「決められないニッポン企業」の意思決定に革命を、アクセンチュアがデータサイエンティスト部隊を強化

アクセンチュアは6月18日、アナリティクス関連ビジネスを部門横断的に統括する組織を大幅に拡充し、データサイエンティスト約100名を含む数百名の陣容で企業の意思決定最適化を実現する「アクセンチュア アナリティクス」部隊を立ち上げたことを明らかにした。程近智社長は、都内のホテルで行われた記者発表会で、「社長だけでなく、事業部長や部長はもちろん、現場のスタッフに至るまで、企業内のすべての階層で最適な意思決定を行えるよう支援し、日本企業の意思決定に革命を起こしたい」と話した。

 「ソーシャル」「モバイル」「ビッグデータ」など、デジタル社会を加速する幾つかのトレンドが大きなうねりとなり、さらにそれらを組み合わせ、リアルタイムで分析するテクノロジーも十分に成熟してきているが、依然として多くの日本企業は、これらをどう経営に生かすかで悩み、迷走している。これまでも「情報活用」が企業にとって永遠の課題だったのと同様、問題はテクノロジーだけでは解決しないからだ。

 「統計は意思決定の科学だが、それだけでは、収益を高めていくという企業の命題に答えることはできない。アクセンチュア アナリティクスでは、分析だけでなく、戦略の立案から、最適な分析基盤を構築、さらには運用まで請け負い、顧客が分析を武器とした企業として力を発揮できるようエンドツーエンドのソリューションを提供する」と話すのは、この新しい専門家集団を統括する工藤卓哉シニアプリンシパル。工藤氏は、ニューヨーク市の保健衛生局や教育委員会において統計ディレクターを務めた経験を持つ。

 また、既にアナリティクスの活用に踏み出した企業といえども、その大半はクロス集計であったり、傾向を見るための記述統計にとどまっているのが実情。業界ではデータサイエンティストが一躍脚光を浴びているが、社内にそうした人材は見当たらないし、採用も難しい。工藤氏が率いるアクセンチュア アナリティクスでは、金融や通信、製造・流通といった業界の専門性と、顧客分析や不正検知といった機能の専門性で顧客企業の人材不足を補い、仮説の検定や探索的データ解析、さらにはモデリング最適化や機械学習といった、より高度なアナリティクスに企業が取り組めるよう支援していくという。

 具体的に同社が提供する主なサービスメニューとしては、「金融サービス」「通信・メディア・ハイテク」「製造・流通」「素材・エネルギー」「公共サービス・医療健康」の業界ごとに以下のサービスカテゴリーを用意する。

・顧客およびマーケティング分析
・販売とカスタマーサービスの分析
・オペレーション分析
・不正検知
・人材管理分析

 「アクセンチュア アナリティクスの強みは圧倒的な多様性だ」と工藤氏は話す。業界の知識を生かして経営課題を見極め、最適な分析基盤を構築し、PDCAのサイクルを企業に根付かせていくには、専門性と高度な技術力を持つ、さまざまなプロフェッショナルがチームとして力を合わせなければならない。国内は数百名という陣容だが、さらにグローバルでは1万3000人を超えるアナリティクスのプロが23拠点のイノベーションセンターで働いているという。しかも、マーケティング領域はアテネ、ビッグデータ解析技術ならマドリッドやバルセロナといったように分業体制も確立されており、より効率的にサービス構築が進められている。ちなみに東京では、特にニーズの高い、以下の6つの領域を軸にサービスを構築しており、実際に日本の顧客にサービスとして提供している。


1. ソーシャルメディア・アナリティクス・サービス
2. 在庫・補充最適化サービス
3. アナリティクス研修サービスおよび診断サービス
4. 不正検知
5. レコメンドエンジン
6. M2M/ビッグデータ・アナリティクス・サービス

 「Accentureレコメンドエンジンは、協調フィルタリングにGPSによる位置情報を組み合わせてパーソナライズする極めてユニークなものだ」と工藤氏は話す。

2013年 6月19日
参照ITmedia エンタープライズ

アクセンチュア

世界54ヵ国 201都市以上に展開し、140000名以上のコンサルタントを抱える、グローバル最大級のコンサルティング会社。経営コンサルティングから情報システム構築、アウトソーシングまで、クライアント企業の収益向上に関わる全てのサービスを総合的に提供している。

アクセンチュアについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録