生半可なBCP対策は失敗するだけ ガートナーのアナリストが語る

8カ月前に発生した東日本大震災は、日本企業がBCP(事業継続計画)やDR(ディザスタリカバリ)の対策を見直す大きな契機となった。例えば、データセンターの選定に関して、これまでは、緊急時にすぐ駆けつけられるという理由でオフィスに近い立地が好まれたり、電力の安定供給を背景に発電所付近のデータセンターが注目されたりしていた。

 震災後、その様相は一変。今では、リスクを分散するために多くの企業はオフィスから極力離れた場所(本社が首都圏であれば、関西や九州、沖縄など)への設置を検討するほか、福島第一原発事故の影響などで原子力発電所の周辺にデータセンターを構えるという発想はなくなったに等しい。

 震災以降の企業の取り組みについて、具体的なデータを見てみよう。IT調査会社のガートナー ジャパンが今年5月に発表した企業のIT部門に対する調査結果によると、「データセンターあるいはサーバルームの移設」について6割以上の企業が計画を実施、あるいは検討中であるほか、回答企業の約半数が「100キロメートル圏を超える災害対策サイトを活用」していたり、検討していたりすることが分かった。

また、企業情報システムのBCPおよびDR対策において、効果を発揮すると期待を集めているのがクラウドサービスである。上記の調査では、「災害対策としてのクラウドや外部サービスの利用」について、計画通りあるいは一部を実施済み、近いうちに実施すると回答したのは合わせて24%に上り、計画を策定中または検討中の企業は35.9%となった。

BCPの取り組みについては、実は震災前から策定していた企業は多かったが、内容は有効活用できるものではなかったという。「多くの企業はISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の情報セキュリティポリシーに関する雛形を基にBCPを作成していたが、これはリスク評価がないものだった」と石橋氏は説明する。

 また震災後、企業でBCPを策定し直す動きが出てきたが、石橋氏は「専門家に任せないと以前と同じ轍を踏むだろう」と指摘する。石橋氏によると、多くの企業では経営トップからコスト抑制のためにBCP策定を自社で内製化せよという指示があるが、これが大きな過ちで、BCPやリスクマネジメントは認定を受けているコンサルタントや、過去に携わった経験がある人でなくては難しい。実際、ガートナーへの相談や問い合わせも増えているという。

 情報システムに関するDRについては、2008年に起きた「リーマンショック」などの影響によるコスト削減によって、セカンダリサイトや災害対策サイトを撤去した企業が多かった。ところが、撤去して1年程度で震災が発生したため、再び災害対策サイトの立ち上げを検討している企業もあるという。

 ただし、こうしてITに投資できるのは一部の企業であり、「今年度に予算がとれていない企業は来年度も通常の予算内で災害対策を施さないとならない」(石橋氏)のである。
 こうした結果を見ると、企業におけるBCP/DR対策と、それに伴うクラウド活用が進んでいるように見えるが、ガートナーのリサーチ部門でITインフラストラクチャ&セキュリティ セキュリティ担当 リサーチ ディレクターを務める石橋正彦氏は、「実際にうまくいっている企業はまだ少数だ」と指摘する。クラウドに関して、プライベートクラウドの構築事例はほとんどなく、パブリッククラウドではSalesforceの活用例は増えているものの全体としては限定的だという。

一方で、予算が獲得できた企業では、BCPやDRに投資し、データセンターとオフィスのセカンダリ機能を真剣に検討し始めているという。例えば、東日本大震災によって「津波」あるいは「放射能」の脅威が露呈した格好となった。多くの企業ではこれまで地震というリスクを想定したときに、建物の堅牢性だけを重視していたが、今回の被害を目の当たりにし、企業の意識改革が進むこととなった。また、企業の情報システムそのものについても、製品のライフサイクルが短縮化される傾向にあるという。

 オフィスに関しては、震災直後、外資系企業はオフィスを東京から関西や九州に移転するという動きが見られたが、日本企業はすぐにそうした決断をできなかった。そこで、新たに予算をつけて、オフィスや業務システムを一部移設している企業も出てきているという。

ところで、予算を獲得できた企業と、そうでなかった企業の違いは何か。獲得できた企業の特徴は、「CIO(最高情報責任者)、CISO(最高情報セキュリティ責任者)、CRO(最高リスク管理責任者)といった役職者を設置していることだ」と石橋氏は強調する。ITやBCP、DRの重要性を認識するCxOクラスのステークホルダーが経営会議で予算について言及することで、投資に対する経営者の理解を得られやすくなるのだという。

 ただし、こうした意識は震災によって急に高くなるのではなく、以前からBCPやDRに対する危機意識があって、ずっと検討していたからこそ、予算獲得など具体的な行動に移すことができるのだ。これはBCPを念頭に置いたクラウド導入についても同様だという。

「今回の震災を境に、BCPやDRに対する企業間意識の差がますます広がっていくのは間違いないだろう」(石橋氏)

2011年 11月15日
参照Itmedia

ガートナー

顧客には数々の大手企業や政府機関が名を連ねており、IT系企業や投資組合なども多い。リサーチ(Gartner Research)、エグゼクティブプログラム(Gartner Executive Programs)、コンサルティング(Gartner Consulting)、イベント(Gartner Events)から構成されている。1979年に設立され、3700名の従業員のうち 1200名がアナリストやコンサルタントとして世界75カ国で活動している。

ガートナーについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録