「クラウドの目的はコスト削減からビジネスの拡大へ」、日本IBMの小池執行役員

日本IBMの小池 裕幸執行役員(GTS事業本部 スマーター・クラウド事業統括担当)は2014年2月26日、「Cloud Days Tokyo/ビッグデータEXPO/スマートフォン&タブレット/Security」で、「戦略から実践、さらに次のステージへ:ビジネス成長のエンジン、IBMクラウドとは?」と題して講演した(写真)。

 講演の序盤で小池執行役員は、クラウドの目的は2013年度上期くらいまでは主にコスト削減だったが、2013年後半あたりからは“クラウドを使うことによって拡大するビジネスモデルをどう作るか”といった、価値の遡及が広がっていると指摘。プライベートからパブリックまで、5種類を提供しているIBMのクラウドの注力点や注目点を解説した。

 最近の動きとして挙げたのは、今年1月に発表したクラウドへの12億ドルの投資。買収したIaaS事業者である、米ソフトレイヤーの事業を拡張するもの。ソフトレイヤーを買収したのは、世界で1つしかないIaaSであるため。インターネットサービス大手と同様に、インターネットとは別の広帯域の商用オーバーレイネットワークを持つ。これで、世界でビジネスをしたい企業に多大なメリットを提供できるという。

 データセンターでは仮想化サーバーに加え、データベースやストリーミング、ゲームなどに向けチューニングしやすい「ベアメタル」(仮想化していないサーバー)も利用できる。また多数のAPIを持ち、ログを取得したりできるため“透明なクラウド”であるとする。ソフトレイヤーのデータセンターは、「日本国内にデータを置きたい」という日本企業の商慣習への対応として、年内に日本にもオープンするという。

 講演では、ビデオで理化学研究所によるソフトレイヤーの検証事例を紹介した。同研究所はシステムログの解析ツールを用いて、“国内で生成した膨大なログを米国に転送し、インデックスを作成し解析”する処理を検証。「懸念していた国外データセンターへの転送遅延は、実際は殆ど問題なかった」「オンプレミスのソリューションにとって、VMとベアメタルには相当差があるという実感」などが判明したとのことだ。

 小池執行役員が次にポイントとして挙げたのは、オープンクラウドへの取り組み。IBMでは、「オープンな技術要素を組み合わせることで、ベンダーロックインを避ける」「開発者側の意見を取り入れる」などの観点から、4点の取り組みをしている。

(1)オープンな団体を支援してのオープンクラウドの推進
(2)パーツ単位で流通可能なエコシステム作り
(3)パーツを組み合わせてアプリケーションを作れる開発環境の支援
(4)IBM自らのパーツ提供


である。IBMでは、IaaSの部分はOpenStack、PaaSのところはOasisのTOSCAおよびCloud Foundryを支援している。
IBMが考えるオープンクラウドの全体像は、3階層から成る。下から、サーバーやネットワークデバイスやストレージなどのSoftware Defined Environment、開発環境や運用環境を作るところで部品を組み立てる仕組みを提供するCloud Operating Environment。そして一番上の層は、人間が使うSaaSから、「プログラムが使うSaaS」に変わるという。

 つまりここはAPIの世界となり、APIを呼んでプログラムを作る形に変わる。こうした“API Economy”へ、色々な技術者が“出店”可能にしよう、というのがIBMの考えである。

 小池執行役員は「パーツを組み合わせてアプリケーションを作れる開発環境」について、利用イメージを示しながら説明した。この環境は「BlueMix」といい、アプリケーション開発言語を選び作成を指示すれば、アプリケーションを作れる環境がすぐにできあがる。そこでコードを書き、データベースやメッセージなどのサービスをバンドルすることもできる。

 「サービス数やメモリーサイズは一定までは無償で、アプリを商用にしてそれらを超えたら課金が始まる」という新しいAPI Economyのビジネスモデルも提示した。「BlueMixの世界は、間もなく日本でも使えるようになる。スピードアップして世の中にアプリケーションを出せる時代が、クラウド上でやってくる。そこまで来れば、本当にビジネスに貢献できる環境が出来上がると思う」と小池執行役員は語った。

2014年 2月27日
参照Itpro

日本IBM

日本IBMは外資系の100%子会社で、創立は戦前の1937年、多数の日本人従業員を抱え、国内企業との合弁を含む多数の関連会社を展開している。現在ではIBMは世界レベルでもサービス事業の比率が売上の6割となったが、そのベースとなった。SI(システムインテグレーション)事業は、日本IBMが先行していた分野とされる。コンサルティングサービスについては、豊富な実績を基盤に、世界のIBMグループと密接な連携をとりグローバルベースでの連携し、分断されたサービスではなく、ビジネスコンサルティングからシステム構築、業務アウトソーシングまで一貫したサービスをグループとして提供している。

日本IBMについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録