「失敗しない人は成功もしない」――アインシュタインの言葉はデータ解析にも通じる

「データこそが“最強”の経営資源――データマネジメント成功の勘所」をテーマに開催された「第29回 ITmedia エグゼクティブフォーラム」。基調講演には、アクセンチュア デジタル コンサルティング本部 アクセンチュアアナリティクス統括 マネジング・ディレクターの工藤卓哉氏が登場し、「データ活用がビジネス成果につながらない3つの理由」について講演した。

グローバルな組織としてデータ解析を推進

 また産学連携にも注力。「論文を書いたり、特許の申請をしたりするのは、アクセンチュアの中でもめずらしい部門。例えば、マサチューセッツ工科大学(MIT)とは5年間に及ぶ共同研究のスキームを持っている。共同開発したアルゴリズムはMIT側が持つことになるが、企業にとっては無償でMITやアクセンチュアの知見を活用できるというメリットがある」(工藤氏)

 アクセンチュアアナリティクスの優位性は、アクセンチュアが本来得意としている専門領域のコンサルティング能力とシステム構築能力、さらに複雑なアナリティクスソリューションの構築能力の「バランス」が優れていること。企業の経営層とも深いつながりをもっており、顧客の評価はもちろん、第三者機関からも高く評価されている。

 取り組みのひとつにDeNAライフサイエンスが2014年8月に提供を開始した、自宅でできる遺伝子検査「MYCODE(マイコード)」がある。MYCODEは単にゲノム解析を行うだけではなく、遺伝的な病気の発症リスクを分析し、ウェブで生活改善のアドバイスや管理栄養士によるヘルスサポートなどを提供する。このゲノム解析やリスク分析を支援している。

 また佐賀県では、観光や医療の分野でデータ解析を導入。課題の中身を定量的に可視化して改善効果の大きいアクションが分かるよう優先順位付けを行い、限られたリソースを有効に活用できるようになった。

デジタルビジネスの趨勢

 デジタルビジネスの急激な拡大は、既存市場や大企業のビジネスを脅かすほどに成長するとともに、新たなテクノロジー誕生のトリガーともなっている。ある調査では、Eコマースやスマートシティ関連サービス、モノのインターネット、モバイルデバイス、M2Mなどの普及拡大により、全世界のデータ量は2020年に40ゼタバイトになると予測されている。

 しかし、一方で、「デジタル活用がうまくいかない」という声もよく耳にする。その理由として、「そもそもの入口が間違っている」と工藤氏は指摘する。「例えばデータ解析の場合、代表的なアプローチとして一般化線形モデルと機械学習というものがある。どちらが優れているという話ではなく、これら2つの違いや適性を理解し、目的に沿って使い分けることが必要」と語る。

 「そのために重要なのは、そもそもの目的や背景をきちんと理解すること。目的や背景の理解にぶれがあると、最適なアプローチやスコープの設定ができない」(工藤氏)。

 例えばB2Bの領域では、一般化線形モデルを利用し、ロジカルシンキングでビジネスプランを描き、仮説立案に基づいて、PCサーバを前提に実行に移すケースが多い。一方、B2Cでは、機械学習を利用し、デザインシンキングでブレーンストーミングを行い、100%の構成を求めずに探査的アプローチにより、モバイルを前提に実行するアプローチを展開することが多いだろう。

データ活用がうまくいかない理由

 最適なアプローチやスコープを理解した上で、いざ「データ活用を進めよう」とスタートしたもののうまくいかない場合もある。工藤氏いわく、「創作性・問題認識の壁」「材料や道具の壁」「調理方法理解の壁」という、大きく3つの壁があるためだ。データ解析プロジェクトを開始するときに、「本当に結果が出るのか?」と上司に聞かれ、躊躇することがあるのではないだろうか。これが創作性・問題認識の壁である。

 創作性・問題認識の壁を打ち破るには、とにかく試行回数を上げて、トライ&エラーを繰り返すことで最適な仮説を導き出す、あるいは仮説を高度化できる体制を確立することが重要になる。工藤氏は、「トライ&エラーの繰り返しに理解のある上司がいなければ、このデータ解析プロジェクトは厳しいものになる」と話す。

続きはこちらから
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1501/28/news031.html

2015年 1月28日
参照Itmediaエグゼクティブ

アクセンチュア

世界54ヵ国 201都市以上に展開し、140000名以上のコンサルタントを抱える、グローバル最大級のコンサルティング会社。経営コンサルティングから情報システム構築、アウトソーシングまで、クライアント企業の収益向上に関わる全てのサービスを総合的に提供している。

アクセンチュアについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録