ビジネスパーソンのための「図を使って思考を磨く技術」

ロジカルシンキング、フレームワーク、クリエイティブシンキングなどビジネスで必要とされる思考力を鍛えるための情報は、世の中にたくさん存在します。でも、それらの本を読んでも「いまひとつ身に付かない」という声をよく聞くのはなぜでしょう? なぜなら、それらの本を読むだけでは、足りないものがあるからです。それは、学んだことを実際にアウトプットして使う技術です。

●経営コンサルタントのノウハウがここに

 そこで役に立つのが「図」です。図は考えを実際にアウトプットする(=書いて表現する)技術を鍛えるものです。図を使うようになると、入ってきた情報を簡単に整理し、表現できるようになります。しかも、図はただ「考えを表現する」だけではありません。大変効率的な「考えるためのツール」でもあるのです。

 わたしはJPモルガンで内部コンサルタントとして、またボストンコンサルティンググループで、経営コンサルタントとして働いていましたが、コンサルタントはモノゴトを考えるときに日常的に図を使っています。実はいくつかの図のパターンを覚えることで経営コンサルタントの考え方が簡単に身に付けることができるのです。

 いったん図を使えるようになると、頭が整理される、仕事が早くなる、効果的に相手に伝えられるなど、さまざまなメリットを感じるようになります。たくさんの情報から要点を素早くつかめるようになるので、例えば会議などでも情報を整理して生産的に議論を進めることができるようになります。

 図は問題解決能力も高めます。図を使うことで複雑なことを論理的に整理して考えたり、普段考え付かないようなアイデアを出したりすることが簡単にできるようになるからです。ここでは、図で「問題解決能力を高める」というポイントについて、少し掘り下げて紹介します。

●広がる問題解決の可能性

 以前、次のような課題に対して、ITコンサルティングやITヘルプデスクサービスを提供しているコンサルタントに実際に考えてもらう機会がありました。

 クライアント先企業の担当者から、「業務効率が悪くて困っている」という悩みを聞き、その原因を探るべく、ヒアリングを実施しました。調査をしていくと、顧客からの問い合わせ対応が多く、時間がとられていること、また社内で使っているITツールのトラブルが多いことが分かりました。中でも、ITツールのトラブルが起きたときの社内の問い合わせ先が統一されておらず、解決できる人を探すのに、電話をたらい回しにされて時間を浪費するのが多いことが判明しました。あなたなら、この課題に対し、どのような解決策を考えますか。

 いかがでしょうか。実はこの例題、図を使って考える前は、大半の人は「電話をたらい回しにされないように、ヘルプデスクを設置する」と答えました。ITヘルプデスクにかかわる方たちの回答ですから、当然です。

 次に、図の「因数分解のパターン」を使ってこの問題を考えてもらいました(※)。この図は大きな目標や複雑な問題を分解して考えるために使います。使い方は、まず達成したい目標や問題となっている課題を書き、その下に構成要素となるアイデアや解決策をツリー状に分解しながら書いていきます。

※http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1001/14/news012_2.html

 先ほどの問題を、この因数分解のパターンを使って考え直してもらうと、一つ一つの課題に対してさらに提案の余地があることが分かりました。「顧客からの問い合わせ対応が多い、ということに対してFAQのサービスを開始する」や、「ITツールがトラブルを引き起こしているのだからそれ自体を変更する」など、新たな解決策に気付くきっかけになったのです。

 意識せずに考えると、わたしたちは概して自分が得意な分野のこと、専門領域のことにばかり目がいきがちです。しかし、図にすることによって、思考の幅を広げたり、情報を整理することが簡単にできるようになります。このように、図を活用することで、自分だけでなく部下やクライアントに対しても、より効果的な指導や提案をできるようになるのです。

 拙著「図で考えるとすべてまとまる」では、この「因数分解のパターン」を含め、7つの図の基本パターンを紹介しています。図のパターンを知るということは、「考え方のパターン」の引き出しを増やすということです。7つの基本の図の使い方を覚えることで、ビジネスリーダーに必須の思考パターンが身に付くので、ぜひ試してみてください。【村井瑞枝】

2010年 1月14日
参照ITmedia エグゼクティブ

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録