リニア開業後の経済効果は少なくとも10.7兆円 三菱UFJリサーチ試算

2027年に東京・名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線の駅やルート案が発表されました。8月の試験走行で時速505キロを記録したリニアは、東京と名古屋を約40分で結ぶとされ、現在の「のぞみ」の約1時間40分より1時間程度、短縮できることになります。また品川、名古屋のターミナル駅のほか、神奈川、山梨、長野、岐阜に中間駅が設置されます。

 このJR東海の一大事業はどのような経済効果をもたらすのでしょうか。また、リニアは地域活性化につながるのでしょうか。リニアの経済効果を試算した三菱UFJリサーチ&コンサルティングの加藤義人氏に聞きました。
「事業効果」と「施設効果」

――――リニアの全体的な経済効果はどれくらいと見ていますか?
 まず経済効果には「事業効果」と「施設効果」の2つがあります。

 「事業効果」は文字通り、2027年までのリニア建設工事にかかる効果で、沿線地域を中心に、主に建設業界で出てきます。建設投資額は約5.1兆円。それに伴う生産誘発効果はだいたい5兆円くらいと見ており、事業効果としては合わせて10兆円くらいになります。具体的にはリニア車両や線路、駅への投資のほか、生産誘発効果として建設業界以外にも、例えばコンクリートや鉄鋼の資材発注など他業種にも回ります。

 次に「施設効果」ですが、これは開業以降にリニアを利用することによって生まれる効果です。移動時間の短縮化などによってさまざまな活動が効率化され、例えばビジネスや観光など幅広い分野に波及します。利用することによる効果なので毎年、継続的に出てくるものもです。公共事業における費用対効果は、この施設効果のことを指していて、重要な数字です。

 施設効果は、われわれの試算では、固く見積もっても、50年間分の便益は約10.7兆円になると見ています。この額は大きな数字ですが、実際にはもっと大きくなるでしょう。
もっとも効果が出るのは東京

――――「施設効果」はどんな場所にも現れるのですか?
 「施設効果」が現れるには2つの条件があります。1つが、リニアによって時間短縮を享受できる地域。2つ目が産業集積が高い地域です。この2つを満たしていて、一番大きな効果が現れるのが東京です。次に愛知で、大阪も愛知と同じくらい便益が出ます。

 リニアは2027年には名古屋までしか開通しない予定ですが、大阪にも効果は出ると見ています。なぜなら名古屋での乗り換えで時間短縮を享受できるからです。ただ「品川―大阪」まで建設できた場合の施設効果は17兆円にのぼる見込みで(名古屋までなら10.7兆円)、一気に通した方が効果はより大きいものになります。

――――業種的にはどこがメリットを受けますか?
 生産額で見ると、東京の場合は金融とサービスが中心。愛知の場合は製造業、大阪の場合はサービスと製造業が同じぐらいでしょう。

中間駅にも観光客が増加

――――地方への経済効果はどうですか?
 沿線地域を中心に時間短縮効果を受けると思います。例えば「飯田駅」。今までは東京までバスで4時間かかっていましたが、リニアができれば40分以内で行けます。これは大きな時間短縮です。ただ飯田市の産業集積は小さいので、便益もそれほど大きくはならない予想です。ただ効果の「伸び率」的には、大きなインパクトになります。その意味では中間駅にもそれ相応の効果が出ます。

――――ビジネスや観光でどのくらいの影響がありますか?
 3大都市圏では、ビジネス的な人の往来が10〜15%増える見込みです。観光的には、中間駅が設置される山梨、長野、岐阜で、観光目的の往来が増え、地域が活性化すると予想します。
高齢者と外国人を取り込め

――――沿線地域活性化のカギは?
 2030年代は地方より3大都市圏の高齢者が急増する時代。統計的には3大都市圏の高齢者が1.6倍になると予想されます。なので、そうした高齢者を地方がいかに取り込めるかが、地域活性化のカギになります。リニア沿線地域はその意味でアドバンテージがあります。

 具体的に必要な対策としては、まずビジネス客を増やすためには、リニア駅を下りてから目的地までの交通の利便性を上げる必要あります。観光客を増やす対策も同様で、駅から観光地や街の中心地までアクセスしやすい状況にしなくてはいけません。

 高齢者や外国人に、より多く来てもらうために各地域がこういう取り組みに「汗をかく」必要があります。どの地域がたくさん準備できるか、まさに「知恵比べ」です。各地域が創意工夫で切磋琢磨できれば、開業後の経済効果の「10.7兆円」はもっと膨らみます。

2013年 9月18日
参照THE PAGE

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)

UFJ総研と三菱系コンサルティング会社が統合。マネジメントコンサルに強みを持つことで知られる同社が強力な親会社のチャネルを背景に業容拡大中。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)について

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録