaS「SAP Cloud for Analytics」を国内で提供開始すると発表した。インメモリデータベースをクラウド上で提供するPaaS「SAP HANA Cloud Platform(HCP)」を分析エンジンとして利用し、その上でビジネスインテリジェンス(BI)や経営ダッシュボード、計画、予測などの機能を統合した新規開発商品だという。

 発表会見で説明に立った同社の鈴木正敏バイスプレジデント プラットフォーム事業本部長は、「新規開発と言っても唐突に出てきたわけではなく、HCPの能力をフル活用して仕立て上げたリアルタイム分析ソリューションだ。当社はこれまでオンプレミスのBI市場をリードしてきたが、今回の新サービスでクラウドベースのアナリティクス市場でも引き続きシェアトップを確保したい」と力を込めて語った。

SAP Cloud for Analyticsの詳細な機能や特長については関連記事を参照いただくとして、ここでは鈴木氏とともに説明に立った同社の高橋正樹プラットフォーム事業本部シニアソリューションプリンシパルの次の発言に注目したい。

 「新サービスはHCPを通じて、オンプレミスや他社クラウドのアプリケーションとも幅広くデータ連携を行うことができる。今後はHCPが搭載されていれば、SAPのデータセンターから提供するクラウドでなくても利用できるようにしたい。自前のクラウドにこだわらず、HCPおよびその上で動くアプリケーションをパートナー企業のクラウドからも利用できるようにして、どんどん広げていきたい」

クラウドサービスにおけるビジネスモデルの対決

 高橋氏が語ったHCPおよびその上で動くアプリケーションの展開の仕方は、まさしくSAPならではのクラウドサービスの拡大戦略である。

 実はSAPはかねてより、自社製品のクラウドサービス展開において、自社のデータセンターから提供するだけでなく、グローバルな地域や業種・業態などの特性を踏まえた形で、パートナー企業のデータセンターにもサービスの運営を委託してビジネスを広げていく協業形態をとっている。

 クラウドサービスにおけるパートナー企業との協業については、グローバルレベルでSAPと競合する他のベンダーも同様に注力している。だが、SaaSについては代理販売、PaaSについてもその上で開発したアプリケーションのデータ連携を図る形で、ベースとなるSaaSやPaaSは当のベンダーが自前のクラウドで運営しているケースがほとんどだ。

 そうしたベンダーが自前クラウドにこだわるのは、顧客と直接つながることで、いわゆる直販メリットが得られるからだ。データセンターをはじめとした投資はかかるものの、顧客の囲い込み戦略としては効果絶大とみているわけである。

 では、なぜSAPは自前のクラウドにこだわらないのか。そのキーワードとみられるのが、今回の新サービスの発表会見でも強調されていた「HCP」である。おそらくSAPは、HCPによってPaaS市場で確固たるシェアを獲得することこそが、SaaSも合わせたクラウドサービス事業の最大化につながるとみているのだろう。

 ただ、エンタープライズITのプラットフォームという意味では、オンプレミス市場で圧倒的な存在であるOracleがPaaS市場でもシームレスな利用環境を武器に一大勢力を築こうと狙っている。そうした中で、HCPがどれだけ勢力を伸ばすことができるか。SAPはその最大化を目指して、自前クラウドにこだわらない戦略に打って出たとみられる。

 自前クラウドにこだわるか、こだわらないか。これはクラウドサービスにおけるビジネスモデルの対決である。もしSAPのビジネスモデルが確固たる成果を上げれば、クラウドサービスの流通の仕組みが大きく変わることになりそうだ。

2015年 12月9日
参照ZDNet Japan

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録