ITコンサルタント転職・IT転職 >  特集 >  特集 RPAコンサルタントへの転職

RPAコンサルタントへの転職

RPAコンサルタントへの転職

近年、ITコンサルティング業界やSI業界を中心に「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」という言葉が注目を集めています。
そして、RPAは企業の付加価値向上のために必要不可欠なソリューションとなり、近い将来、業界問わず多くの企業でRPA を活用した抜本的な業務改革取り組む企業が多くなってきている状況です。 今回は「RPA」をキーワードに、コンサルティングファームがどんなプロジェクトを展開し、どういった方々を採用しているのか、直近の採用動向も合わせながらご紹介しています

RPAとは? なぜ多くの企業から注目されている? RPAのプロジェクトについて RPA活用のメリットとは? RPAが普及した時に求められるSEとは? RPAコンサルタントの採用状況 RPAコンサルタント求人 個別キャリア相談会

RPAとは?

RPAは仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれ、これまで人手で行っていた業務をAIや機械学習等を含む認知技術の活用により自動化するものです。今まで人にしかできないと思われていた大部分を自動処理するソフトウェアです。例えば社内の経理部門で膨大な時間をかけている経費情報のチェックなどを、秒単位で実行。人の手順を学習させることで、スピーディーかつ、確実に働くうえ、人がコンピュータ上で行うほとんどの作業をこなすという汎用性の高さを誇ります。

なぜ多くの企業から注目されている?

少子高齢化による労働人口の減少、政府主導によるワークライフバランスの促進などの環境変化の中で、企業が成長し続けるためには、これらの制約に対応しながら、社員一人一人が今まで以上に付加価値の高い業務をこなしていかなければならないためです。

RPAのプロジェクトについて

1.金融・證券会社「管理業務のRPA化」
バックオフィス全業務をスコープにした、業務のロボ化を推進。

2.精密機器メーカー「HQ改革とグローバルBPR」
国内本社(GHQ)とリージョンHQの役割・権限・機能の再定義と並行してRPA×SSCを活用した間接業務のグローバルBPRを推進。

3.医療系メーカー「工場生産性の向上」
業務のRPA自動化×シェアードセンター価値の再定義を軸に、これからの"全社間接業務推進プラットフォーム"を構築。

4.OAメーカー/事務用品メーカー「マネジメント意思決定オペレーション改革」
RPAが得意とする情報収集・集計等のタスクはすべてロボ化し、人の意思入れ前までをスピーディーな姿に変革

5.印刷会社「自社BPOサービス力強化」
派遣・契約社員業務のRPAシフトによるコスト構造改革を図ると共に、オペレーションスピードの向上も含めて推進。

RPA活用のメリットとは?

【品質向上への貢献】
RPAは事務処理業務全般と親和性が高く、人間に比べ継続的かつ安定的に業務を実施することが可能であるため、エラー・事務ミスが激減し、タスクの品質向上につながります。

【スピードへの貢献】
RPAはデータ編集、画面操作等の作業に物理的なキーボードやマウス操作が伴わないため、人手の数十から数百倍の速さで作業をこなし、業務実施スピードが圧倒的に速くなります。また、導入・変更対応のスピード、効果創出までのスピードも向上します。

【効率化への貢献】
RPAにより人間の介在が不要となるため、リソースの制約をほぼ受けずに作業の多重実行が可能となります。結果として、人件費格差や標準化を元にしたBPO等によるコスト削減は10~30%が限界と言れている一方で、RPAでは40~60%※のコスト削減が可能です。

RPAが普及した時に求められるSEとは?

RPA普及期で求められるのは技術力(IT)より業務視点(ビジネス)。なぜなら、RPAの導入には業務目線と高度なロジカルシンキングが必要になります。お客様の事業のどこをRPAで代替したら利益を最大かできるか?そのような考え方ができるエンジニアは、今後RPAの導入をプロデュースする立場として市場価値が高くなっていくはずです。どんな組織にも必ず存在する業務を、「人間+RPA+IT」の3層構造で劇的に効率化・コスト削減していくRPA。すなわち、テクノロジーでインパクトある仕事を目指すエンジニアよりも、テクノロジーを使ってビジネスを変えていく意欲と熱意あるエンジニアにこそ活躍の場が広がってきています。

RPAコンサルタントの採用状況

各コンサルティングファームよりRPAコンサルタントの求人を多く頂きますが、残念ながら転職市場にRPAコンサルタントの経験者が少ないため、「ビジネスコンサル」や「上流工程」を目指している若手SE(27~30歳)の方をポテンシャル採用にて積極採用しているコンサルティングファームが多い状況です。

RPAコンサルタント求人

RPAコンサルタントを積極的採用をしている代表的なファームをご紹介します。
下記以外にも多数非公開ポジションがありますので、RPAコンサルタントへのご転職にご興味をお持ちの方は、ぜひ一度ご登録下さい!

個別キャリア相談

これから益々市場価値の高まるRPAコンサルタントにご興味をお持ちの方に、業界情報や人気ファームの最新ニーズ、今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。ご相談面談では、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、最適なキャリアチェンジ機会のご紹介、キャリアチェンジ成功のためのアドバイス等できればと思っております。

日程 具体的な日時については、担当コンサルタントと調整となります。※面談には30分~1時間程度を要します。
普段仕事がお忙しい方、遠方の方はお電話でもお受けしております。
平日夜や休日でもご対応できますので、お申し込み後キャリアコンサルタントとご相談ください。
開催場所 弊社オフィス(新橋駅・内幸町・虎ノ門駅付近)※電話での対応も可能です。
対象 RPAコンサルタントにご興味をお持ちの方

※弊社がご提供するサービスはすべて無料です。  
費用 無料

お申込み方法は、既に弊社へのご登録がお済の方は、弊社担当者に直接お問い合わせください。
ご登録頂いてない方は、こちらからお申し込み下さい。ご応募お待ちしております。



ITコンサルタント 転職情報

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容 ITコンサルタントの仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたります。

求められるスキル

求められるスキルとは? IT知識だけではなく、コンサルタントとしての基礎能力も必要となってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 仕事内容や、求められる役割、企業の3つの視点からSEとITコンサルタントの違いを見ていきます。

SEからコンサルになる方法

SEからコンサルになる方法 アプリ、インフラエンジニアからコンサルタントへのキャリアアップ方法をご紹介いたします。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

採用動向

採用動向 最新のコンサルタント(経営・IT)、IT関連企業の採用動向です。詳細は弊社までご相談ください!



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録