「IT部門は“ブローカー”になれ」、ガートナーのファイファー氏がクラウドの将来を解説

ガートナー ジャパンが都内で開催したイベント「エンタプライズ・アプリケーション & アーキテクチャ サミット 2014」で2014年3月11日、米ガートナー リサーチ バイス プレジデント 兼 最上級アナリストのジーン・ファイファー氏(写真)は、「ビジネス、テクノロジ、人の基盤を揺るがすクラウド・コンピューティングの将来シナリオ」と題した基調講演に登壇。今後5年間で、企業のクラウドプロジェクトがどのような姿になるかという将来像を示した。
ファイファー氏はまず、クラウドのメリットとリスクをおさらいした。同氏によると、クラウドの一番のメリットは「俊敏性」にあるという。「コスト削減効果もある。しかしもはやクラウドは、コスト削減のためだけに採用すべきではない。すぐにサービスを使えるようになる、すぐにアプリケーションを使えるようになるという俊敏性を第一に考えるべきだ」(ファイファー氏)。

 一方、注意すべき“隠れたリスク”としては「統合」を指摘した。「パブリッククラウドに契約するとなると、必ず何らかの統合をしなければならない。例えば、ID管理システムとの統合やCRM(顧客関係管理)などバックオフィスとの統合。バックオフィスまで統合するとなると、非常に複雑でコストもかかる」(ファイファー氏)。その点はぜひ注意してほしいと、ファイファー氏は強調した。

「このままではIT部門は無視され、迂回されかねない」
 次にファイファー氏は、企業のIT部門は「ブローカー」になるべきと提言した。ここで言うブローカーとは、従来のIT環境の保守やプライベートクラウドの構築・管理を行うだけでなく、企業のビジネス部門との窓口やクラウドベンダーとの関係強化を担う役割を持つということだ。
「企業のビジネス部門は、急速にクラウドコンピューティングに対する関心を高めている。それに対してIT部門の関心は低い。このままではIT部門は無視され、迂回されかねない。最初から関与し、社内のブローカー的な役割を担っていかなければならない」(ファイファー氏)。

 ファイファー氏は、このようなブローカー的な役割を持つ組織「ハイブリッドIT組織」と呼んだ。

 ハイブリッドIT組織の課題としては、クラウド移行のプライオリティ付けを挙げた。例えば、俊敏性が問われる「革新システム」はすぐにでもクラウドに移行すべきとした。革新システムとは、対消費者のシステムやソーシャルメディアを扱うシステム、Webサーバー、電子メールなどだ。

 一方で、1〜3年後の移行としたのは「差別化システム」。アカウント管理、CRM、SCM(サプライチェーンマネジメント)などを指す。そして5〜7年後の移行としたのはERP(統合基幹業務システム)などのコアシステムだ。

 「もし今ERPがうまく動いているのであれば、その状態は長く続いていくだろう。それは決して悪いことではない。差別化システム、革新システムのクラウド化に注力していけばいいということだ」と、ファイファー氏は述べた。

2014年 3月12日
参照Itpro

ガートナー

顧客には数々の大手企業や政府機関が名を連ねており、IT系企業や投資組合なども多い。リサーチ(Gartner Research)、エグゼクティブプログラム(Gartner Executive Programs)、コンサルティング(Gartner Consulting)、イベント(Gartner Events)から構成されている。1979年に設立され、3700名の従業員のうち 1200名がアナリストやコンサルタントとして世界75カ国で活動している。

ガートナーについて

IT業界、コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 


無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー



SEMINARセミナー情報

他セミナー情報一覧

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントとして求められる基礎能力・資質 - 求められる人材像とは

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録