ITコンサルタント転職・IT転職 >  ITコンサルタントについて >  ITコンサルティングの業務領域 >  SCMコンサルタントへの転職 - 仕事内容やコンサルタント種類 -

SCM(サプライチェーンマネジメント)コンサルタントへの転職 - 仕事内容やコンサルタント種類 -

SCMコンサルタントとは? - 仕事内容やコンサルタント種類 -

SCMコンサルタント求人はこちらから

SCMについて

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは、購買調達、製造、物流、販売、サービスといった、もの作りから販売のプロセス(サプライチェーン)における情報の流れを整理統合し、サプライチェーン全体で共有することを通じてサプライチェーン全体の効率化に向けた企業活動の管理・改革手法の一つ。

特に製造業や流通業においては、SCM(購買、物流)の効率化によって、

  • 在庫を最適化し、物流、購買コストを削減する
  • サプライチェーンの予測・計画を精緻にすることで、リソース(需要、生産能力、在庫、人員など)を最適化する
  • SCM(購買、物流)の業務プロセスとシステムを見直すことで、タイムリーの製品を提供し、欠品(販売ロスをの削減)をなくす


など、コストが数十パーセント削減できたという例もあり、業績へのインパクトは大きいです。また、海外に、購買、物流、生産拠点が複数ある場合には、複雑ではあるものの、効率化・統合による効果は非常に大きいです。

SCM(購買、物流)コンサルタント とは

SCM(サプライチェーン)コンサルタントは、SCM(サプライチェーン)戦略立案、SCMプランニング、SCMプロセス改革、SCMシステムのIT構想化、導入支援(PMO)、直接材・間接財の調達コスト削減、SCMのアウトソーシング(BPO)などのテーマにおいて、クライアントの課題解決、収益改善を支援します。
現在の経営環境において、M&A、グローバル化、収益改善などが求められており、コンサルティングの難易度は高まっているものの、非常にチャレンジングなテーマでもあると言えるかと思います。

SCM(購買、物流)コンサルタントの魅力

ERPコンサルタントとしてのやりがい、魅力 SCM(サプライチェーン)は企業の根幹となる業務であるため、他の会計やCRMなどの業務との連携をする必要があり、かつ、現在の経営課題(M&A、グローバル化、収益改善など)に直結するプロジェクトであることが多く、SCM(購買、物流)以外の幅広い業務知識・知見、経営的な視点も身につけることができます。
また、会計や人事などの他のバックオフィス(管理)業務とは異なり、コストのみならず、売上にもインパクトがあるコンサルティングに携われることができるのも魅力の1つかと思います。
最近は、成熟化した日本市場の中で、事業再編(リストラクチャリング)に伴う、拠点の統合、コストダウンが日本企業の重要な課題であるため、SCM(サプライチェーン)のコスト削減プロジェクトにおいて、フィー型ではなく、削減した額に比例したコンサルティング料をもらう成果報酬型のコンサルティングもスタートしています。

SCM(購買、物流)コンサルタントに求められるスキル

ERPコンサルタントとしてのやりがい、魅力

コンサルタントのベースとなる論理思考力、コミュニケーション能力に加え、

  • SCM(サプライチェーン)における業務知識・スキル
  • 業務/ITの企画・改革経験(コンサルティング、システム導入)
  • 語学力

などを求めています。
SCM(サプライチェーン)における業務知識・スキルについては、具体的には、
製造業における生産/商品企画、物流/生産管理、製品設計開発、PLM改革経験(開発リードタイム短縮、BPR/業務改善)、購買企画、海外での生産工場立ち上げ経験
流通業における物流企画管理、ロジスティクス実務経験(物流企画・管理、通関)、ロジスティクス改革経験(ネットワーク再構築、3PL導入、WMS導入、RFID導入)、
などを指します。

語学力については、グローバル化が求められる今、英語に加え、中国語もできると非常に重宝されます。

SCM(購買、物流)コンサルタントの求人情報

SCM(購買、物流)の主なテーマ

SCM(サプライチェーン)戦略の立案と実現化プランニング

SCM(サプライチェーン)を改革するためには、構想立案の段階で現状分析に基づいたボトムアップ型のアプローチを行うとともに、戦略に基づいたトップダウン型のアプローチを併用する必要があります。双方のアプローチのバランスが適正化することで、ノード構造、在庫構造およびリードタイム構造を正確に見直すことができ、ビジネスプロセス全体の改革につながります。
そのために、まずは現状のSCM(サプライチェーン)の問題点を分析します。
例えば、

