日本オラクル新社長が記者会見に初登場

本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、日本オラクルの執行役社長兼最高経営責任者(CEO)であるDerek H Williams と、シスコシステムズの岩丸宏明 公共・医療担当ソリューションアーキテクトの発言を紹介する。

「日本オラクルのトップとして、非常に誇りを持っている」(日本オラクル Derek H Williams 執行役社長兼CEO)
日本オラクルが先ごろ、データベースサーバ専用機の最新版「Oracle Exadata Database Machine X4」の提供を国内で開始すると発表した。発表会見には、2013年8月に同社の社長兼CEOに就任したDerek H Williams(デレク・エイチ・ウイリアムズ)氏が初めて姿を見せて挨拶した。冒頭の発言は、同社のトップとしての思いを語ったものである。

 今回発表されたOracle Exadata Database Machine X4は、Oracle Exadataの第5世代となる製品で、データベースサーバからストレージ、ネットワークまで広範な技術を強化し、性能と容量を大幅に向上。データベースクラウド環境の基盤として最適なエンジニアドシステムだとしている。

 その内容については関連記事を参照いただくとして、ここでは会見でのWilliams氏の発言を取り上げておきたい。

 挨拶に立った同氏は、オラクルの上位3つの優先事項として「SaaS Applications」「Exadata & Engineered SyStems」「Database 12c」を挙げ、「これらはいずれもオラクルにとって、グローバルにおいても日本においても大変重要な戦略製品である」と強調した。

 新製品の発表会見ということで挨拶では特に日本オラクルのトップとしてのコメントがなかったので、質疑応答で、日本法人のトップに就いておよそ5カ月が経った今、日本市場および日本法人の活動をどう見ているか聞いてみた。

 するとWilliams氏はまず、「社長兼CEOに就いたのはおよそ5カ月前だが、日本オラクルは2001年に社外取締役に就任してからずっと関わってきている」と語り、日本オラクルおよび日本市場を12年にわたって見てきたことを強調した。

 同氏の略歴によると、1991年から日本を含めたアジア太平洋地域を統括し、2001年に日本オラクル社外取締役に就任。2006年からは米国本社エグゼクティブバイスプレジデント(EVP、2000年に就任)として日本を担当し、2008年から2年間は日本オラクルの営業とコンサルティングを直接見てきた経緯がある。

 2008年に日本オラクルの社長兼CEOに就任した遠藤隆雄氏(現・取締役会長)を日本IBMから引き抜いたのもWilliams氏と言われており、遠藤氏のレポート先でもあった。その遠藤氏からWilliams氏への2013年8月の社長交代は、突然で理由も明らかにされなかったが、もともと日本を統括してきたWilliams氏が就任したことからすると、米国本社の強い意向があったものと推察される。
Williams氏は会見で、自らがトップに就任した後の日本オラクルについて「素晴らしい形で推移している」とし、冒頭の言葉を続けた後、「未来も明るいと考えている」と胸を張った。ただ、会見を通じて感じたのは、日本オラクルのトップというより、やはり米国本社のEVPのイメージが強いことだ。短期的な人事との見方もあるが、日本オラクルに今、最も必要なのは米国本社との密接な連携ということなのだろう。それを強く感じた会見だった。

「医療分野におけるIoEでは、HoTを推し進めていきたい」
(シスコシステムズ 岩丸宏明 公共・医療担当ソリューションアーキテクト)
シスコシステムズが先ごろ、医療業界向けソリューションに関する記者説明会を開いた。同社で公共・医療担当ソリューションアーキテクト兼ビジネスディベロップメントマネージャーを務める岩丸氏の冒頭の発言は、その会見でシスコの医療業界向けソリューションへの取り組みにおける勘所を語ったものである。

 シスコでは、これまで結びつきのなかった「ヒト」「プロセス」「データ」「モノ」のすべてをインターネットでつなぎ、新しい価値を創造する「IoE(Internet of Everything)」という考え方を提唱している。特に医療分野では、IoEの中でもM2M(Machine to machine)を中心とした「HoT(Healthcare of Things)」がイノベーションのキーワードになると説明。同社としてHoTを推し進めていく姿勢を鮮明に打ち出した。

 岩丸氏によると「医療業界ではHoTを推し進めるべく、医療機器やライフログに関連するベンダー各社がさまざまな技術開発に取り組んでおり、そうして生み出された技術が安全な医療福祉環境に貢献している」という。

 シスコにおいても医療機関向けソリューションを「Cisco Connect Healthcare」と銘打ち、医用画像の共有環境を実現して生産性を向上する「Connected Imaging Solutions(医用画像管理)」、遠隔地や物理的な場所を超えてコミュニケーションを図ることができる「Care-at-a-Distance Solutions(遠隔医療・相談)」、ワークフローを最適化して医療従事者間のコミュニケーションや情報共有を向上する「Clinical Workflow Solutions(業務の効率化)」、救急搬送時の救急車とドクター間の情報共有とコミュニケーションを実現する「Emergency Disaster Medical Care(救急・災害医療)」、信頼性および規制遵守を可能にするエンドツーエンドのヘルスケアITインフラソリューションを提供する「Medical Grade Network Foundations(インターネット接続)」といった5つの視点から支援を行っている。

 医療分野においてHoTという言葉が定着するかどうかは分からないが、IoEがこの分野に大きなイノベーションをもたらす可能性があるとの認識は高まりつつある。IT分野ではこれまでM2Mに近い「IoT(Internet of Things)」という言葉が広く使われてきたが、ここにきてさらに広範な意味を持つIoEを適用するケースも徐々に増えてきた感がある。IoEを軸にエコシステムを広げたいシスコにとっては、そうした動きを追い風にしたいところだろう。

2014年 1月23日
参照ZDNet Japan

日本オラクル

1977年、Oracleはデータベース管理システムソフトで起業し現在では業務アプリケーション市場で積極的なM&A(合併・買収)を展開しながらアプリケーション・サーバ、そしてミドルウェアへと徐々にラインナップを拡充しながらレイヤを上り、顧客企業が必要とするIT導入を全面的に支える随一の企業となっている。

日本オラクルについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録