【アクセンチュア】企業や街のデジタル化指標を発表--アクセンチュア

アクセンチュアは米国時間の3月10日、世界の国や地域におけるデジタル技術の活用度合い(デジタルデンシティ)に関する調査結果を発表した。デジタル技術の活用が進むと、世界のGDP(国内総生産)上位110カ国のGDP総額は2020年に1兆3600億ドル増加するという試算している。調査の手法として採用した「アクセンチュア・デジタルデンシティ・インデックス」は、デジタルデンシティを測定したもので、企業の戦略的な投資意思決定を支援する指標と説明した。

 各国や地域のデジタルデンシティは、オンライン上で行われた取引の数や、クラウドなどのプロセス改善に寄与する関連技術の利用状況、企業におけるデジタル技術の浸透度、新しいデジタルビジネスモデルを受け入れる経済体制など、50以上の指標によって測定される。

 マクロ視点では、デジタルデンシティ(100点満点)が今後5年間で10点上がる場合、先進国ではGDP成長率が毎年0.25%ずつ押し上がり、新興国では毎年0.5%ずつ押し上がることが分かった。米国であれば、2020年にはGDPが3650億ドル増加し、ブラジルやインド、中国のような新興国であれば、970億ドルから4180億ドルの幅で増加する。

 アクセンチュア・デジタルデンシティ・インデックスは、経済活動におけるデジタルデンシティを変化させる要因を示している。これらは、企業の経営幹部や政治指導者がデジタル戦略立案、進捗状況の評価、最終的な投資の意思決定の判断基準となり得るとのこと。

  デジタルデンシティには、国や地域のデジタル化における相対的な強みに応じて、企業が行うさまざまな事業活動を世界のどこで実行することが最適であるかを判断する使い方もあるという。今回の分析によると、デジタルデンシティのトップはオランダで、次に米国、スウェーデン、韓国、イギリス、フィンランドが続く。

 デジタル化による成長のために必要な施策は国や地域によってさまざまだが、以下4つの項目が成功要因として共通している。

デジタル市場の創出

 商品やサービスを提供する際や新たな顧客を獲得する際、他社と協業する際に、高度にデジタル活用していることが重要という。従来の産業の境界線が曖昧になる中で、各国政府は、消費者利益を保護しつつも、企業と連携して革新的ビジネスモデルやスキルの必要性を理解し、新たな市場の形成とその健全な育成を統制する手法を明確にしておく必要がある。

企業活動のデジタル化

 企業や政府は、単に主要なビジネスプロセスを自動化させて効率性と生産性を高めるだけではなく、ビジネスプロセス自体を再創造するために、デジタル技術の活用を進めていくべきという。

バリューチェーンのデジタル化

 土地や資本、人材、工場設備、ソフトウェア資産などの主要な経営資産を、デジタル技術によって相互連携させることで生産性向上やコスト削減を実現していくことが成功要因という。モノ同士やモノと人がつながり、プロセス最適化や製品とサービスの新たな融合が実現することで、モノのインターネット(IoT)がバリューチェーンのデジタル化をさらに加速させると予測している。

デジタル化を加速させる制度改革

 デジタル時代におけるビジネスモデル発展を支援するための政策策定や規制改革を推進することは、成功のために欠かせない取り組みだという。デジタル化による成長のためには、超高速回線やモバイル向け高速通信のインフラを整備することが重要とした。

 一方で、政府は起業家によるデジタル技術を活用した新たなビジネス創出も支援しなくてはならない。また、規制環境を整備することや、デジタル時代に求められる人材を育成するための革新的な施策を打ち出すこと、さらに市民や民間企業の政府に対する信頼や透明性を維持することにも注力するべきとしている。

2015年 3月25日
参照ZDNet Jaoan

アクセンチュア

世界54ヵ国 201都市以上に展開し、140000名以上のコンサルタントを抱える、グローバル最大級のコンサルティング会社。経営コンサルティングから情報システム構築、アウトソーシングまで、クライアント企業の収益向上に関わる全てのサービスを総合的に提供している。

アクセンチュアについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録