  • サプライヤー、顧客、社内を対象としたアンケート
  • 調達、購買、生産、販売の生データから抽出した主要なパフォーマンス指標に基づき、業務パフォーマンスを評価
  • 問題識別のための、現場へのインタビュー
  • 業界のトレンド、ベスト・プラクティス、SCM(サプライチェーン)に関するコンサルティングファームのナレッジとの比較

などを通して、一連のSCM(サプライチェーン)のどの段階にどういう問題があるのかを分析します。その分析結果に基づいて、改善方法と改善スケジュールを検討していきます。
また、「そもそも現在の生産・物流拠点の配置は最適なのか」ということも問い直します。その結果拠点の再編が必要と言うことになれば、物流センターの統合などに話が発展していきます。新物流拠点の立ち上げの際には、新たな業務手順書、組織体制、評価指標などを導入し、業務、システムのテストを実施し実際に製品が搬入される前に繰り返しシミュレーションを行います。国内のみならず、海外においても生産・物流拠点がある場合は、グローバル・ロジスティクス・ネットワークを再検討し、エリアごとに特定の中核拠点を作る形に再編成するなどという話にもつながります。
さらに、新たに海外市場に参入する場合に、既存の拠点の利用と新規拠点設立の両方の可能性を考慮しつつ、どのように生産・物流を行うのが最適化を検討するというプロジェクトもあります。

SCM(サプライチェーン)の予測・計画立案・実績管理

SCM(サプライチェーン)のプランニングの領域であり、どれくらいの期間で、どのくらいの量の材料を使って、どれだけの製品を製造し、そのうちどれだけを出荷・販売するかを計画する領域です。具体的には、「需要(所要)管理」、「需給変動への対応」「需給マッチ」、「供給枠管理」、「納期回答」といった項目があげられます。この領域での改善活動は、

  • 需要(所要)の見える化
  • 需給変動への対応の迅速化
  • リソースの最適調整。(需要、生産能力、棚卸、供給枠など)
  • 納期回答の精度向上、迅速化

などを目的として行われます。
具体的には、例えば「日々発生する業務上のトラブルに対して火消しモードで対応するという状況から脱却したい」というケースを考えます。この例では、火消しモードから脱却できていない背景に、「SCM(サプライチェーン)上のオペレーションが信頼できるデータに基づいておらず、計画も諸部門のコンセンサスの得られたものではなかった」という問題があったとします。このようなケースでは、この問題を解決するために、全組織で単一の数字に基づき需給計画を策定するように変革し、新システムを導入して需給計画プロセスによる情報の一元化を行います。新システムが需要、生産キャパ、部品の需給状態に関する正確な情報を収集し、それらの情報に基づきすべての関連部門が参画して需給に関する意思決定を行うようになり、問題が解決されます。

物流プロセス/コスト・購買コスト・在庫の最適化

物流プロセス最適化には、大きく分けて「倉庫内のオペレーション改善」と「輸送・配送プロセス改善」の2種類があります。
倉庫内のオペレーション改善では、出荷指示が出てから在庫をたな卸しし、発送するまでの業務プロセスを1つ1つ見直して再設計し、倉庫内管理システムも再設計します。倉庫内のシステムを他のSCM(物流)システムや、受注システム、ERPシステムと統合することもあります。これらの作業を通じて、コスト削減はもちろん、出荷・在庫管理の精度の向上を図ります。
もう1つの輸送・配送プロセス改善では、TMS(輸配送管理システム)の導入による物流オペレーション改善がよくあるプロジェクトです。無論、ただシステムを導入するだけでなく、輸配送管理のベストプラクティスと業界ごとのカスタマイズを行います。

