実はある、基幹系をSaaSで生かせる分野

●期待と現実の間には大きなギャップ

 基幹系システムとは「財務会計/管理会計」「人事管理」「給与管理」「販売管理/購買管理」「生産管理」といった企業活動の根幹をなす業務システムを指す。基幹系システムは歴史が古く、それぞれの企業で独自にシステムを開発する流れがオフコン時代から根強く続いている。そのためパッケージを中心として普及したグループウェアなどの情報系と比較すると、SaaS活用には向かないといわれることが多い。

 基幹系システムは独自開発やカスタマイズの比率が高く、それだけ運用/保守のコスト負担が大きい。ユーザーはSaaSに移行すれば運用/保守の負担が軽減できると期待しているわけである。しかし、SaaSに移行すればコスト削減につながるとは限らない。基幹系システムにおけるSaaS活用ではユーザーが抱く期待と現実の間に大きな乖離(かいり)が生じている状態なのである。

●システム特性における障壁は徐々に解消方向へ

 それでは本連載のキーポイントでもある「業務システム特性」を確認してみよう。

初期導入コスト:高

 基幹系システムは企業それぞれの業務スタイルに強く影響される。そのため、新規導入/リプレースのいずれの場合においても、要件定義には多くの手間と時間がかかることが多い。

自社運用負担度:中

 現状維持の負担そのものは顧客管理系システムと同程度である。カスタマイズによってパッケージのバージョンアップコストや改変部分の保守/運用コストが増大するが、この点はカスタマイズ度の特性に反映させている。

カスタマイズ度:高

 冒頭でも述べたように、基幹系システムではこの特性の影響が非常に大きく、SaaS活用においても障壁となってくるポイントである。

データ連携度およびデータ秘匿度:高

 基幹系システムが扱うデータは財務情報など秘匿性の高いものが多く、販売/購買情報のようにCRM(顧客関係管理)やSFA(営業支援)などの他業務システムとの連携が求められる場合も少なくない。データの秘匿性や連携性の確保は、これまでSaaSの苦手分野とされてきた。だが、昨今ではVPNを利用したデータ連携ソリューションや、シングルサインオンによって利便性とセキュリティを両立させたソリューションが登場している。前者の例としてはNTTソフトウェアの「SkyOnDemand」、後者としては日本ヒューレット・パッカードの「HP IceWall SSO」が挙げられる。

●システムのビジネス環境とライフサイクルを考えることが重要

 上記の業務システム特性を踏まえると、最重要ポイントは「カスタマイズ」ということになる。しかし「カスタマイズしないのであれば、基幹系システムでも SaaS活用が有効」というほど話は単純ではない。現時点ではカスタマイズが不要であっても、今後どうなるか分からない。逆に、現在実施しているカスタマイズが完了すれば、今後数年は改変が不要という場合もあるだろう。

 つまり、考えるべきはシステムの変更頻度とその度合いということになる。そしてそれを判断するための基準として挙げられるのが、以下の2つのポイントである。

ビジネス環境変化の影響:

 そのシステムが自社の本業にどれだけ深くかかわっていて、自社を取り巻く環境が変化した際にどれだけの影響を与えるかという判断基準を指す。例えば、リース/レンタル業界における契約管理システムは自社業務の根幹を成し、法制度や競合他社の変化に対して継続的かつ迅速に対応することが求められる。その結果、大幅なシステム変更が頻繁に生じることになるため、SaaS活用には適していないといえる。しかし、逆にビジネス環境の変化をSaaS提供者側が吸収してくれるようなサービスがあれば、利用を検討する価値がある。

ライフサイクル:

 どのようなシステムにも初期段階、拡張段階、安定段階といった時間的なステージが存在する。当然ながら安定段階においてはカスタマイズの頻度は低く、変更があったとしてもそれは軽微である。既存システムをSaaSへ移行する場合は安定段階であることが望ましいといえる。一方、初期段階においては最初から SaaS活用を前提としてシステム運用ルールを構築してしまうというパターンも有効である。

 逆に避けるべきなのは、拡張段階の最中にある基幹系システムを無理にSaaSへ移行することだ。構築した基幹系システムがまだ完全に業務に最適化されていない段階では、自社内の運用環境で時間とコストを掛けてギャップを埋めていくことを最優先すべきなのである。そして、日本の中堅・中小企業の基幹系システムの多くはこの段階に位置している。そのため、「コストを理由にして基幹系システムをSaaSへ移行したいと期待するユーザーは多いが、実際にやろうとするとうまくいかない」という状況になるわけだ。

・ビジネス環境変化の影響を考慮したもの:

 ECセンター for 奉行(TIS)

 Net Suite(ネットスイート)

 上記2社は、EDI(電子データ交換)やeコマースといったように他社との連携が必須である業務を対象としている。連携する相手を柔軟に変えられる仕組みを提供することによって、ビジネス環境の変化をSaaS提供者側で吸収している例といえる。

・初期段階での利用を想定したもの:

 ZAC Enterprise(オロ)

 Just-iS(GCT研究所)

 上記2社は、比較的小規模かつ黎明(れいめい)期の企業における基幹系システム利用を想定としたサービスとなっている。

・安定段階においてパッケージの自社内運用からの移行を想定したもの:

 PCA for SaaS(ピー・シー・エー)

 GRANDIT-ASP・SaaS(NECネクサソリューションズ)

 らくらくアウトソーシングパック for 奉行21(NECネクサソリューションズ)

 既存パッケージをベースとしたサービスは、安定段階における自社内運用からSaaSへの移行に適したものが多い。

 このように基幹系システムのSaaS活用においては、業務システム特性に加えて、「ビジネス環境変化の影響」と「ライフサイクル」という中長期にわたるビジネス的視点も考慮に入れることが重要なのである。

2009年 7月4日
参照TechTarget

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録