CIOは最高“インテグレーション”責任者に--デロイトが示す2015年のトレンド

デロイト トーマツ コンサルティングは3月2日、グローバルでのITの最新動向と市場予測をまとめた年次報告書「Tech Trends 2015 The fusion of business and IT」(日本語版)に関する記者説明会を開催した。

 「Tech Trends」は、同社が2010年からグローバルで発行している報告書で、英語版は米国時間2月3日に公開された。日本語版は、今年が初めてとなる。

 説明に登壇した米Deloitte Consultingのプリンシパルでグローバルコンサルティングテクノロジ部門の最高技術責任者(CTO)であるMark White氏は、今年のテーマは「ビジネスとITの融合」であるとし、「今後、企業の最高情報責任者(CIO)は、最高“インテグレーション”責任者の役割も担うことになる。グローバルでビジネスを展開するためには、経営とITとを戦略的に連携させなければならない」と訴えた。

 日本語版の発行を担当したデロイト トーマツ コンサルティング パートナーの安井望氏は、「企業におけるテクノロジの位置付けが変化している」と指摘。今後は企業競争力を生み出す「攻めのテクノロジ」と、新たな脅威に対応する「守りのテクノロジ」のバランスを保ち、スピード感を持ってビジネス環境の変化に対応できるIT基盤を構築することが重要であるとの見解を示した。

 安井氏は、日本企業が着目すべきトレンドとして「CIOの役割の変化」「エンタープライズクラウドの実現」「基幹システムの統合」を挙げる。CIOの役割の変化について「日本企業では、CIOというポジションすら存在しない企業も多い」と指摘しつつ、「グローバルにおいて、デジタルはビジネスに大きな変革をもたらしている。そのような状況では、社内の“インテグレーション”を担うポジションが必要だ」と訴える。

 「日本のIT投資は、自動化による業務効率化とコスト削減を主な目的としていたが、(CIOが)これまでのようにシステムの“お守り”だけを担当していたのでは、グローバル競争で勝ち目はない。ITの守備範囲はデジタル化、データ管理、新技術の導入、カスタマー理解と広がっている。CIOには経営層や各部門とITとを結び付け、新たな価値を創造するリーダーシップを発揮できる能力が要求される」(安井氏)

 エンタープライズクラウドの実現については、「日本のクラウド化は、米国と比較して遅れている。競争力の確保の観点からも、クラウドへのシフトは必然」とし、「単体システムのソリューションとしてクラウドを捉えるのではなく、複数のソリューションとして鳥瞰的にクラウド環境をデザインすることが重要」であるとの見解を示した。

 クラウド化のアドバンテージは、サイロ化したIT基盤を解決できることである。特にセクショナリズムが強い日本企業では「クラウド化は硬直したIT基盤をビジネスと融合するチャンス」(安井氏)であるという。

 安井氏が「日本企業にとって最も大きなハードル」として挙げるのが、基幹システムの統合である。特に海外子会社を抱えている企業は、統合基幹システムをゼロから再整備する時間がない。さらに、グローバル企業は統合基幹業務システム(ERP)をパッケージで利用する傾向が強いが、日本はカスタマイズして利用するケースがほとんどだ。そのため、単なるシステムの入れ替えでも1〜2年の時間がかかる。

 安井氏は「基幹システムの統合を進めている間もビジネスは待ってくれない。スピードを重視し、『ビジネスに貢献する基幹プラットフォームは何か』の視点で作業する必要がある。すでにグローバル企業は、基幹システムの融合を完了させ、次のフェーズに進んでいる。日本企業は、基幹システムの融合を進めつつ、いかに速く彼らに追いつくかを考慮しなければならない」と指摘した。

2015年 3月3日
参照ZDNetJapan

デロイトトーマツコンサルティング

Deloitte Touche Tohmatsu(世界150カ国に20万人以上のプロフェッショナルを抱える)のメンバーファームで、監査法人トーマツ(最大級の会計事務所)、DTC-FAS(財務アドバイザリー)とも連携し、あらゆるサービスラインで、かつ、クロスボーダー案件にも対応可能。中京(名古屋)・関西(大阪)・西日本(福岡)にも拠点有り。

デロイトトーマツコンサルティング について

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録