SCM(サプライチェーン)システムによる業務プロセス・ITの全体最適化

今まで見てきたように、SCM(サプライチェーン)マネジメントのプロジェクトにおいては数多くのシステムが導入されています。ある程度これらの導入が進んできた場合、あるいは大規模にシステム導入を検討している場合には、「SCM(サプライチェーン)にかかわる全てのアプリケーションを、SCM(サプライチェーン)プロセス全体を俯瞰して最適化し、より柔軟で変化に適応できるトータルシステムを実現したい」というニーズが生まれてきます。トータルシステムの導入によって、SCM(サプライチェーン)全体がネットワークで結合され、環境変化に動的対応できるようになるからです。
そのためには、SCM(サプライチェーン)の根幹となるアプリケーション(SAP、Oracle EBS、PeopleSoft等のERPパッケージ)の導入及び、ERP同士の統合と各種周辺アプリケーションとの連携、最適化が必要となります。クライアントがこれから、ERPを新規導入しようとしている場合や、導入済みでSCM領域へさらなる機能拡張や他アプリケーションとのインテグレーションを検討されている場合、このようなシステム統合・結合プロジェクトが実施されます。

SCM(購買、物流)業務のアウトソーシング(BPO)

最近注目を浴びているテーマとして、SCM(サプライチェーン)業務のアウトソーシングがあげられます。BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とも呼ばれます。
しばしばアウトソーシングされるのが、間接財購買業務です。たかが間接費といっても、企業の売上の10~15パーセントに達し、大企業にとってはこれが数億円、あるいは数千億円に達することもあるということを考えれば、無視できないインパクトです。
主に、大手SIerやコンサルティングファームがアウトソーシングを受託し、戦略的なソーシング先の選定のみならず、オペレーションの集約化や標準化、オフショア化などを行うことで、購買支出の削減効果を実現します。また、「どの部門が何をどのくらい購入しているか」といった、会計情報だけでは見えない間接財購買支出の構造を可視化できる効果も現れ、内部統制にも貢献します。さらに、総務や人事、直接購買部門などの付帯業務になりがちな間接財購買プロセスを委託することにより、当該部門の担当者がコア業務に専念できるようになるという効果もあります。

より詳しいSCMについてはこちらから

SCMコンサルタントについてご興味をお持ちの方へ

弊社サイトには「SCMコンサルタント」の案件情報をUPしております。こちらから、実際にどんなポジションがあるのか、どんなバックグラウンドをお持ちの方を求めているのか、ご覧になれます。

SCMコンサルタント求人はこちらから

ITコンサルタント 転職情報

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容 ITコンサルタントの仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたります。

求められるスキル

求められるスキルとは? IT知識だけではなく、コンサルタントとしての基礎能力も必要となってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 仕事内容や、求められる役割、企業の3つの視点からSEとITコンサルタントの違いを見ていきます。

SEからコンサルになる方法

SEからコンサルになる方法 アプリ、インフラエンジニアからコンサルタントへのキャリアアップ方法をご紹介いたします。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

採用動向

採用動向 最新のコンサルタント(経営・IT)、IT関連企業の採用動向です。詳細は弊社までご相談ください!



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

INTERVIEWインタビュー

FIRMファーム・企業特集

アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジション

DTC積極採用中!未経験からコンサルへ!

世界最大級ファーム「PwCコンサルティング」各ポジションの求人案件掲載中!

KPMGコンサルティングで積極採用中!各ポジションの求人案件掲載中!

過去最高益を記録した、東証一部大手ITコンサルティングファーム

おすすめ求人

業務プロセスコンサルタント:大手総合外資系コンサルティングファーム

もっとも知名度の高い大手総合外資系コンサルティングファームの一つ

SCM領域に対して、戦略の策定から業務改革やプロセスの再構築、組織変革、ITの導入・定着といったコンサルティングサービスを提供します。

詳細はこちらから

ITコンサルタント:最大のSI会社を母体とするシンクタンクにてIT戦略策定

日本最大のSI会社を母体とするシンクタンク。戦略立案、新規事業戦略、IT戦略等のコンサルを中心に展開しています。

一般企業、金融機関、行政機関全般における、IT戦略、CIO支援に関連するコンサルティング業務

詳細はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

無料転職相談・登録はこちらから

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、
そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
ぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談・登録はこちらから

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.



無料転職相談・登録