アクセンチュアが「成長市場」日本に注力する理由

「Accentureは日本を成長市場として位置付けている」
(アクセンチュア 程近智 代表取締役社長)

 アクセンチュアが先頃、メディア向けに事業方針説明会を開いた。程氏の冒頭の発言は、その説明会で、米Accentureが世界の中で日本を今後の成長市場として位置付けていることを明言したものである。

 Accentureが今、世界の中で成長市場と位置付けている国および地域は、日本のほか、中国、インド、ブラジル、ASEAN(東南アジア諸国連合)。これらの成長市場には、同社として積極的に投資を行っているという。

 Accentureは経営コンサルティングをはじめ、テクノロジサービス、アウトソーシングサービスを提供するグローバル企業で、世界120カ国でビジネスを展開している。その同社が中国やインドなどとともに日本を成長市場と位置付けているのは、どういうことか。

 程氏によると、「われわれは今、グローバルな重点戦略として、デジタルとグローバルをキーワードに全ての事業に取り組んでいる。そのデジタル化およびグローバル化という観点からすると、日本はまだ成熟しておらず、大きな伸びしろがあるというのが米国本社の判断だ。しかも日本法人の業績がここ数四半期にわたって二桁成長しており、さらに勢いをつけたいという思いがある」という。

 程氏の言葉通り、説明会の冒頭にはAccentureのPierre Nanteme(ピエール・ナンテルム)会長兼CEOもビデオで登場し、日本市場への大きな期待を語った。同社関係者によると、Nanteme氏が現地法人の会見で直接メッセージを出すのは非常に稀なことだそうだ。

 程氏はこんな見方も示した。「G7中で成長市場に位置付けられているのは日本だけだ。とはいえ、日本は、失われた20年による成長力の低下やジャパンパッシングなどの経緯があり、多くのグローバル企業にとって存在感が薄れつつあるのが実情だ。しかし、Accentureはそうした中で、日本法人の好調ぶりを足がかりにデジタル化およびグローバル化を促進すれば、大きな成長が見込めると考えている。現段階で、日本市場にこれだけ注力しているグローバル企業は他にそうないのではないか」。

 さらに程氏は、Accentureが日本を成長市場に位置付けた理由を突っ込んで尋ねた筆者の個別取材にこう答えた。

 「日本経済が回復基調になり、2020年の東京五輪に向けてさらに活性化する可能性がある。ただ、そうした経済環境だけでなく、企業そのものにも日本にはまだまだ伸びしろがある。そのキーワードがデジタルとグローバルだ。例えば、Accentureがまとめたグローバル2000という企業ランキングを見ると、米国企業は約450社入っているが、日本企業も約280社入っている。これに対し、中国企業はまだ100社に満たない。そのポテンシャルを踏まえると、約280社がデジタル化およびグローバル化によって変革すれば、日本としても大きな成長につながることになる。そうした企業変革を支援するところに、われわれの存在価値があると考えている」

続きはこちらから
http://japan.zdnet.com/cio/sp_12matsuoka/35053046/

2014年 8月29日
参照ZDNet Japan

アクセンチュア

世界54ヵ国 201都市以上に展開し、140000名以上のコンサルタントを抱える、グローバル最大級のコンサルティング会社。経営コンサルティングから情報システム構築、アウトソーシングまで、クライアント企業の収益向上に関わる全てのサービスを総合的に提供している。

アクセンチュアについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録