「ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃や標的型メールの“見えない化”に注意」――日本IBMの最新セキュリティレポート

同レポートは、IBMのネットワーク・セキュリティー運用監視サービス「Managed Network Security Services(MNSS)」を提供する世界10拠点のIBMセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)において観測した、2013年上半期(1〜6月期)のインターネット・セキュリティー情報に基づくもの。

 IBM SOCでは、過去10年以上にわたって蓄積したセキュリティー・インテリジェンスを相関分析エンジン「X-Force Protection System」に取り込み、1日あたり約200億件(毎秒約23万件)のログをリアルタイムで相関分析を行っている。Tokyo SOCレポートは、この解析結果を日本国内の動向にフォーカスして独自の見解を加え、半年ごとに公表して、顧客をはじめとする国内企業にセキュリティ上の注意喚起を行っている。

インターネット・セキュリティ分野で顕著な3つの傾向

 発表同日、日本IBMは報道関係者を集めて説明を行った、同社 グローバル・テクノロジー・サービス事業 ITSデリバリー ユーザー&コミュニケーションサービス セキュリティ・サービス担当部長の徳田敏文氏は、同レポートで顕著な動向として、(1)ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃の急増、(2)SSH・FTPサーバーへの辞書/総当たり攻撃の65%以上が中国のIPアドレスから、(3)標的型メール攻撃の“見えない化”が進行」の3つを挙げ、それぞれについて説明した。

まず、(1)について、最新レポートでは、国内における今期のドライブ・バイ・ダウンロード攻撃の検知数が3972件と前期比で約4倍の伸びを示し、特に2013年1〜3月の3ヶ月間は、これまでにない急増であったことを示している。ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃とは、Webサイトを改竄し、そこにアクセスしてきたクライアントPCをマルウェアに感染させるという攻撃手法のこと。

 急増の背景として徳田氏は、「攻撃者が仕掛けるドライブ・バイ・ダウンロード攻撃の最初のステップであるWebサイトの改竄が予想以上に成功している」ことを指摘。レポートによると、このタイプの攻撃は、アプリケーション開発フレームワークなどのミドルウェアの脆弱性が悪用されるパターンがほどんどで、なかでもJRE(Oracle Java Runtime Environment)の脆弱性を悪用した攻撃が全体の80.4%を占めるという。

 「ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃の成功率は13.2%で、この数字を高いとみるか低いとみるか。組織内で10台に1台以上のPCが被害に遭っている計算になり、私達は、この成功率を必ずしも低いとはとらえていない。今日、セキュリティ・インシデントと言うと、標的型メールや(Anonymousのような)ハッカー集団の攻撃に目が行きがちだが、ここで基本に立ち返って、パッチ適用管理などの見直しが必要である」

続いて、(2)の辞書/総当たり攻撃とは、ツールを使って攻撃対象へのログイン試行を自動的に繰り返すことで正規のログインID/パスワードの組み合わせを探り当てる攻撃手法のことである。Tokyo SOCは、とりわけSSHとFTPサービスを対象にした攻撃状況に着目。レポートによると、送信元IPアドレスは中国の割り当てレンジのものが65%以上と最多で、続いて米国(5.8%)、韓国(5.0%)となっている。

 徳田氏は、例えば、攻撃対象のサイトが「example.jp」の場合に「example」や「examplejp」といった、類推を容易に行える安易なログインIDにしてしまうことや、機器のマニュアルに記載されている出荷時のデフォルトパスワードのままで運用してしまうことといったミスが狙われていると指摘した。

 (3)の“見えない化”とは、ある特定の組織や個人に対し執拗に攻撃目的のメールを送信する標的型メールの攻撃件数そのものは減少していないが、暗号化、匿名化といった攻撃検知を回避するための技術が進化し、検知件数に減少傾向が見られる状態を指している。求められる対策として、徳田氏は、「明確な攻撃を発見・防御する従来のアプローチに加えて、セキュリティ機器で詳細なログを取得し、それに対してリアルタイムに相関分析を行うことで、攻撃の痕跡を発見し迅速に事後策をとる出口対策のアプローチが必要になってくる」と説明した。

なお、今回発表されたTokyo SOCレポートの全文は日本IBMのWebサイトで入手することができる。

2013年 8月28日
参照IT Leaders

日本IBM

日本IBMは外資系の100%子会社で、創立は戦前の1937年、多数の日本人従業員を抱え、国内企業との合弁を含む多数の関連会社を展開している。現在ではIBMは世界レベルでもサービス事業の比率が売上の6割となったが、そのベースとなった。SI(システムインテグレーション)事業は、日本IBMが先行していた分野とされる。コンサルティングサービスについては、豊富な実績を基盤に、世界のIBMグループと密接な連携をとりグローバルベースでの連携し、分断されたサービスではなく、ビジネスコンサルティングからシステム構築、業務アウトソーシングまで一貫したサービスをグループとして提供している。

日本IBMについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録